1698件中 81 - 90件表示
  • 芳賀高景

    芳賀高景から見た下野国下野国

    芳賀氏は清原氏の後裔。下野国の有力武士団・清党の棟梁で益子氏の紀党と共に紀清両党と呼ばれる。高景の家系は芳賀高清を祖とする芳賀氏庶流。芳賀高景 フレッシュアイペディアより)

  • 宇都宮城釣天井事件

    宇都宮城釣天井事件から見た下野国下野国

    宇都宮城釣天井事件(うつのみやじょうつりてんじょうじけん)は、江戸時代の元和8年(1622年)、下野国宇都宮藩主で江戸幕府年寄の本多正純が、宇都宮城に吊り天井を仕掛けて第2代将軍徳川秀忠の暗殺を図ったなどの嫌疑を掛けられ、本多家は改易、正純が流罪となった事件である。ただし、実際には宇都宮城に釣天井の仕掛けは存在せず、改易は別の原因によるものとされる。宇都宮城釣天井事件 フレッシュアイペディアより)

  • 岩槻藩

    岩槻藩から見た下野国下野国

    翌年10月20日、下野国内から老中の青山忠俊が4万5000石で入ったが、元和9年(1623年)10月19日、忠俊は3代将軍・徳川家光の勘気を蒙って上総国大多喜藩へ2万石に減知の上で転封となった。その後を相模国小田原藩から阿部正次が5万5000石で入る。正次は寛永3年(1626年)4月6日、大坂定番に転出して知行を8万6000石に加増される。正次が大坂に出た後、岩槻の統治は嫡男の阿部政澄が3万石で担当した。しかし政澄が寛永5年(1628年)8月に早世したため、正次の次男で三浦氏を継いでいた阿部重次が復姓し、寛永15年(1638年)11月7日、岩槻に5万9000石で入った(重次は同年に老中になっている)。正保4年(1647年)11月14日に父の正次が大坂で死去すると、重次は正式に家督を相続し、父の遺領に加えさらに1万石を加増されて都合9万9000石の藩主となった。岩槻藩 フレッシュアイペディアより)

  • 小槻氏

    小槻氏から見た下野国下野国

    この嫡流のほか、戦国時代の下野国武家・壬生氏が小槻氏後裔を称した。小槻氏 フレッシュアイペディアより)

  • 石橋氏

    石橋氏から見た下野国下野国

    甲斐、美濃、下野、三河、尾張、相模、武蔵、常陸などに石橋村がありこれらより起こる。源姓の石橋氏が最も有名である。現在千葉県、島根県、福岡県などに多い。石橋氏 フレッシュアイペディアより)

  • 堀田正衡

    堀田正衡から見た下野国下野国

    堀田 正衡(ほった まさひら)は、江戸時代後期から末期の大名、若年寄。下野佐野藩の第2代藩主。佐倉藩堀田家分家7代。堀田正衡 フレッシュアイペディアより)

  • 阿部忠秋

    阿部忠秋から見た下野国下野国

    阿部 忠秋(あべ ただあき)は、江戸時代前期の下野壬生藩・武蔵忍藩主。徳川家光・家綱の2代にわたって老中を務めた。同じく老中の阿部重次は従兄にあたる。阿部忠秋 フレッシュアイペディアより)

  • 板室温泉

    板室温泉から見た下野国下野国

    板室温泉(いたむろおんせん)は、栃木県那須塩原市(旧国下野国)板室にある温泉である。日光国立公園内の那須岳南麓に位置し、那須湯本温泉などと同じ那須温泉郷に含めて総称する場合もある。標高は塩沢が530メートル程度、板室が600メートル程度である。板室温泉 フレッシュアイペディアより)

  • 益子勝宗

    益子勝宗から見た下野国下野国

    益子 勝宗(ましこ かつむね、生没年不詳)は、戦国時代の武将。宇都宮氏の家臣。下野国芳賀郡益子城主。本姓は紀氏。受領名は宮内大輔。益子勝宗 フレッシュアイペディアより)

  • 堀田正敦

    堀田正敦から見た下野国下野国

    堀田 正敦(ほった まさあつ)は、近江堅田藩、のち下野佐野藩の藩主。江戸幕府の若年寄。佐倉藩堀田家分家6代。陸奥仙台藩主・伊達宗村の八男。堀田正敦 フレッシュアイペディアより)

1698件中 81 - 90件表示

「栃木西部のできごと」のニューストピックワード