1698件中 11 - 20件表示
  • 佐竹義舜

    佐竹義舜から見た下野国下野国

    永正10年(1513年)8月には、茂木持知に対し山内郷、小深郷(現在の栃木県茂木町)を宛行い、小田氏庶流である茂木氏を佐竹家臣団に組み込み下野国への進出に成功。さらに宇都宮家中に属している武茂氏(宇都宮一門)や松野氏(宇都宮一門)にも影響を与えた。武茂氏や松野氏は後に宇都宮氏から離れ佐竹氏の影響下に降ることになるがその時期は天文年間であり、次代の義篤・義昭父子の頃である。佐竹義舜 フレッシュアイペディアより)

  • 甲斐姫

    甲斐姫から見た下野国下野国

    甲斐姫、巻姫、敦姫のほかに氏長には天正14年(1586年)に亡くなった嫡子と、下野国の小山秀綱または小山政種に嫁いだ女子が存在したと考えられている。この女子について、『重興小山系図』では「(政種の)母は成田下総守藤原氏長の女」、『関八州古戦録』では「(政種の)妻は氏長の娘」と記されているが、『重興小山系図』の記述については年代的に考えて「妻」の誤伝だろうと指摘されている。甲斐姫 フレッシュアイペディアより)

  • 下野小野寺氏

    下野小野寺氏から見た下野国下野国

    下野小野寺氏(しもつけおのでらし)は、鎌倉時代の頃御家人として下野国都賀郡小野寺村(現・栃木県栃木市岩舟町小野寺)において勢力を誇った豪族小野寺氏の嫡流である。本姓は藤原氏とされるが守部氏ともいう。家系は秀郷流で山内首藤氏の庶流にあたる。本項では、嫡流である下野小野寺氏について述べる。下野小野寺氏 フレッシュアイペディアより)

  • 古河公方

    古河公方から見た下野国下野国

    貞和5年(1349年)、室町幕府は関東分国統治のために鎌倉府を設置した。関東分国には、上野国・下野国・常陸国・武蔵国・上総国・下総国・安房国・相模国・伊豆国・甲斐国(現在の関東地方と伊豆半島・山梨県)が含まれ、後には陸奥国・出羽国(現在の東北地方)も追加された。古河公方 フレッシュアイペディアより)

  • 上野国

    上野国から見た下野国下野国

    古代関東には「毛野(けの/けぬ)」および「那須(なす)」と呼ばれる政治勢力が存在し、前者が上下に二分されて「上毛野(かみつけの/かみつけぬ)」「下毛野(しもつけの/しもつけぬ)」となったといわれる。毛野の起こりについては、『常陸国風土記』によると筑波はもともと紀の国であるといい、この紀の国と毛野が同一かは不詳だが、「毛野河」は筑波西部の郡の境界とある。また『続日本紀』では毛野川は古くから常陸国と下総国の境界であると記されているなど、毛野と毛野川(現在の鬼怒川)の深い関わりがうかがわれる。『上野名跡志』では下野国河内郡衣川郷が毛野という名称の由来と推察されている。上野国 フレッシュアイペディアより)

  • 塩谷氏

    塩谷氏から見た下野国下野国

    塩谷氏(しおやし・しおのやし)は、日本の氏族。氏姓における塩谷の読み方については、一般的には「しおや」だが、下野国塩谷郡を発祥とする塩谷氏が「しおのや」と名乗っている。宇多源氏の塩冶氏(えんやし)とは別である。塩谷氏 フレッシュアイペディアより)

  • 宇都宮市

    宇都宮市から見た下野国下野国

    歴史的には、当地は古代毛野国、令制国時代には下野国に属し、市域姿川流域には縄文時代の大集落跡である根古谷台遺跡があるなど、紀元前より人の生活の場であったことが知られている。また宇都宮市中心市街地は平安時代の下野国河内郡池辺郷で、その東端を流れる田川沿岸には旧古多橋駅が、また市東部郊外を流れる鬼怒川の沿岸には旧衣川駅があったと推定されており、さらに市域平野部には紀元4-7世紀に建造されたと推定される古代古墳や住居跡が多数存在し、戸祭山麓には下野薬師寺や河内郡衙で使用された屋根瓦を焼いた窯跡もあるなど、東山道沿道にあり地域人口の一集積地であったと考えられている。上代には池辺郷の鏡ヶ池畔には地の神を祀る社が建てられ、平安時代後期にはこれを『宇豆宮』『宇都宮明神』として祭祀し、鎌倉時代から戦国時代にかけてはこの神領を預かった神職家で北面武士でもあった一族が宇都宮氏を名乗り鎌倉御家人として宇都宮城に居し、城下に多数の仏教寺院を建立して宇都宮は東国の都であったと比喩されることもあった。この宇都宮社は、中央政権が関東・奥州を掌握するために東国に派遣した諸武門の奉幣を受け、藤原秀郷の平将門の乱、源頼義の奥州十二年合戦、源頼朝の奥州征伐、徳川家康の征夷大将軍就任など、その機会は日本史上の節目に前後して行われた。宇都宮城下は鎌倉街道中道(奥大道)や日光古道などが通る交通の要衝で、沿道は富で潤いその痕跡は日光古道沿線の西根や門前などに今も見られる。しかし世界情勢の不安定化に伴う鎌倉府の弱体化と後北条氏の台頭に拠って宇都宮氏も勢力を弱め、近接勢力の那須氏や日光山僧兵の侵略を受けて宇都宮は一時灰燼化する。宇都宮氏は拠点を大谷の多気山に移し、程なく豊臣秀吉の小田原征伐に続く宇都宮仕置よって宇都宮に復帰するが、秀吉の死に前後して改易となった。その後宇都宮城主となった浅野長政や蒲生秀行は城下に紺屋町、日野町といった商人街を作り、また征夷大将軍となった徳川家康は宇都宮社に寄進してこれを復興するとともに、宇都宮を古道奥州道・日光道の宿駅に命じ、宇都宮城主奥平家昌や本多正純が宿場機能を併せ持つ近世宇都宮城下町を整備し、宇都宮宿は五街道のうち日光街道・奥州街道の二道の追分となり、街道一の繁盛地として大いに賑わった。当時の宇都宮宿は地方宿としては日本国内最大規模の宿場町で、五街道では東海道大津宿、府中宿(家数3,500軒、人口14,000人級)や熱田宿、日光街道千住宿(家数2,000 - 3,000軒、人口10,000人級)には及ばないものの、東海道品川宿や四日市宿、桑名宿、岡崎宿、浜松宿、島田宿、奥州街道白河宿、甲州街道八王子宿(家数1,200 - 1,800軒、人口6,000 - 7,000人級)と同等の規模を擁していた。市域を通る二つの街道には、ほか雀宮宿、徳次郎宿、白沢宿が置かれた。幕末には戸田氏が宇都宮藩主となり、山陵志を著わした蒲生君平を輩出するなど王政復古に寄与し、宇都宮戦争によって城下は再び灰燼と帰すが、明治期には明治天皇によりその業績が称えられた。近代には奥州街道に代わって明治国道6号(現国道4号)が設けられ、第14師団の本営が置かれると本営のあった国本村戸祭まで明治国道60号(大正国道29号、現国道119号)も開通した。宇都宮は軍関係の需要が増え軍都として繁栄したが、太平洋戦争末期の宇都宮大空襲で三度目の灰燼となった戦後は、内陸型近代工業を中心とする近代産業都市として発展した。宇都宮市 フレッシュアイペディアより)

  • 那須国造

    那須国造から見た下野国下野国

    那須国造(なすのくにのみやつこ、なすこくぞう)は、のちに下野国北東部となる地域を支配した国造である。那須国造 フレッシュアイペディアより)

  • 岡本元綱

    岡本元綱から見た下野国下野国

    岡本 元綱(おかもと もとつな、生没年不詳)は戦国時代の武将。父は下野宇都宮氏第18代当主宇都宮忠綱。また、下野国には清党芳賀氏の庶流に岡本氏という氏族がいたが元綱とのどのような関わりがあったかは不明である。岡本元綱 フレッシュアイペディアより)

  • 紀本道

    紀本道から見た下野国下野国

    紀 本道(き の もとみち、生没年不詳)は、平安時代前期の貴族。右兵衛督・紀興道の子。官位は従五位下・下野守。紀本道 フレッシュアイペディアより)

1698件中 11 - 20件表示

「栃木西部のできごと」のニューストピックワード