1698件中 101 - 110件表示
  • 有馬氏弘

    有馬氏弘から見た下野国下野国

    有馬 氏弘(ありま うじひろ)は、下野吹上藩の第2代(最後)の藩主。氏倫系有馬家10代。有馬氏弘 フレッシュアイペディアより)

  • 二本松藩

    二本松藩から見た下野国下野国

    二本松は戦国時代まで畠山氏の所領であったが、天正14年(1586年)に伊達政宗が畠山氏を滅ぼして伊達領になる。天正18年(1590年)7月に小田原征伐で北条氏直を降した豊臣秀吉は8月に会津に入り、奥州仕置とそれに伴う奥州再仕置により、二本松は会津の領主となった蒲生氏郷の領地となった。氏郷は織田信長の娘婿であり、これ以前は伊勢に所領を持っていた。蒲生時代には秀吉の命令で天正・文禄年間に検地が行われて蒲生領は91万9320石とされた。文禄4年(1595年)2月に氏郷は急死し、嫡子の蒲生秀行が跡を継ぐも、この際に秀吉の命令で会津黒川・白河・二本松を除く領内の城の大半が浅野長政・幸長により破却された。秀行は家康の3女振姫と結婚するが、慶長3年(1598年)1月に下野宇都宮18万石に減封・移封となった。二本松藩 フレッシュアイペディアより)

  • 木村氏

    木村氏から見た下野国下野国

    下野国都賀郡木村(現在の栃木県栃木市都賀町木)が発祥。藤原北家秀郷流で、藤姓足利氏の祖である足利成行の玄孫信綱を祖とする。『太平記』巻3に見える木村次郎左衛門もこの一族とされる。また子孫に、江戸時代の幕臣として3家が『寛政重修諸家譜』に掲載されている。家紋は三頭左巴、または五三桐。木村氏 フレッシュアイペディアより)

  • 金ヶ崎合戦

    金ヶ崎合戦から見た下野国下野国

    金ヶ崎の戦い / 金ヶ崎合戦(かながさきのたたかい / かながさきかっせん)は戦国時代の天正2年10月9日(ユリウス暦:1574年10月23日)に、下野国金ヶ崎(現・栃木県栃木市西方町)において行われた野戦である。金ヶ崎合戦 フレッシュアイペディアより)

  • 茂木氏

    茂木氏から見た下野国下野国

    茂木氏(もてぎし)は、中世に下野国を根拠とした武家。茂木氏 フレッシュアイペディアより)

  • 結城氏

    結城氏から見た下野国下野国

    鎮守府将軍藤原秀郷の末裔・小山朝光(結城朝光)が平安時代後期に源頼朝の挙兵に従い、志田義広滅亡後の鎌倉時代には下総の結城(茨城県結城市)を領したことが結城氏(下総結城氏、本記事中では一部を除き単に「結城氏」と記す)の始まりであるとされている。なお、朝光の実家である小山氏の本拠である下野国の小山(栃木県小山市)に隣接していることから、結城も元々小山氏の所領であったとする考えもあるが、朝光自身が自分は父の遺領を伝領せず、頼朝の配下となって初めて所領を得たと語っていること(『吾妻鏡』正治元年10月27日条)、治承合戦期まで結城郡では古くからの郡司であったと推定される簗氏・人手氏や常陸平氏系の行方氏が支配していたと推定されることから、結城郡には元々小山氏一族の影響は及んでおらず、一連の合戦を通じて没落した行方氏らに代わって朝光が頼朝から結城郡を「新恩」として与えられたと考えられている。結城氏 フレッシュアイペディアより)

  • 世良田氏

    世良田氏から見た下野国下野国

    その一方、満義の一族世良田義政は、下野国を拠点とした。彼は一族の義周とともに足利氏(尊氏など)を中心とした北朝方として、功績を残し上総国守護になっている。その末裔は、四職の山名氏の因幡国・伯耆国の守護に随行したという。因幡徳川氏(後に森本氏)と改め、家老の森本将監などが出たという。世良田氏 フレッシュアイペディアより)

  • 佐野氏

    佐野氏から見た下野国下野国

    佐野氏(さのし)は、平安時代末期から江戸時代初期にかけて下野国を中心に栄えた一族。佐野氏 フレッシュアイペディアより)

  • 五井藩

    五井藩から見た下野国下野国

    藩主有馬家(摂津有馬氏)は、筑後久留米藩主家の分家であり、久留米藩初代藩主有馬豊氏の三男有馬頼次を祖とする。頼次の子孫は紀州徳川家に代々仕え、徳川吉宗の時に側近を務めた有馬氏倫が大名に取り立てられ、伊勢西条藩初代藩主となった。西条藩(南林崎藩とも称する)は、伊勢国・上総国・下野国にまたがって1万石を領する定府の大名であった。五井藩 フレッシュアイペディアより)

  • 百済王俊哲

    百済王俊哲から見た下野国下野国

    延暦6年(787年)何らかの事件に連座し日向権介に左遷されるが、延暦9年(790年)赦免され入京を許される。免罪の理由として、その武官としての才が惜しまれたため、または百済王氏を外戚とする詔が出されたことによる同氏への待遇の上昇のためであるとの説がある。延暦10年(791年)正月に蝦夷征討を目的に坂上田村麻呂とともに東海道に派遣されて兵士の検閲と武具の検査を実施、まもなく下野守に任ぜられ、さらに同年中に征夷副使・陸奥鎮守将軍を兼ねた。百済王俊哲 フレッシュアイペディアより)

1698件中 101 - 110件表示

「栃木西部のできごと」のニューストピックワード