1698件中 41 - 50件表示
  • 日光二荒山神社

    日光二荒山神社から見た下野国下野国

    日光二荒山神社(にっこうふたらさんじんじゃ)は、栃木県日光市にある神社。式内社(名神大社)論社、下野国一宮。旧社格は国幣中社で、現在は神社本庁の別表神社。日光二荒山神社 フレッシュアイペディアより)

  • 天狗党の乱

    天狗党の乱から見た下野国下野国

    藤田小四郎ら筑波勢は、元治元年4月3日(1864年5月8日)に下野国日光(栃木県日光市)へと進んだ。彼らは徳川家康を祀った聖地である日光東照宮を占拠して攘夷の軍事行動に踏みきる予定であったが、日光奉行・小倉正義の通報を受けた近隣各藩の兵が出動したため、小四郎らは日光から太平山(栃木県栃木市)へと移動し、同地に5月末までに滞在した。天狗党の乱 フレッシュアイペディアより)

  • 河内経国

    河内経国から見た下野国下野国

    父方の叔父である源義国が上洛し、京都で活動を始めると邸に引き取られ、後に義国を烏帽子親として元服した。「経」は藤原経実、「国」は義国よりの偏諱とされる。その後藤原経実の家人となり、その息女(生母不詳)を正室とし、経実の信任厚く武技を認められ、その警護を務めた。後年、義国の家司となり、下野国足利へ移住した。河内経国 フレッシュアイペディアより)

  • 内田正信

    内田正信から見た下野国下野国

    内田 正信(うちだ まさのぶ)は、江戸時代前期の旗本、大名。下総小見川藩主、のち下野鹿沼藩の初代藩主。小見川藩内田家初代。内田正信 フレッシュアイペディアより)

  • 那須記

    那須記から見た下野国下野国

    『那須記』(なすき)は、水戸藩領の下野国武茂(現在の栃木県那珂川町)の庄屋であった大金重貞が、延宝年間(1673年 - 1680年)に著した書物。全16巻。下野国の名族那須氏の歴史について、軍記物風に記されている。ただ、歴史的事実とは異なる民間伝承(言い伝え)の類いが多々含まれており、「歴史書」として正確とは言い難い記述も目立つが、那須氏を知る上で代表的な資料の一つに挙げられる。「続群書類従第二十二巻上(合戦部)」に収録。那須記 フレッシュアイペディアより)

  • 利基王

    利基王から見た下野国下野国

    利基王(としもとおう、弘仁13年(822年) - 貞観8年1月24日(866年2月13日))は、平安時代前期の皇族。桓武天皇の孫。二品・賀陽親王の六男。子に平潔行がいる。官位は従四位上・下野権守。利基王 フレッシュアイペディアより)

  • 那須資親

    那須資親から見た下野国下野国

    那須 資親(なす すけちか、生年不詳 - 永正11年(1514年)?)は室町時代から戦国時代の武将。下野の戦国大名上那須氏当主。那須氏資の子、那須明資の弟。女子(宇都宮成綱妻)、女子(那須資永妻)、那須資久の父。大膳大夫。那須資親 フレッシュアイペディアより)

  • 川勝広英

    川勝広英から見た下野国下野国

    寛文5年(1665年)、川勝隆房の三男として江戸に生まれ、後に川勝広宣の末期養子となった。元禄3年(1690年)8月6日、義父広宣の死去により、その家督(下野内300石、蔵米400俵)を継ぎ、同年10月23日に初めて将軍徳川綱吉に謁見した。川勝広英 フレッシュアイペディアより)

  • 永正の内訌 (下野宇都宮氏)

    永正の内訌 (下野宇都宮氏)から見た下野国下野国

    その戦火は次第に北関東へと広まった。永正3年(1506年)、古河公方足利政氏と嫡子の足利高基両名の政治抗争が起こる。この対立によって足利高基は下野国宇都宮へと逃れ、義父の宇都宮成綱に庇護される。これを契機に宇都宮成綱は古河公方家の内紛に介入する。高基を古河公方に擁立し、勢力の拡大を狙ったものであった。永正の内訌 (下野宇都宮氏) フレッシュアイペディアより)

  • 西郷寿員

    西郷寿員から見た下野国下野国

    西郷 寿員(さいごう ひさかず)は、江戸時代中期の大名、旗本(交代寄合)。安房東条藩の第3代藩主、下野上田藩主。西郷寿員 フレッシュアイペディアより)

1698件中 41 - 50件表示

「栃木西部のできごと」のニューストピックワード