1369件中 31 - 40件表示
  • 小山藩

    小山藩から見た下野国下野国

    小山藩(おやまはん)は、下野国(現在の栃木県小山市)に存在した藩。小山藩 フレッシュアイペディアより)

  • 東昌寺 (五霞町)

    東昌寺 (五霞町)から見た下野国下野国

    この寺は、1429年(永享元年)簗田持助の開基により即庵宗覚を開山として下野国野渡りの里(現在の栃木県野木町野渡)に創建されたのに始まると伝えられる。1575年(天正4年)に五霞町山王に移り、末寺500を数える寺となったが、火災で本堂を焼失したため現在地に移転した。東昌寺 (五霞町) フレッシュアイペディアより)

  • 宇都宮満綱

    宇都宮満綱から見た下野国下野国

    宇都宮 満綱(うつのみや みつつな、天授2年/永和2年(1376年) - 応永14年10月3日(1407年11月2日))は室町時代中期の武将で、下野国の宇都宮氏第12代当主。第11代当主宇都宮基綱の子。母は細川頼元の娘。子に第13代当主宇都宮持綱室。宇都宮満綱 フレッシュアイペディアより)

  • 宇都宮基綱

    宇都宮基綱から見た下野国下野国

    宇都宮 基綱(うつのみや もとつな、正平5年/観応元年(1350年) - 天授6年/康暦2年5月16日(1380年6月19日))は室町時代中期の武将で、下野国の宇都宮氏第11代当主。第10代当主宇都宮氏綱の子。第12代当主宇都宮満綱の父。妻は細川頼元の娘。下野守宇都宮基綱 フレッシュアイペディアより)

  • 柿岡藩

    柿岡藩から見た下野国下野国

    寛永元年(1624年)、常陸国新治郡柿岡をはじめ、上野や下野において5000石の知行を領していた稲葉正勝は、常陸国真壁郡に5000石を加増されて1万石の大名となり、柿岡藩が立藩した。正勝の父は小早川秀秋に仕えた家老・稲葉正成。母は稲葉重通の養女で、正勝自身も徳川家光に仕えていたことから加増を受けたのである。柿岡藩 フレッシュアイペディアより)

  • 真岡藩

    真岡藩から見た下野国下野国

    真岡藩(もおかはん)は、下野芳賀郡真岡郷(現在の栃木県真岡市)に存在した藩。真岡藩 フレッシュアイペディアより)

  • 八田知家

    八田知家から見た下野国下野国

    保元元年(1156年)の保元の乱では源義朝側について戦い、功績をあげる。治承4年(1180年)8月の源頼朝挙兵に早くから参じており、同年には下野国茂木郡地頭職を安堵された。寿永2年(1183年)野木宮合戦に参加。元暦元年(1184年)8月の源範頼率いる平氏追討軍に従軍。文治元年(1185年)4月、前年に源義経が無断任官で頼朝の怒りを買った際、知家も右衛門尉に任官しており、頼朝から「鎮西に下向する途中に京で任官するなど、怠け馬が道草を食うようなものだ」と小山朝政と共に罵倒されている。文治5年(1189年)7月の奥州合戦では千葉常胤と共に東海道大将軍に任ぜられ、福島の浜通りから奥州藤原氏を追い詰めた。八田知家 フレッシュアイペディアより)

  • 大田原氏

    大田原氏から見た下野国下野国

    大田原氏(おおたわらし)は下野国の豪族、近世大名の名族。大田原氏 フレッシュアイペディアより)

  • 秦大魚

    秦大魚から見た下野国下野国

    秦 大魚(はた の おおな、生没年不詳)は、奈良時代の貴族。氏姓は秦前忌寸のち秦忌寸。従七位下秦広庭の子。子に首麻呂・真成がいる。官位は外従五位下・下野守。秦大魚 フレッシュアイペディアより)

  • 茂木氏

    茂木氏から見た下野国下野国

    茂木氏(もてぎし)は、中世下野国を根拠とした武家。茂木氏 フレッシュアイペディアより)

1369件中 31 - 40件表示

「栃木西部のできごと」のニューストピックワード