前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
463件中 1 - 10件表示
  • ギラヴァンツ北九州

    ギラヴァンツ北九州から見た栃木SC栃木SC

    甲府から時久省吾、福岡から長野聡とウェリントン、熊本から河端和哉、水戸から村松潤を完全移籍で、柏から池元友樹(北九州へは4年ぶりの復帰)をレンタル移籍で獲得した。前シーズン途中に徳島よりレンタル移籍していた大島康明を完全移籍で獲得。さらにシーズン途中の7月に栃木SCからレオナルド、(インドネシア)から小森田友明を獲得した。ギラヴァンツ北九州 フレッシュアイペディアより)

  • カターレ富山

    カターレ富山から見た栃木SC栃木SC

    昨シーズン途中より指揮を執った安間と3年契約を結んだ。甲府から池端陽介、大西容平、愛媛から鶴田達也、栃木SCから飯田健巳、大宮からソ・ヨンドクを完全移籍で、愛媛から吉川健太、FC東京から平出涼を期限付き移籍で獲得。また、新卒選手4名が加入、計11名が入団した。さらに、シーズン中の6月30日、大宮から福田俊介を期限付き移籍で獲得した。カターレ富山 フレッシュアイペディアより)

  • モンテディオ山形

    モンテディオ山形から見た栃木SC栃木SC

    チームの看板選手として活躍した佐々木勇人がG大阪に、臼井幸平が湘南に、前田和也が関東1部の日立栃木UVAに、鷲田雅一がJFLの栃木SCに、鈴木亮平が北信越リーグ1部の松本山雅に、横山拓也が愛媛に完全移籍し、グスタヴォ(en)、須田興輔が退団した。モンテディオ山形 フレッシュアイペディアより)

  • 只木章広

    只木章広から見た栃木SC栃木SC

    栃木SC時代は、「栃木の皇帝」「ミスター栃木SC」 と称された。只木章広 フレッシュアイペディアより)

  • 田中等志

    田中等志から見た栃木SC栃木SC

    10年来のサポーターでもあったFC東京の普及部でプロの指導者としてのキャリアをスタートさせ、水戸ホーリーホック、ガイナーレ鳥取でコーチを歴任。2012年からは、栃木SCでフィジカルコーチを2年間務めた。2014年、大分トリニータのフィジカルコーチに就任。同年6月に土斐?浩一が大分のフィジカルコーチに就任した事に伴い、アシスタントコーチとなった。田中等志 フレッシュアイペディアより)

  • 東京ヴェルディ1969

    東京ヴェルディ1969から見た栃木SC栃木SC

    OBのラモス瑠偉が監督に就任。開幕後、課題とされた失点の多さは解消されなかった。スタメンがほぼ毎試合ごとに入れ替わり、デジマール、ヒキ、アナイウソン、バジーリオの外国籍選手4人はシーズン途中に解雇。最終順位は7位であった。天皇杯は初戦で栃木SC(当時はJFL所属)に敗退した。東京ヴェルディ1969 フレッシュアイペディアより)

  • ツエーゲン金沢

    ツエーゲン金沢から見た栃木SC栃木SC

    森下体制4年目。栃木SCからチャ・ヨンファン、清水から廣井友信を完全移籍で、CAメトロポリターノからジャーン・モーゼル、山形から秋葉勝を期限付き移籍で獲得。玉城峻吾、星野有亮が新加入し、金子昌広と水永翔馬が完全移籍で加入した。ツエーゲン金沢 フレッシュアイペディアより)

  • ベガルタ仙台

    ベガルタ仙台から見た栃木SC栃木SC

    シーズン終了後、DF朴柱成、DF内山俊彦、MFサッコーニが契約満了に伴い退団。この他、MF関口訓充が浦和、GK阿部陽輔が金沢へ完全移籍。DF原田圭輔が栃木SCへ期限付き移籍した。また、山形に期限付き移籍中だったFW中島裕希、鳥栖に期限付き移籍中だったMF高橋義希もそれぞれ完全移籍に移行となった。ベガルタ仙台 フレッシュアイペディアより)

  • 古波津辰希

    古波津辰希から見た栃木SC栃木SC

    古波津 辰希(こはつ たつき、1993年9月11日 - )は、沖縄県出身のサッカー選手。ポジションはMF。Jリーグ・栃木SC所属。古波津辰希 フレッシュアイペディアより)

  • 駒井善成

    駒井善成から見た栃木SC栃木SC

    2011年、京都サンガF.C.U-18よりトップチームに昇格。背番号は22番。J2に降格したチームが若手に切り替える方針になったこともあり、4月30日第9節の栃木SC戦で初のベンチ入り、後半の33分に中村充孝と交代で入り、Jリーグ初出場を果たした。6月29日第2節のロアッソ熊本 戦でJリーグ初スタメン、久保裕也、伊藤優汰と3トップを形成し、左のウイングで出場した。7月18日第21節の愛媛FC戦でJリーグ初ゴールを決めると、その後はウイングバックとしてコンスタントに試合に出場。9月1日第4節の愛媛FC戦でプロA契約締結条件である公式戦(J2)900分以上出場し、プロC契約からプロA契約変更を果たした。12月29日の天皇杯準決勝、横浜F・マリノス戦では久保裕也のアシストからダメ押しのゴールをあげ、決勝進出に貢献した。駒井善成 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
463件中 1 - 10件表示

「栃木SC」のニューストピックワード

[an error occurred while processing this directive]