前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
1698件中 1 - 10件表示
  • 栃木県

    栃木県から見た下野国下野国

    歴史的には古墳時代、毛野川(けぬのかわ)(現在の鬼怒川)流域一帯には「毛野国」が成立し、これを上下に分かって「下毛野国(しもつけぬのくに)」「下野国(しもつけのくに)」が成立し、唐名では「野州(やしゅう)」と称する。現在でも「下野(しもつけ)」の呼称が広く使われている。栃木県 フレッシュアイペディアより)

  • 宇都宮忠綱

    宇都宮忠綱から見た下野国下野国

    宇都宮 忠綱(うつのみや ただつな、明応6年(1497年) - 大永7年7月16日(1527年8月12日))は戦国時代の武将で、下野の宇都宮氏第18代当主。宇都宮氏の中興の祖で知られる宇都宮成綱の嫡男。母は那須資親の娘。瑞雲院(足利高基妻)は姉妹である。近年の研究では、尚綱・興綱は忠綱の弟という説もある。岡本元綱という実子もいたといわれるが不詳。弥三郎。宇都宮忠綱 フレッシュアイペディアより)

  • 竹林の戦い

    竹林の戦いから見た下野国下野国

    竹林の戦い(たけばやしのたたかい)は、永正11年8月(1514年8月)に下野国宇都宮竹林で行われた合戦。別名・高林の戦い、高林合戦など。竹林の戦い フレッシュアイペディアより)

  • 宇都宮成綱

    宇都宮成綱から見た下野国下野国

    宇都宮 成綱(うつのみや しげつな)は戦国時代の武将・戦国大名で、下野の宇都宮氏17代当主。宇都宮成綱 フレッシュアイペディアより)

  • 縄釣の戦い

    縄釣の戦いから見た下野国下野国

    縄釣の戦い(なわづりのたたかい)は、永正13年6月(1516年)に下野国上那須庄浄法寺縄釣で行われた合戦。別名・小川縄釣の合戦。縄釣の戦い フレッシュアイペディアより)

  • 北関東

    北関東から見た下野国下野国

    下毛野古麻呂が建立した下野薬師寺は、大和国の東大寺、筑後国(筑紫国が筑前国と筑後国に分割)の観世音寺とともに三戒壇に指定され、当時下野国がこの地域の文化の中心地であったことを客観的に示している。なお、日光山を開山したと謂われる勝道上人はこの寺の修行僧であった人物である。北関東 フレッシュアイペディアより)

  • 鎌倉府

    鎌倉府から見た下野国下野国

    管国は関東10か国(相模・武蔵・安房・上総・下総・常陸・上野・下野・伊豆・甲斐)で、1392年に陸奥・出羽が追加された(ただし、1400年に奥州探題の設置によって陸奥・出羽両国に対する鎌倉府の権限が事実上削減される)。鎌倉公方・足利氏と関東管領・上杉氏はやがて対立し、1439年の永享の乱では、関東管領・上杉憲実、幕府・足利義教と戦った第4代鎌倉公方・足利持氏が敗死し、鎌倉府は長官が一時不在となった。鎌倉府 フレッシュアイペディアより)

  • 宇都宮氏

    宇都宮氏から見た下野国下野国

    宇都宮氏は下野国が本貫であったため、各地の庶流に対してしばしば下野宇都宮氏といわれることもある。下野国一之宮名神大社であった宇都宮二荒山神社座主および日光山別当職等を務め、紀清両党を率い22代・500年に亘って下野国、さらには日本国土の治安維持を司った名家。国司や守護も歴任し、現在では戦国大名とも評されている。宇都宮氏 フレッシュアイペディアより)

  • 鎌倉街道

    鎌倉街道から見た下野国下野国

    古道としての鎌倉街道とは、鎌倉時代に幕府のある鎌倉と各地を結んだ道路網で、鎌倉幕府の御家人が有事の際に「いざ鎌倉」と鎌倉殿の元に馳せ参じた道であり、鎌倉時代の関東近郊の主要道の意として用いられている。1192年、源頼朝が鎌倉に幕府を開くと、支配力強化のために鎌倉と東国の各地域を結ぶ道路整備に力を注ぎ、次々と道路網が建設されたため、鎌倉街道は無数にあった。その中でも、鎌倉街道の幹線道は全国の国府を通り、街道沿いに守護所も置かれたが、その数はごく限られていた。主要な幹線道は、鎌倉から武蔵、上野の国府を通り、碓氷峠を越えて信濃へ行く道、東海道筋をたどる京鎌倉往還、鎌倉から甲斐とを結ぶ道、下野の国府を通って白河関を越える道、常陸の国府を通って勿来関を越えて奥州へ行く道などがあった。鎌倉街道 フレッシュアイペディアより)

  • 那須衆

    那須衆から見た下野国下野国

    那須衆(なすしゅう)は、江戸時代、交代寄合として、幕府に仕えた旗本のうち、那須氏(下野国福原1000石)・福原氏(下野国佐久山3500石)・蘆野氏(下野国芦野3016石)・大田原氏(下野国森田1300石)の四家を指す。四衆(那須衆・美濃衆・伊那衆・三河衆)の一つ。当初は那須氏と一族の福原氏、芦野氏、千本氏、伊王野氏に大田原・大関氏を加えた七氏からなり、小田原征伐に参陣せず那須氏は所領没収され、他の6氏は本領安堵・加増を受けている。江戸期の那須衆は伊王野氏が無嗣断絶となったほかは、大田原・大関氏は大名となっている。那須衆 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
1698件中 1 - 10件表示

「栃木西部のできごと」のニューストピックワード