1698件中 111 - 120件表示
  • 安倍清継

    安倍清継から見た下野国下野国

    安倍 清継(あべ の きよつぐ、生没年不詳)は、平安時代初期の貴族。従四位下・阿倍安麻呂の孫で、従五位下・阿倍豊継の子とする系図がある。官位は従五位下・下野介。安倍清継 フレッシュアイペディアより)

  • 佐伯葛城

    佐伯葛城から見た下野国下野国

    延暦5年(786年)蝦夷征討の準備に向けた兵士検閲と武具点検ため、判官1名・主典1名とともに東海道に派遣された。この時東山道には紀楫長が遣わされている。翌延暦6年(787年)2月に陸奥介兼鎮守副将軍に任ぜられるが、間もなく陸奥介は藤原葛野麻呂に、鎮守副将軍は池田真枚に交代して、葛城は下野守に遷っている。さらに10月には民部少輔を兼ねており、この時点では在京であったと推定される。佐伯葛城 フレッシュアイペディアより)

  • 取次 (豊臣政権)

    取次 (豊臣政権)から見た下野国下野国

    こうした「取次」をめぐる重層的で複雑な関係は、山本博文によれば、いまだ戦時色が強く、諸大名の旗幟の定まらない段階における「手筋としての取次」=「御取次之筋目」(外交交渉のルート)が複数存在していることの現れであった。ここでの「取次」は、役割のうえでは戦国時代における交渉役と同じであり、その場合、交渉にあたる人物は交渉相手に献身することによって双方を良好な関係を築こうとすることも多かった。しかし、北条氏滅亡によって東国が平定され、天下一統が達成されると常陸国・下野国(栃木県)・安房国(千葉県)の諸大名に対して秀吉は増田長盛を「取次」にあて、特に佐竹氏に対しては長盛のほか石田三成をその任にあてるなど秀吉政権の奉行クラスに取次の任を担わせた。秀吉はやがて大名権力の内部に干渉して「指南」(指導)するなど、取次の役割と性質を変化させ、豊臣政権の公的な機構として運用した。取次 (豊臣政権) フレッシュアイペディアより)

  • 佐伯三野

    佐伯三野から見た下野国下野国

    天平神護元年(765年)左衛士佐に任じられ、翌天平神護2年(766年)には乱での功労により功田20町を与えられる。天平神護2年(767年)には下野守に任ぜられ地方官に転じた。佐伯三野 フレッシュアイペディアより)

  • 稲垣重富

    稲垣重富から見た下野国下野国

    稲垣 重富(いながき しげとみ、延宝元年(1673年) - 宝永7年4月17日(1710年5月15日))は、江戸時代前期の大名。三河刈谷藩3代藩主、上総大多喜藩主、下野烏山藩初代藩主。鳥羽藩稲垣氏4代。稲垣重富 フレッシュアイペディアより)

  • 大神神社 (栃木市)

    大神神社 (栃木市)から見た下野国下野国

    大神神社(おおみわじんじゃ)は、栃木県栃木市惣社町にある神社。式内社(小)論社、下野国総社。旧社格は県社。大神神社 (栃木市) フレッシュアイペディアより)

  • 大田原晴清

    大田原晴清から見た下野国下野国

    大田原 晴清(おおたわら はるきよ)は、安土桃山時代から江戸時代前期にかけての武将・大名。下野大田原藩初代藩主。大田原晴清 フレッシュアイペディアより)

  • 中先代の乱

    中先代の乱から見た下野国下野国

    勢いに乗った時行軍は武蔵国へ入り鎌倉に向けて進軍する。7月20日頃に女影原(埼玉県日高市)で渋川義季や岩松経家らが率いる鎌倉将軍府の軍を、小手指ヶ原(同県所沢市)で今川範満の軍を、武蔵府中で救援に駆けつけた下野国守護小山秀朝の軍を打ち破り、これらを自害あるいは討死させた。続いて、井手の沢(東京都町田市)にて鎌倉から出陣して時行軍を迎撃した足利直義をも破る。直義は尊氏の子の幼い足利義詮や、後醍醐天皇の皇子成良親王らを連れて鎌倉を逃れる。鎌倉には建武政権から失脚した後醍醐天皇の皇子護良親王(前征夷大将軍)が幽閉されていたが、直義は鎌倉を落ちる際に密かに家臣の淵辺義博に護良親王を殺害させている(7月23日)。鎌倉に護良を将軍・時行を執権とする鎌倉幕府が再興され建武政権に対抗する存在になることを恐れていたからと考えられている。24日は鶴見(神奈川県横浜市鶴見区)にて鎌倉将軍府側は最後の抵抗を試みるが佐竹義直(佐竹貞義の子)らが戦死、翌25日に時行は鎌倉に入り、一時的に支配する。更に時行勢は逃げる直義を駿河国手越河原で撃破した。直義は8月2日に三河国矢作に拠点を構え、乱の報告を京都に伝えると同時に成良親王を返還している。中先代の乱 フレッシュアイペディアより)

  • 関東享禄の内乱

    関東享禄の内乱から見た下野国下野国

    享禄4年(1531年)6月1日 足利晴氏が下野宇都宮城から古河城への帰座を検討(足利政氏から足利基頼宛の書状より)。抗争の終結が近いことを示唆するとともに、本書状から宇都宮興綱と芳賀次郎(高綱?)が晴氏側であったこと、政氏が晴氏側であったこと、武蔵・忍城の成田親泰と足利基頼は政氏側であったと考えられる。関東享禄の内乱 フレッシュアイペディアより)

  • 八田知家

    八田知家から見た下野国下野国

    保元元年(1156年)の保元の乱では源義朝側について戦い、功績をあげる。治承4年(1180年)8月の源頼朝挙兵に早くから参加しており、同年には下野国茂木郡地頭職を安堵された。寿永2年(1183年)野木宮合戦に参加。元暦元年(1184年)8月の源範頼率いる平氏追討軍に従軍。文治元年(1185年)4月、前年に源義経が無断任官で頼朝の怒りを買った際、知家も右衛門尉に任官しており、頼朝から「鎮西に下向する途中に京で任官するなど、怠け馬が道草を食うようなものだ」と小山朝政と共に罵倒されている。文治5年(1189年)7月の奥州合戦では千葉常胤と共に東海道大将軍に任ぜられ、福島の浜通りから奥州藤原氏を追い詰めた。八田知家 フレッシュアイペディアより)

1698件中 111 - 120件表示

「栃木西部のできごと」のニューストピックワード