1698件中 91 - 100件表示
  • 児山兼朝

    児山兼朝から見た下野国下野国

    児山 兼朝(こやま かねとも)は、戦国時代の武将。下野国の大名、宇都宮氏の家臣であり、多功氏の家臣でもある。児山城城主。児山氏は宇都宮氏の庶流である。子に児山菊朝、児山太左衛門。児山兼朝 フレッシュアイペディアより)

  • 佐久山宿

    佐久山宿から見た下野国下野国

    佐久山宿は、江戸時代、かつて佐久山城があった土地が奥州街道(奥州道中)喜連川宿の次の宿駅として整備された宿場町で、下野国那須郡にあった。天保14年(1843年)の『奥州道中宿村大概帳』によれば、佐久山宿は家数121軒、うち本陣1軒、脇本陣1軒、旅籠27軒、人口473人であった。佐久山宿本陣は井上家や村上家が勤めた。佐久山宿 フレッシュアイペディアより)

  • 橘永範

    橘永範から見た下野国下野国

    橘 永範(たちばな の ながのり、生没年不詳)は、平安時代初期の貴族。姓は朝臣。官位は従五位上・下野権守。橘永範 フレッシュアイペディアより)

  • 橘常主

    橘常主から見た下野国下野国

    淳和朝に入り、議政官として弾正大弼・下野守を兼ねるが、天長3年(826年)6月2日卒去。享年40。最終官位は参議従四位下行弾正大弼兼下野守。薪を積み其上に座して焼死したという。橘常主 フレッシュアイペディアより)

  • 真宗高田派

    真宗高田派から見た下野国下野国

    真宗高田派(しんしゅうたかだは)は、三重県津市の専修寺を本山とする浄土真宗の一派。親鸞の門弟真仏、顕智が率いる下野国高田(現在の栃木県真岡市高田)の専修寺を中心とする高田門徒の流れを汲む。末寺数、約640寺。真宗高田派 フレッシュアイペディアより)

  • 鳥羽藩

    鳥羽藩から見た下野国下野国

    稲垣昭賢が下野国烏山藩から3万石で入り、ようやく藩主家が定着した。その後稲垣氏は8代にわたって鳥羽を支配した。鳥羽・伏見の戦いの際に藩兵が戦闘に参加し、藩主の稲垣長行江戸滞在中であったため新政府軍による討伐の可能性が浮上するが、長行の謹慎と・部隊長らの永禁錮、軍資金1万5千両などを引換に宥免された。明治4年(1871年)の廃藩置県で鳥羽藩は廃藩となって鳥羽県、さらに度会県を経て三重県に編入された。鳥羽藩 フレッシュアイペディアより)

  • 巨勢野足

    巨勢野足から見た下野国下野国

    延暦8年(789年)従五位下・陸奥鎮守副将軍に叙任されて以降、延暦10年(791年)には坂上田村麻呂らとともに征夷副使に任ぜられ、のち陸奥介・下野守を兼ねるなど、桓武朝中盤は蝦夷征討を担当する。また、延暦14年(795年)には越階の昇叙により正五位下となっている。巨勢野足 フレッシュアイペディアより)

  • 多功ヶ原の戦い

    多功ヶ原の戦いから見た下野国下野国

    多功ヶ原の戦い(たこうがはらのたたかい)は永禄元年5月29日(1558年6月15日)に下野国多功ヶ原で行われた合戦。多功ヶ原の戦い フレッシュアイペディアより)

  • 伊勢西条藩

    伊勢西条藩から見た下野国下野国

    頼次から4代目の有馬氏倫は紀州時代より徳川吉宗に仕え、享保元年(1716年)に吉宗が将軍に就任すると幕臣に転じて御側御用取次となり、伊勢国三重郡内に1,300石を与えられた。享保2年(1717年)に下野国芳賀郡内で1,000石の加増を受けた後、享保11年(1726年)に伊勢国多気郡・河曲郡・三重郡内、下野国河内郡内、上総国市原郡内において7,700石を加増されて都合1万石となり、享保12年(1727年)閏1月28日に領知の御朱印状を賜った。ここに有馬氏倫は大名となり、伊勢西条藩が立藩した。本家にあたる久留米藩が外様大名であるのに対し、大名取立ての経緯から伊勢西条藩は譜代大名である。伊勢西条藩 フレッシュアイペディアより)

  • 有馬氏郁

    有馬氏郁から見た下野国下野国

    有馬 氏郁(ありま うじしげ)は、上総五井藩の第5代藩主、後に下野吹上藩の初代藩主。氏倫系有馬家9代。有馬氏郁 フレッシュアイペディアより)

1698件中 91 - 100件表示

「栃木西部のできごと」のニューストピックワード