1369件中 21 - 30件表示
  • 足利学校

    足利学校から見た下野国下野国

    足利学校(あしかががっこう)は、下野国足利庄(現・栃木県足利市)にあった、平安時代初期、もしくは鎌倉時代に創設されたと伝えられる中世の高等教育機関。室町時代から戦国時代にかけて、関東における事実上の最高学府であった。足利学校 フレッシュアイペディアより)

  • 藤原秀郷

    藤原秀郷から見た下野国下野国

    藤原 秀郷(ふじわら の ひでさと)は、平安時代中期の貴族・武将。下野大掾藤原村雄の子。藤原秀郷 フレッシュアイペディアより)

  • 天狗党の乱

    天狗党の乱から見た下野国下野国

    藤田小四郎ら筑波勢は、元治元年4月3日(1864年5月8日)に下野国日光(栃木県日光市)へと進んだ。彼らは徳川家康を祀った聖地である日光東照宮を占拠して攘夷の軍事行動に踏みきる予定であったが、日光奉行・小倉正義の通報を受けた近隣各藩の兵が出動したため、天狗党は慌てて東照宮への参拝が目的であると弁解する。これに対して小倉は10名のみに限って参拝を許すと通告したため、天狗党は代表者数名が参拝を行うと日光から大平山へと移動し、同地に5月末までに滞在した。天狗党の乱 フレッシュアイペディアより)

  • 津守小黒栖

    津守小黒栖から見た下野国下野国

    津守 小黒栖(つもり の おぐるす、生没年不詳)は、奈良時代の防人・歌人。下野国の人。姓は宿禰。下野目・津守首古の子とする系図がある。津守小黒栖 フレッシュアイペディアより)

  • 大安場古墳群

    大安場古墳群から見た下野国下野国

    1号墳は、阿武隈川流域では最大級の古墳であり、また前方後方墳としては東北地方全体で最大規模の古墳である。同じ福島県内でも、会津地方では前方後円墳が卓越しているのに対して、中通り地方に所在する本古墳は前方後方墳であり、前方後方墳をさかんに築造した下野国那須地方との関係がうかがえる。大安場古墳群 フレッシュアイペディアより)

  • 玉生城

    玉生城から見た下野国下野国

    玉生城(たまにゅうじょう)は、下野国塩谷郡(現・栃木県塩谷郡塩谷町大字玉生)にあった山城。建長6年(1254年)築城。慶長2年(1597年)10月13日廃城。玉生城 フレッシュアイペディアより)

  • 佐久山宿

    佐久山宿から見た下野国下野国

    佐久山宿は、江戸時代、かつて佐久山城があった土地が奥州街道(奥州道中)喜連川宿の次の宿駅として整備された宿場町で、下野国那須郡にあった。天保14年(1843年)の『奥州道中宿村大概帳』によれば、佐久山宿は家数121軒、うち本陣1軒、脇本陣1軒、旅籠27軒、人口473人であった。佐久山宿本陣は井上家や村上家が勤めた。佐久山宿 フレッシュアイペディアより)

  • 阿部氏 (徳川譜代)

    阿部氏 (徳川譜代)から見た下野国下野国

    宗家 - 武蔵国鳩ヶ谷藩(0.5万石→1万石)→上総国大多喜藩(3万石)→相模国小田原藩(5万石)→武蔵国岩槻藩(5.5→9.9万石)→丹後国宮津藩9.9万石→下野国宇都宮藩10万石→備後国福山藩(10→11万石)阿部氏 (徳川譜代) フレッシュアイペディアより)

  • 那須国造

    那須国造から見た下野国下野国

    那須国造(なすのくにのみやつこ・なすこくぞう)は下野国北東部を支配した国造である。那須国造 フレッシュアイペディアより)

  • 水谷勝俊

    水谷勝俊から見た下野国下野国

    幼名は弥五郎。兄・正村と共に結城晴朝に従って永禄9年(1566年)、上杉謙信と戦ったことがある。3年後に兄の正村が隠居したため、その家督を継いだ。天正13年(1585年)には兄とともに下野国田野城を攻略して下野方面にも勢力を広げた。小田原の役後、水谷氏が結城氏の与力大名として独立する。なお、この時、結城晴朝の養子に松平秀康を迎える話が出た際には、秀康の実父である徳川家康と勝俊の兄・正村の間にかねてより親交があった事から、勝俊が徳川氏との交渉に加わっている。文禄元年(1592年)からの文禄・慶長の役においては肥前名護屋城に駐留した。水谷勝俊 フレッシュアイペディアより)

1369件中 21 - 30件表示

「栃木西部のできごと」のニューストピックワード