1698件中 51 - 60件表示
  • 基棟王

    基棟王から見た下野国下野国

    貞観2年(860年)21年振りに従四位上に昇叙され、翌貞観3年(861年)下野権守に任ぜられると、越中守・伊勢守と清和朝では主に地方官を務めた。基棟王 フレッシュアイペディアより)

  • 棟氏王

    棟氏王から見た下野国下野国

    棟氏王(むねうじおう、生年不詳 - 貞観5年1月22日(863年2月13日))は、平安時代前期の皇族。桓武天皇の孫。三品・葛井親王の子。官位は従四位下・下野守。棟氏王 フレッシュアイペディアより)

  • 玉生城

    玉生城から見た下野国下野国

    玉生城(たまにゅうじょう)は、下野国塩谷郡(現・栃木県塩谷郡塩谷町大字玉生)にあった日本の城(山城)。建長6年(1254年)築城。慶長2年(1597年)10月13日廃城。玉生城 フレッシュアイペディアより)

  • 宇都宮興禅寺刃傷事件

    宇都宮興禅寺刃傷事件から見た下野国下野国

    宇都宮興禅寺刃傷事件(うつのみやこうぜんじにんじょうじけん)は、寛文8年(1668年)3月2日、下野興禅寺(栃木県宇都宮市)において、宇都宮藩の前藩主・奥平忠昌の法要の際に起こった家臣相互の刃傷事件。4年後の浄瑠璃坂の仇討の原因となった。宇都宮興禅寺刃傷事件 フレッシュアイペディアより)

  • 宇都宮満綱

    宇都宮満綱から見た下野国下野国

    宇都宮 満綱(うつのみや みつつな、天授2年/永和2年(1376年) - 応永14年10月3日(1407年11月2日))は室町時代中期の武将で、下野国の宇都宮氏第12代当主。第11代当主宇都宮基綱の子。母は細川頼元の娘。子に第13代当主宇都宮持綱室。宇都宮満綱 フレッシュアイペディアより)

  • 宇都宮基綱

    宇都宮基綱から見た下野国下野国

    宇都宮 基綱(うつのみや もとつな、正平5年/観応元年(1350年) - 天授6年/康暦2年5月16日(1380年6月19日))は室町時代中期の武将で、下野国の宇都宮氏第11代当主。第10代当主宇都宮氏綱の子。弟に宇都宮氏広。妻は細川頼元の娘で、その間の子として第12代当主宇都宮満綱がいる。下野守。宇都宮基綱 フレッシュアイペディアより)

  • 高階令範

    高階令範から見た下野国下野国

    高階 令範(たかしな の よしのり、生没年不詳)は、平安時代前期の貴族。神祇伯・高階峯緒の子。官位は従五位下・下野権守。高階令範 フレッシュアイペディアより)

  • 藤原当幹

    藤原当幹から見た下野国下野国

    昌泰元年(898年)35歳で文章生に補せられると、左衛門少尉・六位蔵人を歴任し、延喜4年(904年)従五位下・下野守に叙任され地方官に転じる。藤原当幹 フレッシュアイペディアより)

  • 三浦明敬

    三浦明敬から見た下野国下野国

    三浦 明敬(みうら あきひろ)は、江戸時代中期の大名で、下野壬生藩第3代藩主、日向延岡藩主、三河刈谷藩初代藩主。美作勝山藩三浦家第3代。三浦明敬 フレッシュアイペディアより)

  • 結城政朝

    結城政朝から見た下野国下野国

    だが、成人した政朝は多賀谷基泰の勧めで多賀谷和泉守を一気に誅殺し、実権を奪回したのである(死因は不明だが、景貞も同時期に死去している)。そして結城氏の家中を取りまとめ、結城氏を戦国大名として脱皮させることにも成功した。その後、下野国の宇都宮成綱の娘を妻に迎えた。成綱の娘は、他にも古河公方足利高基に嫁いでいたので、足利高基、宇都宮忠綱、結城政朝は義兄弟となり、同盟関係となる。この関係から1514年の永正の乱では、岳父・宇都宮成綱とともに古河公方の内紛(政氏と高基の争い)の時は高基側についている。足利高基の古河公方擁立に加担して、足利政氏救援に向かった佐竹・岩城連合軍を宇都宮成綱と協力して高林合戦で打ち破った。岳父・成綱との関係は良好であり、宇都宮・結城両氏は相当強力な同盟関係であった。結城政朝 フレッシュアイペディアより)

1698件中 51 - 60件表示

「栃木西部のできごと」のニューストピックワード