637件中 41 - 50件表示
  • 栃木県

    栃木県から見た藤原道兼

    二荒山神社は国造下毛野氏の統治下にあって下毛野氏の血縁者が代々座主を務め、平安時代末期に藤原北家道兼流で毛野氏あるいは中原氏の流れを汲んだ宇都宮氏がその座を継いだと言われている。宇都宮氏は鎌倉時代以降22代500年に亘って鬼怒川流域一帯を統治し、小倉百人一首の成り立ち、宇都宮歌壇の成立、東勝寺や尾羽寺、清巌寺や興禅寺に代表される寺院の造営など当地の文化的素養の養生に尽力するとともに、また元寇の折には鎌倉幕府軍総大将として討伐に向かい、関東内の戦乱にあっては時の中央政府(鎌倉幕府、室町幕府、鎌倉府、関東管領等)の意向を受けてその鎮静に当たり、武門としても当時の関東地方の治安維持に貢献した。栃木県 フレッシュアイペディアより)

  • 栃木県

    栃木県から見た豊臣秀吉

    結城氏は小山氏の庶流であり、主家・小山氏が鎌倉府によって討伐されると小山氏を継いだ。小山氏・結城氏は室町時代には室町幕府に抵抗して鎌倉を追われた古河公方に組して下野守護に再任された。足利氏の力が弱まると関東に台頭してきた後北条氏方に就くが、主家・小山氏は後北条氏に追討されてしまう。豊臣秀吉によって後北条氏が討たれると結城氏が旧小山氏領を支配したが、江戸時代になると間もなく福井へ転封され、氏姓も松平氏に改めてこの地を去った。栃木県 フレッシュアイペディアより)

  • 栃木県

    栃木県から見た源頼朝

    先述のとおり、宇都宮二荒山神社は宇都宮大明神と呼ばれ、古来からその武徳が尊ばれてきた。藤原北家魚名流・藤原秀郷(俵藤太、田原藤太)卿は、平将門の乱の折、その追討を命じられたが苦戦、当神社に参じて授かった霊剣をもって将門を制したと言われる。また藤原北家長家流・那須与一宗高は治承・寿永の乱(源平合戦)における屋島の戦いで「南無八幡大菩薩、日光権現、宇都宮、那須湯前大明神」と唱え、見事平家船上の扇の的を射落としたと言われる。また、伝説として元寇の際には社殿から鏑矢が西へ飛び去ったという言い伝えがある。この他、源頼義、義家(八幡太郎)父子は前九年の役の前に参拝し、奥州安倍氏を掃討したといい、また源頼朝も奥州藤原氏平定に際して参拝した。徳川家康は当神社に神領1,500石という広大な土地寄進を行ったとされる。栃木県 フレッシュアイペディアより)

  • 栃木県

    栃木県から見た後醍醐天皇

    栃木県の南西部に位置し渡良瀬川が市街地の中心を流れ、隣接する群馬県桐生市とともに織物業が盛んである。隣接する群馬県桐生市や太田市との結びつきが強く、東武伊勢崎線を利用すると東京へのアクセス利便性も県都宇都宮市へのアクセスと遜色ない。使われる方言も栃木弁とは異なり、むしろ西関東方言の群馬弁に近い。古くは足利庄が栄えて清和源氏義家流・足利氏発祥の地としても知られ、フランシスコ・ザビエルが「坂東の大学」と呼んだ有名な足利学校があり、鎌倉時代に足利尊氏は後醍醐天皇の討幕運動に参加し、室町時代には足利将軍家となった。足利学校遺蹟図書館には多数の国宝や重要文化財などの古書が保管されている。栃木県 フレッシュアイペディアより)

  • 栃木県

    栃木県から見た藤原魚名

    先述のとおり、宇都宮二荒山神社は宇都宮大明神と呼ばれ、古来からその武徳が尊ばれてきた。藤原北家魚名流・藤原秀郷(俵藤太、田原藤太)卿は、平将門の乱の折、その追討を命じられたが苦戦、当神社に参じて授かった霊剣をもって将門を制したと言われる。また藤原北家長家流・那須与一宗高は治承・寿永の乱(源平合戦)における屋島の戦いで「南無八幡大菩薩、日光権現、宇都宮、那須湯前大明神」と唱え、見事平家船上の扇の的を射落としたと言われる。また、伝説として元寇の際には社殿から鏑矢が西へ飛び去ったという言い伝えがある。この他、源頼義、義家(八幡太郎)父子は前九年の役の前に参拝し、奥州安倍氏を掃討したといい、また源頼朝も奥州藤原氏平定に際して参拝した。徳川家康は当神社に神領1,500石という広大な土地寄進を行ったとされる。栃木県 フレッシュアイペディアより)

  • 栃木県

    栃木県から見た太平洋戦争

    産業は農業、工業、商業、観光業が盛んである。農業は平野部が米や麦の産地、高原部が酪農地、畜産地となっているほか、いちごやかんぴょうなどの特産物も栽培されている。工業は東北自動車道と国道50号を軸とする地域に北関東工業地域が広がっており、太平洋戦争で軍需産業が集積した宇都宮では機械工業や金属工業、食品・飲料工業が発達している。ほか、真岡市、上三川町、芳賀町などでは自動車関連産業(日産自動車系、本田技研工業系)が、また県南では繊維工業が盛んとなっている。商業は県都宇都宮市における小売業が発達し、ほか工業地域では卸売業も盛んである。観光業は北西部の日光・鬼怒川や北部の那須・塩原で盛んで、鬼怒川温泉や日光湯元温泉、那須温泉郷、塩原温泉郷などの温泉、東照宮・輪王寺などの世界遺産、中禅寺湖や戦場ヶ原、那須岳や那須高原など豊かな自然を観光資源とし、浅草・新宿などからの直通特急や新幹線、高速道路でのアクセスが容易な首都圏を代表するリゾート地となっている。これらの地域は日本初の国立公園である日光国立公園の指定地域内にあり、自然保護などの施策も執られている。栃木県 フレッシュアイペディアより)

  • 栃木県

    栃木県から見た足尾銅山

    2008年(平成20年)度の県民総生産は7兆9901億円である。国のGDPと比較しても、過半数の国よりも大きな規模を有している。主要産業は、県都宇都宮市のほか上三川町、小山市、大田原市、真岡市、栃木市、足利市、鹿沼市、矢板市などに代表される内陸型近代工業で、これらは北関東工業地域の一部を形成している。ほか、農業も盛んであり、県北から流出する河川の豊かな水を利用した産業地帯で、米作が盛んなほか飲料工業も発達している。那須塩原市や大田原市、宇都宮市は国内有数の米産地となっているほか、那須塩原市では酪農も盛んであり、国内生乳生産量は北海道に次いで高い。ほか、真岡市や鹿沼市などを中心にいちごの栽培が盛んであり、壬生町や鹿沼市のかんぴょうとともに県の特産品となっている。商業は宇都宮市で盛んで、県内年間商品販売額の約半分が宇都宮市で占められており、県内第一の商業都市となっている。観光産業も盛んで、日光市や那須塩原市、足利市の歴史・自然遺産(日光の社寺、足尾銅山跡、足利学校跡、中禅寺湖、華厳滝、鬼怒川温泉、那須岳、那須高原、塩原温泉など)、宇都宮市の餃子やカクテル、ジャズ、茂木町のツインリンクもてぎ、栃木市の蔵の街なども観光資源となっている。栃木県 フレッシュアイペディアより)

  • 栃木県

    栃木県から見た宇都宮城

    県都・宇都宮市は市域を流れる鬼怒川、田川、釜川および姿川の豊かな清水が育んだ豊かな自然を背景に、古代には式内社・二荒山神社の下に形成された門前町、また平安時代以降は北面武士で鎌倉御家人であった宇都宮氏の居城・宇都宮城の城下町、また江戸時代以降は日光街道と奥州街道追分に位置する街道筋で最も賑わったとされる宿場町・宇都宮宿、明治期以降は関東軍師団連隊が駐留する軍都、そして太平洋戦争終結後は北関東工業地域の主要工業都市としての機能を加えながら、東北新幹線、東北道などの高速交通網に接続した地域の中核都市、交通の要衝として発達し、現在は日本国内屈指の地域商工業都市となっている。栃木県 フレッシュアイペディアより)

  • 栃木県

    栃木県から見た日光二荒山神社

    2006年(平成18年)3月20日には旧日光市、今市市、足尾町(以上、旧上都賀郡)、藤原町、栗山村(以上、旧塩谷郡)が新設合併し、現在の日光市が発足した。市役所本庁は旧今市市役所(今市本町)である。全国の市では高山市と浜松市に次いで全国第三位、栃木県全体の約22%を占める広大な面積を有している。秘境・奥日光、奥鬼怒、日光東照宮、輪王寺、日光二荒山神社などの社寺仏閣、鬼怒川温泉、日光湯元温泉、湯西川温泉などの豊富な温泉群、東武鬼怒川線沿線の東武ワールドスクウェア、日光江戸村などの各種観光施設、エーデルワイス スキーリゾート、日光湯元などのスキー場などの豊富な観光資源が有り、東武鉄道の日光線、鬼怒川線を経由して浅草、新宿から直行できる。また、豊富な水力発電による電力を利用した銅の精錬、電線生産、東京までの遠距離送電などで日本の近代化に大きく貢献してきた地域でもある。栃木県 フレッシュアイペディアより)

  • 栃木県

    栃木県から見た東北地方

    4世紀から5世紀にかけて駒形大塚古墳、下侍塚古墳などの大型の前方後方墳を代表とする多くの古墳が那須地方の那珂川沿岸の河岸段丘上に築造される。これらの前方後方墳は大型の古墳が少ない東北地方に作られた福島県の大安場古墳などにも影響を与えたと考えられている。栃木県 フレッシュアイペディアより)

637件中 41 - 50件表示

「栃木のできごと」のニューストピックワード