637件中 71 - 80件表示
  • 栃木県

    栃木県から見た二宮尊徳

    近世後期には地方社会の農村の荒廃が発生するが、二宮尊徳は農村のたて直しを図るため、桜町(現在の真岡市旧二宮町)の旗本領の復興につとめ、以後各地で報徳仕法と呼ばれる改革事業を実施した。栃木県 フレッシュアイペディアより)

  • 栃木県

    栃木県から見た芳賀高定

    代々宇都宮氏の重臣を務め、また宇都宮氏と姻戚関係にもあった紀清両党の益子氏および芳賀氏は宇都宮宗家がこの地を去った後もこの地に留まり、宇都宮氏が築いた文化を伝承したと言われる。なお、益子の西明寺には宇都宮氏墓所があり、現在も守られている。また宇都宮貞綱が亡母の供養に鋳造した鉄製塔婆を保存する清巌寺は清原氏(清党)芳賀氏が建立したものである。栃木県 フレッシュアイペディアより)

  • 栃木県

    栃木県から見た崇神天皇

    県内各地には縄文時代からの考古遺跡が多数認められており、古代には毛人が住む地域であったと解されるのが一般的であるが、その後、第10代天皇で真の意味でのヤマト王権の初代開祖とも言われる崇神天皇の第一皇子、豊城入彦命が父の命でこの地に入って毛野国を建国し、その後毛野国の有力豪族となった毛野氏の祖となり、ヤマト王権において有力豪族の一角をなした。毛野国は奈良時代には上毛野(上野)国と下毛野(下野)国に分国されたと言われるが、毛野川は上野国を流れておらず、上野国を流れるのは利根川(古来は東京湾に注いでいたが利根川東遷事業の後は銚子で太平洋に注ぐ川へと変更された)であることに鑑みると、この説も定かではない。栃木県 フレッシュアイペディアより)

  • 栃木県

    栃木県から見た上杉景勝

    豊臣秀吉没後の豊臣政権では五大老の家康と五大老の上杉景勝、五奉行の石田三成が対立し、慶長5年5月に家康は景勝討伐のため会津出兵を行う。三成は家康の出兵中に上方において挙兵し、家康は小山において上片へ引き返し、関ヶ原の戦いにおいて三成方を撃破する。家康が江戸に徳川幕府を開くと、中世以来の有力豪族は相次いで下野から姿を消し、県域は幕府直轄領や旗本領に細分化され、徳川家の譜代大名や旗本が支配するようになった。栃木県 フレッシュアイペディアより)

  • 栃木県

    栃木県から見たフランシスコ・ザビエル

    栃木県の南西部に位置し渡良瀬川が市街地の中心を流れ、隣接する群馬県桐生市とともに織物業が盛んである。隣接する群馬県桐生市や太田市との結びつきが強く、東武伊勢崎線を利用すると東京へのアクセス利便性も県都宇都宮市へのアクセスと遜色ない。使われる方言も栃木弁とは異なり、むしろ西関東方言の群馬弁に近い。古くは足利庄が栄えて清和源氏義家流・足利氏発祥の地としても知られ、フランシスコ・ザビエルが「坂東の大学」と呼んだ有名な足利学校があり、鎌倉時代に足利尊氏は後醍醐天皇の討幕運動に参加し、室町時代には足利将軍家となった。足利学校遺蹟図書館には多数の国宝や重要文化財などの古書が保管されている。栃木県 フレッシュアイペディアより)

  • 栃木県

    栃木県から見た石田三成

    豊臣秀吉没後の豊臣政権では五大老の家康と五大老の上杉景勝、五奉行の石田三成が対立し、慶長5年5月に家康は景勝討伐のため会津出兵を行う。三成は家康の出兵中に上方において挙兵し、家康は小山において上片へ引き返し、関ヶ原の戦いにおいて三成方を撃破する。家康が江戸に徳川幕府を開くと、中世以来の有力豪族は相次いで下野から姿を消し、県域は幕府直轄領や旗本領に細分化され、徳川家の譜代大名や旗本が支配するようになった。栃木県 フレッシュアイペディアより)

  • 栃木県

    栃木県から見た徳川光圀

    多賀城碑、多胡碑と並ぶ日本三大古碑の一つとされる那須国造碑(国宝、700年(文武天皇4年)建立)が下侍塚古墳の付近で延宝4年(1676年)、僧侶・円順により発見された。その報を受けた領主である徳川光圀が笠石神社を創建し碑の保護を命じた。古墳文化と合わせて那須地方(那須国造)のこの地域が重要な拠点であったことがうかがい知れる。栃木県 フレッシュアイペディアより)

  • 栃木県

    栃木県から見た渡辺文雄 (政治家)

    渡辺文雄(4期、1984年12月9日 - 2000年12月8日)栃木県 フレッシュアイペディアより)

  • 栃木県

    栃木県から見た藤原不比等

    下毛野国造は下毛野君である。下毛野君は豊城入彦命の後裔とされ(日本書紀)、天武天皇13年に定められた八色の姓では地方豪族としては破格の朝臣姓を賜り、大和朝廷が701年に定めた律令(大宝律令)の編纂には下毛野古麻呂が藤原不比等とともに深く関わった(続日本紀)。栃木県 フレッシュアイペディアより)

  • 栃木県

    栃木県から見た足利持氏

    藤原北家道兼流で毛野氏(あるいは中原氏)の流れを汲む関東の名門・宇都宮氏は、宇都宮二荒山神社(宇都宮大明神)の神職者として関東の治安維持に貢献した。鎌倉時代、元が九州に攻め寄せると、これを鎮めるべく鎌倉軍総大将として征西しこれを防いだ。室町時代、足利尊氏を助け下野・上野・越後守護を務め、関東管領・上杉氏に引き継ぎ、その上杉氏を討って関東を争乱に陥れた鎌倉公方・足利持氏を室町幕府の意向を受けて牽制した。戦国時代、後北条氏が台頭すると常陸国の佐竹氏とともにこれを牽制した。しかし豊臣秀吉によって後北条氏が滅びると、その秀吉が東国勢力の自領化を進め、宇都宮氏は備前国へ配流されてこの地を去った。栃木県 フレッシュアイペディアより)

637件中 71 - 80件表示

「栃木のできごと」のニューストピックワード