1369件中 61 - 70件表示
  • 石井氏

    石井氏から見た下野国下野国

    本姓を藤原氏とする宇都宮氏族に石井氏ありという。下野国河内郡石井邑より起こる。石井氏 フレッシュアイペディアより)

  • 狭山藩

    狭山藩から見た下野国下野国

    天正19年(1591年)、氏直は嗣子無くして30歳の若さで死去した。このため、北条氏の嫡流は断絶したが、氏規がその跡を継いで後北条氏の当主となる。その後、罪を許されて氏規の子・北条氏盛は下野国内で4,000石、氏規も河内狭山で7,000石を領することになる。慶長5年(1600年)、氏規が没すると氏盛はその家督と遺領を継いで1万1,000石の大名となる。これが狭山藩の始まりである。以後、後北条氏12代の支配で明治維新にまで至った。狭山藩 フレッシュアイペディアより)

  • 大中臣諸魚

    大中臣諸魚から見た下野国下野国

    宝亀2年(771年)皇后宮少進に任ぜられたのち、同年7月に右衛士大尉に転じ、宝亀6年(775年)中衛将監を経て、宝亀7年(776年)従五位下・衛門員外佐に叙任される。その後も、宝亀8年(777年)衛門佐、宝亀10年(779年)中衛少将、宝亀11年(780年)右衛士佐と武官を務める一方、備前介・下野守と地方官を兼ねている。大中臣諸魚 フレッシュアイペディアより)

  • 川越市の歴史

    川越市の歴史から見た下野国下野国

    律令制が確立すると、入間川に近い上戸には入間郡役所である入間郡家(いるまぐうけ)が置かれ、上野国・下野国から武蔵国の国府(府中)に至る官道の東山道武蔵路が通じ、日本各地で作られた須恵器や土師器が出土しておりこの地方の中心であったことが分かる。川越市の歴史 フレッシュアイペディアより)

  • 宇都宮仕置

    宇都宮仕置から見た下野国下野国

    天正18年(1590年)7月13日、関東に台頭していた相模国の後北条氏を小田原城にて降伏させた豊臣秀吉は、同17日に鎌倉に入り鶴岡八幡宮を参詣する。鎌倉への滞在は2日間のみで、同19日には鎌倉を出立、7日後の7月26日に下野国宇都宮城に入城した。宇都宮での秀吉の滞在期間は合計11日間に達し、会津への巡察行軍を行って再び宇都宮に入城するまでの8月4日から同14日まで10日間を含めると、その期間は20日間にも及んだ。秀吉が宇都宮での滞在期間が長期に亘った理由として、公的には折からの長雨のためとされているが、26日の秀吉の宇都宮着陣に先立ち、既に常陸の佐竹義宣、南部の南部信直が宇都宮入りしており、また秀吉が宇都宮に着いた翌々28日には伊達政宗が奥州への迎えの為として宇都宮入りするなど、関東、奥羽の大名達が宇都宮に出頭している。また、7月13日の時点で秀吉傘下の五奉行のうち増田長盛配下が先に宇都宮に着いており、宇都宮城を接収していたとも云われている。当時、宇都宮城は宇都宮氏の勢力下にあったが、宇都宮氏は居城を多気山城に移していたため政治的摩擦は殆ど無かったと云われている。ほか、宇都宮には秀吉着城前までに金森長近や京極高次らの豊臣家臣も駐留していた。宇都宮仕置 フレッシュアイペディアより)

  • 下野宇都宮氏

    下野宇都宮氏から見た下野国下野国

    下野宇都宮氏(しもつけうつのみやし)は藤原北家道兼流の名族・宇都宮氏の嫡流である。代々下野国司を務め、鬼怒川(当時は毛野川)流域一帯を治めた大身。奥州を見据える要衝の地・宇都宮及び日光の地を治める社務職(宇都宮検校等)を務め、京都との繋がりが強かった。下野宇都宮氏 フレッシュアイペディアより)

  • 平良兼

    平良兼から見た下野国下野国

    甥であり聟でもある将門とはかねてから不仲であり、兄の国香が、将門と舅の源護の息子らの抗争に巻き込まれ死亡した際には不介入であったものの、将門にとっては伯父にあたる良正をも打ち破るに至って武力介入し、将門との対立の中心に立つようになる。父国香を死に追い込んだ将門との和平路線を取る甥の貞盛を批判・説得して味方に引き入れ、下野を目指し出陣した。承平6年(936年)6月、良正・貞盛と共に下野国境にて将門と合戦になり数では圧倒的に勝るも敗れ、下野国府に退却。国府は包囲されるも、将門は包囲の一角を解きあえて良兼を逃した。平良兼 フレッシュアイペディアより)

  • 太田資宗

    太田資宗から見た下野国下野国

    太田資宗(おおた すけむね、慶長5年11月22日(1600年12月27日) - 延宝8年1月22日(1680年2月22日))は江戸時代初期の譜代大名、若年寄。下野国山川藩主、三河国西尾藩主、遠江国浜松藩初代藩主。官位官職は従五位下・備中守。掛川藩太田家初代。太田資宗 フレッシュアイペディアより)

  • 木村氏

    木村氏から見た下野国下野国

    下野国都賀郡木村(現在の栃木県栃木市都賀町木)が発祥。藤原北家秀郷流で、藤姓足利氏の祖である足利成行の玄孫信綱を祖とする。『太平記』巻3に見える木村次郎左衛門もこの一族とされる。また子孫に、江戸時代の幕臣として3家が『寛政重修諸家譜』に掲載されている。家紋は三頭左巴、または五三桐。木村氏 フレッシュアイペディアより)

  • 阿曽沼氏

    阿曽沼氏から見た下野国下野国

    藤姓足利氏の一族。足利有綱の子・四郎広綱が下野国安蘇郡阿曽沼を領して阿曽沼氏を名乗ったのにはじまる。阿曽沼氏 フレッシュアイペディアより)

1369件中 61 - 70件表示

「栃木西部のできごと」のニューストピックワード