1698件中 71 - 80件表示
  • 古河宿

    古河宿から見た下野国下野国

    船渡町(ふなとまち): 船渡河岸があり、河岸問屋・井上平兵衛家を筆頭に船主・筏師が集まっていた。思川・渡良瀬川・ 利根川の結節点であるため、古河藩内の穀類等はもとより、 下野国各地から江戸への物資も高瀬舟で運ばれ集積された。また江戸から北関東の農家向けには、肥料や生活必需品が運び込まれて流通拠点となっていた。古河宿 フレッシュアイペディアより)

  • 岡本正親

    岡本正親から見た下野国下野国

    岡本 正親(おかもと まさちか)は、下野国出身の戦国時代の武将。紀清両党の片割れである芳賀氏の庶流岡本氏出身。岡本正親 フレッシュアイペディアより)

  • 佐野陣屋

    佐野陣屋から見た下野国下野国

    佐野陣屋(さのじんや)は栃木県佐野市植下町(下野国安蘇郡)にあった陣屋で、佐野藩の藩庁である。佐野陣屋 フレッシュアイペディアより)

  • 古河府

    古河府から見た下野国下野国

    2) 在国・古河周辺以外: 印東氏(下総印東荘)、梶原氏(下野小薬郷)、佐野氏(下野佐野荘)、高氏(下野足利荘内)、江戸氏(武蔵江戸)、石川氏(陸奥石川荘)、渋垂氏(下野足利荘内)、皆吉氏(上総真野郡)、村上氏(上総)、相馬氏(下総守谷)、大坪氏(上総)古河府 フレッシュアイペディアより)

  • 宇都宮隆綱

    宇都宮隆綱から見た下野国下野国

    宇都宮 隆綱(うつのみや たかつな、寛永4年(1627年) - 元禄13年(1700年))は下野の戦国大名宇都宮氏の嫡流の子孫で、水戸藩家老。宇都宮義綱の子。室は徳川頼房の十二女、梅子(浄雲院)。子に宇都宮宏綱。弥三郎。官位は下野守従五位下。宇都宮隆綱 フレッシュアイペディアより)

  • 大須賀党

    大須賀党から見た下野国下野国

    大須賀党(おおすがとう)は、下野の国司及び戦国大名宇都宮氏家中の精鋭として知られた軍事集団。大須賀党 フレッシュアイペディアより)

  • 平良兼

    平良兼から見た下野国下野国

    甥であり聟でもある将門とはかねてから不仲であり、兄の国香が、将門と舅の源護の息子らの抗争に巻き込まれ死亡した際には不介入であったものの、将門にとっては伯父にあたる良正をも打ち破るに至って武力介入し、将門との対立の中心に立つようになる。父国香を死に追い込んだ将門との和平路線を取る甥の貞盛を批判・説得して味方に引き入れ、下野を目指し出陣した。承平6年(936年)6月、良正・貞盛と共に下野国境にて将門と合戦になり数では圧倒的に勝るも敗れ、下野国府に退却。国府は包囲されるも、将門は包囲の一角を解きあえて良兼を逃した。平良兼 フレッシュアイペディアより)

  • 太田資宗

    太田資宗から見た下野国下野国

    太田 資宗(おおた すけむね)は、江戸時代前期の譜代大名、六人衆。下野山川藩主、三河西尾藩主、遠江浜松藩初代藩主。官位官職は従五位下・備中守。掛川藩太田家初代。太田資宗 フレッシュアイペディアより)

  • 成田泰親

    成田泰親から見た下野国下野国

    成田 泰親(なりた やすちか、生年不明 - 元和2年12月18日(1617年1月25日))は、戦国時代から江戸時代前期にかけての武将。下野烏山藩主。官途名は左衛門尉。妻は上杉憲盛の娘。成田泰親 フレッシュアイペディアより)

  • 芳賀高勝

    芳賀高勝から見た下野国下野国

    芳賀氏は清原氏の後裔。下野国の有力武士団・清党の棟梁で益子氏の紀党と共に紀清両党と呼ばれる。芳賀景高の子。芳賀高勝 フレッシュアイペディアより)

1698件中 71 - 80件表示

「栃木西部のできごと」のニューストピックワード