1698件中 31 - 40件表示
  • 皆川広照

    皆川広照から見た下野国下野国

    皆川 広照(みながわ ひろてる)は、戦国時代から江戸時代前期にかけての武将、大名。下野皆川城主。下野栃木城主、下野皆川藩主、信濃飯山藩主、常陸府中藩初代藩主。皆川広照 フレッシュアイペディアより)

  • 藤原秀郷

    藤原秀郷から見た下野国下野国

    藤原 秀郷(ふじわら の ひでさと)は、平安時代中期の貴族、豪族、武将。下野大掾・藤原村雄の子。藤原秀郷 フレッシュアイペディアより)

  • 陣屋

    陣屋から見た下野国下野国

    足利陣屋(栃木県足利市雪輪町)下野国足利郡足利にあった。宇都宮藩の支藩足利藩の藩庁。井戸と稲荷神社が現存する。また、門が1棟移築現存する。陣屋 フレッシュアイペディアより)

  • 毛野

    毛野から見た下野国下野国

    北関東の群馬県と栃木県南部を合わせた領域を指す地域名称、またはヤマト王権時代に同地域に築かれていたとされる勢力を指す名称である。史書には「毛野」の名称自体は使われていないが、「上毛野(かみつけの)」や「下毛野(しもつけの)」の名称が見られ、これらは毛野が分かれた後のものといわれる。律令制施行後は、上毛野は上野国(こうずけのくに:群馬県領域)に、下毛野は那須(栃木県北部)を加えて下野国(しもつけのくに:栃木県領域)と定められた。この過程で「毛」の表記は省略されたが、「け」の読みは残されている。現在でも「毛野」の名残は、上毛・東毛・西毛・両毛という地域表現や、「毛野河」から転訛した鬼怒川(きぬがわ)の名称などに見られ、栃木県足利市には地区名として名前が現存している。毛野 フレッシュアイペディアより)

  • 新郷川俣関所

    新郷川俣関所から見た下野国下野国

    新郷川俣関所(しんごうかわまたせきしょ)は、武蔵国と下野国の間の利根川堤防上にあった関所である。利根川を越して日光へ通じる日光脇往還にある。現在の埼玉県側が羽生市上新郷、群馬県側が邑楽郡明和村に相当する。新郷川俣関所廃止後、跡地は、利根川改修により河底に位置する。「川俣関所碑」及び新郷川俣関所関連の古文書である「川俣関所関係古文書及び関係用具」は埼玉県の文化財に指定されている。新郷川俣関所 フレッシュアイペディアより)

  • 壬生氏

    壬生氏から見た下野国下野国

    壬生氏(みぶし)は、日本の氏族のひとつ。本姓は小槻氏。戦国時代、下野国壬生・鹿沼を中心に勢力を張った武家。壬生氏 フレッシュアイペディアより)

  • 平将門

    平将門から見た下野国下野国

    承平5年(935年)2月に将門は源護の子・扶らに常陸国真壁郡野本(筑西市)にて襲撃されるが、これらを撃退し扶らは討ち死にした。そのまま将門は大串・取手(下妻)から護の本拠である真壁郡へ進軍して護の本拠を焼き討ちし、その際に伯父の国香を焼死させた。同年10月、源護と姻戚関係にある一族の平良正は軍勢を集め鬼怒川沿いの新治郷川曲(八千代町)に陣を構えて将門とするが、この軍も将門に撃破され、良正は良兼に救いを求め、静観していた良兼も国香亡き後の一族の長として放置できず国香の子の平貞盛を誘って軍勢を集め、承平6年(936年)6月26日上総国を発ち将門を攻めるが、将門の奇襲を受けて敗走、下野国(栃木県)の国衙に保護を求めた。将門は下野国国府を包囲するが、一部の包囲を解いてあえて良兼を逃亡させ、その後国衙と交渉して自らの正当性を認めさせて帰国した。平将門 フレッシュアイペディアより)

  • 片角軍萱の戦い

    片角軍萱の戦いから見た下野国下野国

    片角軍萱の戦い(かたかくいくさがやのたたかい)は、1509年(永正6年)に下野国で行われた合戦。別名・片角原の戦いなど。片角軍萱の戦い フレッシュアイペディアより)

  • 本庄宗資

    本庄宗資から見た下野国下野国

    本庄 宗資 (ほんじょう むねすけ、寛永6年(1629年)頃 - 元禄12年8月16日(1699年9月9日))は、江戸時代前期の譜代大名。下野国足利藩主、のち常陸国笠間藩初代藩主。本庄松平家初代。はじめ公家の家臣(青侍)だったが、徳川綱吉の生母桂昌院の弟にあたるため、桂昌院の庇護を受けて大名に立身した。本庄宗資 フレッシュアイペディアより)

  • 伊達朝宗

    伊達朝宗から見た下野国下野国

    保元元年(1156年)、藤原氏本家の荘園でもあった下野国芳賀郡中村荘に住し中村八幡宮の南東に館を築いて中村荘を管理したため、中村太郎と称された。都において高松院の蔵人となり院の判官代となった。また東宮(皇太子)を守護する代官になり地方官としては、遠江守、常陸介も勤めた。承安元年(1171年)、この頃に職を辞して下野国中村に戻り荘厳寺を再興した。伊達朝宗 フレッシュアイペディアより)

1698件中 31 - 40件表示

「栃木西部のできごと」のニューストピックワード