1369件中 11 - 20件表示
  • 河内経国

    河内経国から見た下野国下野国

    その後、藤原経実の家人となり、その息女(生母不詳)を正室とし、経実の信任厚く武技を認められ、その警護を務めた。後年、義国の家司となり、下野国足利へ移住した。河内経国 フレッシュアイペディアより)

  • 壬生氏

    壬生氏から見た下野国下野国

    壬生氏(みぶし)は、日本の氏族のひとつ。本姓は小槻氏。戦国時代、下野国壬生・鹿沼を中心に勢力を張った武家。壬生氏 フレッシュアイペディアより)

  • 小山城 (下野国)

    小山城 (下野国)から見た下野国下野国

    小山城(おやまじょう)は栃木県小山市城山町(下野国都賀郡小山)にあった城。別名は祇園城(ぎおんじょう)。地元では主に祇園城と呼ばれている。城跡は、祇園城跡の名称で中久喜城跡、鷲城跡とともに小山氏城跡として、国の史跡に指定されている。小山城 (下野国) フレッシュアイペディアより)

  • 小山朝政

    小山朝政から見た下野国下野国

    源頼朝に挙兵の頃から仕え、播磨国守護に補されたほか、下野守にも任ぜられたとされるが、朝政の晩年の職位は「左衛門尉」や「判官」でありこれらは従六位か従七位の官位であること、また父・政光の官位も正七位下であったことなどから、卒年に従五位下下野守であったという『吾妻鏡』の記載は誤記の疑いがある。小山朝政 フレッシュアイペディアより)

  • 宇都宮二荒山神社

    宇都宮二荒山神社から見た下野国下野国

    宇都宮二荒山神社(うつのみやふたあらやま[ふたらやま]じんじゃ)は、栃木県宇都宮市にある神社。式内社(名神大社)論社、下野国一宮。旧社格は国幣中社で、現在は神社本庁の別表神社。神紋は「三つ巴(菊に三つ巴)」。宇都宮二荒山神社 フレッシュアイペディアより)

  • 唐沢山城の戦い

    唐沢山城の戦いから見た下野国下野国

    唐沢山城の戦い(からさわやまじょうのたたかい)は、永禄年間から元亀年間にかけて、下野国唐沢山城(現在の栃木県佐野市富士町、栃本町)において、越後の上杉謙信と下野の佐野昌綱の間で約10度に渡って繰り広げられた戦い。唐沢山城の戦い フレッシュアイペディアより)

  • 平将門

    平将門から見た下野国下野国

    承平5年(935年)2月に将門は源護の子・扶らに常陸国真壁郡野本(筑西市)にて襲撃されるが、これらを撃退し扶らは討ち死にした。そのまま将門は大串・取手(下妻)から護の本拠である真壁郡へ進軍して護の本拠を焼き討ちし、その際伯父の国香を焼死させた。同年10月、源護と姻戚関係にある一族の平良正は軍勢を集め鬼怒川沿いの新治郷川曲(八千代町)に陣を構えて将門と対峙するが、この軍も将門に撃破され、良正は良兼に救いを求め、静観していた良兼も国香亡き後の一族の長として放置できず国香の子の平貞盛を誘って軍勢を集め、承平6年(936年)6月26日上総国を発ち将門を攻めるが、将門の奇襲を受けて敗走、下野国(栃木県)の国衙に保護を求めた。将門は下野国国府を包囲するが、一部の包囲を解いてあえて良兼を逃亡させ、その後国衙と交渉して自らの正当性を認めさせて帰国した。平将門 フレッシュアイペディアより)

  • 上野国

    上野国から見た下野国下野国

    領域は現在の群馬県とほぼ同じだが、群馬県桐生市のうち桐生川以東は含まれない。かつては群馬県は上野国と完全に同一の範囲であったが、昭和34年(1959年)に栃木県(旧下野国)足利郡菱村が、昭和43年(1968年)に安蘇郡田沼町の入飛駒地区がいずれも桐生市へ越境合併。また、昭和35年(1960年)に山田郡矢場川村の一部が栃木県足利市に編入され、旧下野国との境界が変更されている。そのため、群馬県の方が上野国より僅かに広くなっている。上野国 フレッシュアイペディアより)

  • 日光街道

    日光街道から見た下野国下野国

    江戸日本橋(武蔵国豊島郡日本橋、現在の東京都中央区日本橋)を起点とし、日光坊中(下野国都賀郡日光東照宮、現在の栃木県日光市山内)に至る街道。日光街道 フレッシュアイペディアより)

  • 日光二荒山神社

    日光二荒山神社から見た下野国下野国

    日光二荒山神社(にっこうふたらさんじんじゃ)は、栃木県日光市にある神社。式内社(名神大社)論社、下野国一宮。旧社格は国幣中社で、現在は神社本庁の別表神社。日光二荒山神社 フレッシュアイペディアより)

1369件中 11 - 20件表示

「栃木西部のできごと」のニューストピックワード