1369件中 51 - 60件表示
  • 板室温泉

    板室温泉から見た下野国下野国

    板室温泉(いたむろおんせん)は、栃木県那須塩原市(旧国下野国)板室にある温泉である。日光国立公園内の那須岳南麓に位置し、那須湯本温泉などと同じ那須温泉郷に含めて総称する場合もある。標高は塩沢が530メートル程度、板室が600メートル程度である。板室温泉 フレッシュアイペディアより)

  • 藤田信吉

    藤田信吉から見た下野国下野国

    藤田 信吉(ふじた のぶよし)は、戦国時代から江戸時代前期にかけての武将、大名。下野西方藩初代藩主。藤田信吉 フレッシュアイペディアより)

  • 利基王

    利基王から見た下野国下野国

    利基王(としもとおう、弘仁13年(822年) - 貞観8年1月24日(866年2月13日))は、平安時代前期の皇族。桓武天皇の孫。二品・賀陽親王の六男。子に平潔行がいる。官位は従四位上・下野権守。利基王 フレッシュアイペディアより)

  • 烏山藩

    烏山藩から見た下野国下野国

    烏山藩(からすやまはん)は、下野国那須郡烏山(現在の栃木県那須烏山市城山)に存在した藩。藩庁は烏山城に置かれた。また、大久保家が藩主となった享保年間以降は相模国の鎌倉郡・高座郡・大住郡・愛甲郡の一部も支配し、愛甲郡厚木町(現神奈川県厚木市)に厚木役所(厚木陣屋)を置き、相模国内支配の拠点とした。烏山藩 フレッシュアイペディアより)

  • 藤原助

    藤原助から見た下野国下野国

    天長10年(833年)正良親王が即位(仁明天皇)すると正五位下・右近衛権中将に叙任され、翌承和元年(834年)には従四位下に昇叙と、仁明朝初頭は順調に昇進する。のち、右近衛中将・左兵衛佐、右衛門督と武官を歴任し、承和10年(843年)参議に任ぜられ公卿に列す。仁明朝の中期以降は昇進面でやや停滞し、甥の長良・良相兄弟らに昇進で先を越されるものの、議政官として右衛門督・左兵衛督などの武官や、加賀守・下野守・信濃守など主に東国の地方官を歴任した。藤原助 フレッシュアイペディアより)

  • 吉美侯部

    吉美侯部から見た下野国下野国

    また「陸奥国人」や「出羽国人」、「常陸国人」、「下野国人」、「伊予国人」、「豊後国人」、「肥前国人」ほか「吉弥侯何某の女」などとされる「吉弥侯部氏」「吉弥侯氏」については、吉弥侯部氏や吉弥侯氏出自の人物を高評し(「女」の場合は夫への貞節を尽くしたことを礼賛し)、勲等や姓を賜わったり課税を免除されるなどの記事が見られる。吉美侯部 フレッシュアイペディアより)

  • 佐野陣屋

    佐野陣屋から見た下野国下野国

    佐野陣屋(さのじんや)は栃木県佐野市植下町(下野国安蘇郡)にあった陣屋で、佐野藩の藩庁である。佐野陣屋 フレッシュアイペディアより)

  • 岡本正親

    岡本正親から見た下野国下野国

    岡本 正親(おかもと まさちか、享禄元年(1528年) - 慶長7年8月9日(1602年9月24日))は、下野国出身の戦国時代の武将。讃岐守、宮内少輔。岡本正親 フレッシュアイペディアより)

  • 堀田正敦

    堀田正敦から見た下野国下野国

    堀田 正敦(ほった まさあつ)は、近江堅田藩、のち下野佐野藩の藩主。江戸幕府の若年寄。佐倉藩堀田家分家6代。陸奥仙台藩主・伊達宗村の八男。堀田正敦 フレッシュアイペディアより)

  • 石川名足

    石川名足から見た下野守下野国

    761年(天平宝字6年)従五位下に初叙される。記憶力に優れ、弁舌巧みで判断力があった。実務に長けた有能な官人であったが、反面人格者ではなく周囲から疎んぜられていたのか、または父の又従兄弟で上司でもあった藤原仲麻呂の失脚の影響があったのか、下野守や陸奥鎮守将軍、大宰少弐など地方官を歴任した。石川名足 フレッシュアイペディアより)

1369件中 51 - 60件表示

「栃木西部のできごと」のニューストピックワード