1369件中 41 - 50件表示
  • 手代

    手代から見た下野国下野国

    優秀な手代は幕臣に登用されることもあった。例えば、岸本就実(きしもとなりよし、通称は武太夫、寛保2年(1742年)7月7日─文化7年(1810年)11月7日)がいる。岸本は、美作国の庄屋の子弟であったが、倉敷代官所の下役として採用され、さらに幕臣に登用された。のちに、下野国藤岡代官所・下野国真岡代官所などの代官となり、天明の大飢饉や農村荒廃に疲弊した農村の復興に励んだ。手代 フレッシュアイペディアより)

  • 岩槻藩

    岩槻藩から見た下野国下野国

    翌年10月20日、下野国内から老中の青山忠俊が4万5000石で入ったが、元和9年(1623年)10月19日、第3代将軍・徳川家光の勘気を蒙って上総国大多喜藩へ2万石に減らされた上で転封となった。その後を相模国小田原藩から阿部正次が5万5000石で入る。正次は寛永3年(1626年)4月6日、大坂定番に転出されて所領を8万6000石に加増される。正次が大坂に転出した後、岩槻の治世は嫡男の阿部政澄が3万石で担当した。しかし政澄が寛永5年(1628年)8月に早世したため、正次の次男で三浦氏を継いでいた阿部重次が復姓し、寛永15年(1638年)11月7日、岩槻に5万9000石で入った(同年に老中になっている)。正保4年(1647年)11月14日、父の正次が大坂にて死去すると、重次は正式に家督と、父親の遺領、さらに1万石加増の合計9万9000石の所領を継いだ。岩槻藩 フレッシュアイペディアより)

  • 那須記

    那須記から見た下野国下野国

    『那須記』(なすき)は、水戸藩領の下野国武茂(現在の栃木県那珂川町)の庄屋であった大金重貞が、延宝年間(1673年 - 1680年)に著した書物。全16巻。下野国の名族那須氏の歴史について、軍記物風に記されている。ただ、歴史的事実とは異なる民間伝承(言い伝え)の類いが多々含まれており、「歴史書」として正確とは言い難い記述も目立つが、那須氏を知る上で代表的な資料の一つに挙げられる。「続群書類従第二十二巻上(合戦部)」に収録。那須記 フレッシュアイペディアより)

  • 伊吉古麻呂

    伊吉古麻呂から見た下野国下野国

    伊吉 古麻呂(いき の こまろ、生没年不詳)は、奈良時代の貴族。氏姓は伊吉連。伊吉綱田(あるいは阿弥田)の子とする系図がある。官位は従五位上・下野守。伊吉古麻呂 フレッシュアイペディアより)

  • 千本義隆

    千本義隆から見た下野国下野国

    天正17年(1589年)8月に豊臣秀吉より呼び出しを受けたが、これに遅参して速やかに上京して拝謁しなかった事を責められ、所領の下野国内30ヶ村のうち23ヶ村を没収された。千本義隆 フレッシュアイペディアより)

  • 松平忠弘

    松平忠弘から見た下野国下野国

    松平 忠弘(まつだいら ただひろ)は、江戸時代初期の大名。播磨国姫路藩主、出羽国山形藩主、下野国宇都宮藩主、陸奥国白河藩主。奥平松平家2代。松平忠弘 フレッシュアイペディアより)

  • 那須資弥

    那須資弥から見た下野国下野国

    那須 資弥(なす すけみつ、寛永5年(1628年)- 貞享4年6月25日(1687年8月2日))は、江戸時代前期の大名、下野烏山藩初代藩主。青山利長の次男。養父は那須資景。正室は土井利勝の娘。子は増山正弥(長男)、福原資寛(次男)。養子に那須資徳(津軽信政の三男)。初名は高春、資政。別名は資祇。通称は千福、友之助。官位は従五位下遠江守。那須資弥 フレッシュアイペディアより)

  • 壬生胤業

    壬生胤業から見た下野国下野国

    壬生 胤業(みぶ たねなり)は、室町時代?戦国時代の武将。壬生氏初代当主で、下野宇都宮氏の家臣。壬生城城主。壬生晨照の子で綱重の父。壬生胤業 フレッシュアイペディアより)

  • 田名

    田名から見た下野国下野国

    江戸時代には高座郡田名村とされ、後期には隣接する大島村とともに全域が下野烏山藩の飛び地領となった。これはほとんどの村が相給とされた相模原地域、また高座郡北部では珍しい例である。烏山藩の支配の下、幕末の1858年(安政5年)には久所の自然堤防東側の水田に相模川本流から水を引き込むための用水(烏山用水)が建設されたが、1860年(万延元年)洪水によって堤防が決壊し用水は破損してしまった。地元の有力農民であった江成久兵衛がこの復旧に乗り出し、28年の年月と私財をかけて築堤事業を進めた。彼の築いた堤防は「久兵衛堤防」と呼ばれたが、現存しない。田名 フレッシュアイペディアより)

  • 宇都宮隆綱

    宇都宮隆綱から見た下野国下野国

    宇都宮 隆綱(うつのみや たかつな、寛永4年(1627年) - 元禄13年(1700年))は下野の戦国大名宇都宮氏の嫡流の子孫で、水戸藩家老。宇都宮義綱の子。室は徳川頼房の十二女、梅子(浄雲院)。子に宇都宮宏綱。弥三郎。官位は下野守従五位下。宇都宮隆綱 フレッシュアイペディアより)

1369件中 41 - 50件表示

「栃木西部のできごと」のニューストピックワード