637件中 51 - 60件表示
  • 栃木県

    栃木県から見た尾瀬国立公園

    北部から西部にかけての山岳地帯は日光国立公園、尾瀬国立公園(帝釈山、田代山湿原周辺)に指定されており、日光・鬼怒川・川治・塩原・那須などの観光地がある。北部には奥羽山脈(那須火山帯)に連なる那須連山・高原・男体・日光白根山などの諸火山がある。日光連山他の険しい山岳地帯は、標高2,000 m以上の山脈が関東の北限を形成し、瀑布や湖沼が点在している。また、諸河川の源にもなっており、鬼怒川は中央部を、渡良瀬川は群馬県との県境を流れ利根川に合流し、那珂川は八溝地域から東折し茨城県に入り、ともに太平洋に注いでいる。南部・東部は、そのほとんどが関東平野の一端で、首都圏の一角として市街化が進んでいる。栃木県 フレッシュアイペディアより)

  • 栃木県

    栃木県から見た国道4号

    宇都宮市についで県内人口第2位。年間商品販売額も県内第2位で、県南地域の商業の中心となっている。国道4号、国道50号の2本の国道が市内で交差し、東北新幹線、宇都宮線、両毛線、水戸線が集まる交通の要衝である。県内では宇都宮市などとともに数少ない人口増加都市となっている(2010年(平成22年)現在)。2007年(平成19年)、小山ゆうえんちの跡地におやまゆうえんハーヴェストウォークが開業。さらに、2008年(平成20年)には、ジャスコ小山店が増床し、イオン小山ショッピングセンターとなった。その他、国道50号沿いには多数のロードサイドショップが立ち並ぶ。栃木県 フレッシュアイペディアより)

  • 栃木県

    栃木県から見た真冬日

    北西部山岳部・奥日光 ・・・亜寒帯冬季少雨気候に属し、夏季は冷涼、冬季は寒さが厳しい。標高1000mを超える地域では厳冬期には零下20度以下まで下がることもあり、特に標高1400mを超える戦場ヶ原では零下30度前後を記録したこともある関東地方の寒極であり、北海道内陸並みの気候である。標高1291mに測候所が置かれている中禅寺湖畔は湖効果により、朝晩の冷え込みは幾分和らぐが、日中はほとんどが氷点下の真冬日となる。奥日光は年間降水量が2000mmと多く、大半が夏季である。栃木県 フレッシュアイペディアより)

  • 栃木県

    栃木県から見たいちご

    産業は農業、工業、商業、観光業が盛んである。農業は平野部が米や麦の産地、高原部が酪農地、畜産地となっているほか、いちごやかんぴょうなどの特産物も栽培されている。工業は東北自動車道と国道50号を軸とする地域に北関東工業地域が広がっており、太平洋戦争で軍需産業が集積した宇都宮では機械工業や金属工業、食品・飲料工業が発達している。ほか、真岡市、上三川町、芳賀町などでは自動車関連産業(日産自動車系、本田技研工業系)が、また県南では繊維工業が盛んとなっている。商業は県都宇都宮市における小売業が発達し、ほか工業地域では卸売業も盛んである。観光業は北西部の日光・鬼怒川や北部の那須・塩原で盛んで、鬼怒川温泉や日光湯元温泉、那須温泉郷、塩原温泉郷などの温泉、東照宮・輪王寺などの世界遺産、中禅寺湖や戦場ヶ原、那須岳や那須高原など豊かな自然を観光資源とし、浅草・新宿などからの直通特急や新幹線、高速道路でのアクセスが容易な首都圏を代表するリゾート地となっている。これらの地域は日本初の国立公園である日光国立公園の指定地域内にあり、自然保護などの施策も執られている。栃木県 フレッシュアイペディアより)

  • 栃木県

    栃木県から見た奈良時代

    県内各地には縄文時代からの考古遺跡が多数認められており、古代には毛人が住む地域であったと解されるのが一般的であるが、その後、第10代天皇で真の意味でのヤマト王権の初代開祖とも言われる崇神天皇の第一皇子、豊城入彦命が父の命でこの地に入って毛野国を建国し、その後毛野国の有力豪族となった毛野氏の祖となり、ヤマト王権において有力豪族の一角をなした。毛野国は奈良時代には上毛野(上野)国と下毛野(下野)国に分国されたと言われるが、毛野川は上野国を流れておらず、上野国を流れるのは利根川(古来は東京湾に注いでいたが利根川東遷事業の後は銚子で太平洋に注ぐ川へと変更された)であることに鑑みると、この説も定かではない。栃木県 フレッシュアイペディアより)

  • 栃木県

    栃木県から見た浜崎貴司

    オリオン通り(斉藤和義、浜崎貴司):宇都宮市栃木県 フレッシュアイペディアより)

  • 栃木県

    栃木県から見た熊倉隆敏

    もっけ(熊倉隆敏):栃木市(大平地区)近辺栃木県 フレッシュアイペディアより)

  • 栃木県

    栃木県から見た宇都宮基綱

    鎌倉幕府が成立すると、足利・小山・宇都宮・那須などの下野諸氏は鎌倉御家人となり活躍した。小山氏は藤原北家魚名流・藤原秀郷の後裔と言われ、武家として鎌倉時代には下野国の守護を務める家柄であったが、室町時代初期、小山義政が下野国国司・宇都宮氏を攻略し宇都宮基綱を戦死させたため、鎌倉府・関東管領によって討伐された。栃木県 フレッシュアイペディアより)

  • 栃木県

    栃木県から見た空海

    日光開山の祖と知られる勝道上人は、下野薬師寺で5年間修行した後に男体山を目指し、766年に四本龍寺を建立したと言われる。782年には3度目の試みで山頂に達し、その後神宮寺(現在の中禅寺)を建立し、日光1200年の原点を築いた。一説に「日光」という地名は空海が二荒(ふたら=補陀落:ポタラカ)を音読した「にこう」に佳字を当てたのが起源といわれるが、当時の記紀類は全て「二荒」で記録上の「日光」の初見は鎌倉時代後期であり、この時期と下野国内に千手観音や日光菩薩像が多く造立された時期が一致している(大谷磨崖仏、佐貫石仏)。栃木県 フレッシュアイペディアより)

  • 栃木県

    栃木県から見た志茂文彦

    宇宙海賊ミトの大冒険(志茂文彦):さくら市(喜連川地区)栃木県 フレッシュアイペディアより)

637件中 51 - 60件表示

「栃木のできごと」のニューストピックワード