1369件中 71 - 80件表示
  • 内田正信

    内田正信から見た下野国下野国

    内田 正信(うちだ まさのぶ)は、江戸時代前期の旗本、大名。下総小見川藩主、のち下野鹿沼藩の初代藩主。小見川藩内田家初代。内田正信 フレッシュアイペディアより)

  • 有馬氏倫

    有馬氏倫から見た下野国下野国

    享保元年(1716年)の御側御用取次就任時に紀州藩時代と同じ石高のまま伊勢国三重郡内で1,300石が与えられ、7月22日に従五位下兵庫頭に叙任。享保2年(1717年)1月11日には下野国芳賀郡内で1,000石が加増された。享保11年(1726年)1月11日、伊勢国多気郡・河曲郡・三重郡内、下野国河内郡内、上総国市原郡内において7,700石の加増を受け、都合1万石を領する大名となった。享保12年(1727年)閏1月28日に領知朱印状が発給されている(伊勢西条藩)。しかし自らは吉宗に近侍して領地に赴くことはなく、藩政は代官に任せていた。享保13年(1728年)4月には吉宗の日光参詣に供奉した。享保17年(1732年)2月、歩行による供奉を免除される処遇を受けた。有馬氏倫 フレッシュアイペディアより)

  • 葛飾県

    葛飾県から見た下野国下野国

    このため、1868年(慶応4年)5月7日、政府は応急措置として佐賀藩主・鍋島直大を下総野鎮撫府に任命し、下総国葛飾郡古河宿(現在の茨城県古河市)に派遣して下総国・下野国の両国を監督させた。だが当時、下野国内では旧幕府軍との戦いが継続されており、5月17日には真岡の幕府代官・山内源七郎が突如、佐賀藩兵に捕らえられて処刑されるなど緊迫していたため、下総国内にまで手が回らなかった。6月には下総野鎮撫府が宇都宮城に移転している。一部の佐賀藩兵は駐屯したものの、支配下に服した下総諸藩が暫定的に管理している状況であった。葛飾県 フレッシュアイペディアより)

  • 取次 (豊臣政権)

    取次 (豊臣政権)から見た下野国下野国

    こうした「取次」をめぐる重層的で複雑な関係は、山本博文によれば、いまだ戦時色が強く、諸大名の旗幟の定まらない段階における「手筋としての取次」=「御取次之筋目」(外交交渉のルート)が複数存在していることの現れであった。ここでの「取次」は、役割のうえでは戦国時代における交渉役と同じであり、その場合、交渉にあたる人物は交渉相手に献身することによって双方を良好な関係を築こうとすることも多かった。しかし、北条氏滅亡によって東国が平定され、天下一統が達成されると常陸国・下野国(栃木県)・安房国(千葉県)の諸大名に対して秀吉は増田長盛を「取次」にあて、特に佐竹氏に対しては長盛のほか石田三成をその任にあてるなど秀吉政権の奉行クラスに取次の任を担わせた。秀吉はやがて大名権力の内部に干渉して「指南」(指導)するなど、取次の役割と性質を変化させ、豊臣政権の公的な機構として運用した。取次 (豊臣政権) フレッシュアイペディアより)

  • 宇都宮城釣天井事件

    宇都宮城釣天井事件から見た下野国下野国

    宇都宮城釣天井事件(うつのみやじょうつりてんじょうじけん)は、江戸時代の元和8年(1622年)、下野国宇都宮藩主で江戸幕府年寄の本多正純が、宇都宮城に釣天井を仕掛けて第2代将軍徳川秀忠の暗殺を図ったなどの嫌疑を掛けられ、本多家は改易、正純が流罪となった事件である。ただし、実際には宇都宮城に釣天井の仕掛けは存在せず、改易は別の原因によるものとされる。宇都宮城釣天井事件 フレッシュアイペディアより)

  • 宝樹院

    宝樹院から見た下野国下野国

    下野国都賀郡高島村(現栃木県栃木市大平地域)の農民(後に下級武士)青木三太郎利長の娘(朝倉惣兵衛の子とも)。父は江戸に出て旗本の朝倉家に仕官するが、主君の金を使い込み江戸を追われ鹿麻村で蟄居となり、のち禁猟とされていた鶴を撃ったため死罪となる。宝樹院 フレッシュアイペディアより)

  • 佐野氏

    佐野氏から見た下野国下野国

    佐野氏(さのし)は、平安時代末期から江戸時代初期にかけて下野国を中心に栄えた一族。佐野氏 フレッシュアイペディアより)

  • 小山氏

    小山氏から見た下野国下野国

    小山氏(おやまし)とは、平安時代に武蔵国に本領を有し藤原秀郷の後裔と称した太田氏を出自とする地方豪族。1150年頃、政光がはじめて下野国小山に移住して小山氏を名乗った。政光は八田宗綱の女(後に源頼朝の乳母である寒河尼)を妻とし、頼朝の信頼厚く鎌倉幕府において重用されることとなった。小山氏 フレッシュアイペディアより)

  • 益子氏

    益子氏から見た下野国下野国

    益子氏の本姓は紀氏。家系は孝元天皇の血筋で応神天皇、神功皇后の大臣であった武内宿禰の末裔である。遠祖は諸説あり、大納言紀長谷雄、征東大将軍紀古佐美あるいは土佐守紀貫之ともいわれる。下野守護 宇都宮氏の重臣で同国の有力武士団 紀党の棟梁でもある。下野国芳賀郡益子邑を拠点に600町を有し、西明寺城をはじめとする八木岡城、上三川城諸城の城主でもあった。家紋は左三つ巴、隅切り角に左三つ巴、子持ち左巴、丸に片喰、丸に下がり藤、丸に三つ引き。益子氏 フレッシュアイペディアより)

  • 鳥羽藩

    鳥羽藩から見た下野国下野国

    代わって稲垣昭賢が下野国烏山藩から3万石で入り、ようやく藩主家が定着した。その後、稲垣氏は8代にわたって鳥羽を支配した。明治4年(1871年)の廃藩置県で鳥羽藩は廃藩となって鳥羽県、さらに度会県を経て三重県に編入された。鳥羽藩 フレッシュアイペディアより)

1369件中 71 - 80件表示

「栃木西部のできごと」のニューストピックワード