前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
294件中 1 - 10件表示
  • 松田浩

    松田浩から見た栃木サッカークラブ栃木サッカークラブ

    松田 浩(まつだ ひろし、1960年9月2日 - )は、日本の元サッカー選手・指導者。長崎県長崎市出身。現Jリーグの栃木SC監督。松田浩 フレッシュアイペディアより)

  • パウロ・ロベルト・ゴンサガ

    パウロ・ロベルト・ゴンサガから見た栃木サッカークラブ栃木サッカークラブ

    パウリーニョ(Paulinho)こと、パウロ・ロベルト・ゴンサガ(Paulo Robert Gonzaga 、1989年1月26日 - )は、ブラジル出身で、Jリーグディビジョン2(J2)・栃木SC所属のプロサッカー選手。ポジションはミッドフィールダー。パウロ・ロベルト・ゴンサガ フレッシュアイペディアより)

  • 宇都宮市サッカー場

    宇都宮市サッカー場から見た栃木サッカークラブ栃木サッカークラブ

    宇都宮市サッカー場(うつのみやしサッカーじょう)は、栃木県宇都宮市が運営するサッカー場。栃木SCの練習場になって以降は、「栃木SC宇都宮フィールド」の名称も使われる。宇都宮市サッカー場 フレッシュアイペディアより)

  • 東京ヴェルディ1969

    東京ヴェルディ1969から見た栃木サッカークラブ栃木サッカークラブ

    開幕後、課題とされた失点の多さは解消されなかった。スタメンがほぼ毎試合ごとに入れ替わり、デジマール、ヒキ、アナイウソン、バジーリオの外国籍選手4人はシーズン途中に解雇。最終順位は7位であった。天皇杯は初戦で栃木サッカークラブ(当時はJFL所属)に敗退した。東京ヴェルディ1969 フレッシュアイペディアより)

  • ファジアーノ岡山

    ファジアーノ岡山から見た栃木サッカークラブ栃木サッカークラブ

    JFL4位以内という成績面の他、クラブの法人化やスタジアム整備などの他の条件もクリアし、JFL終了後のJリーグ臨時理事会でJリーグ ディビジョン2(J2)昇格が決定。中国地方ではサンフレッチェ広島に次ぐ第2のJリーグクラブ、中国・四国地方では広島、徳島ヴォルティス、愛媛FCに次いで4クラブ目。なお、栃木SC、カターレ富山も同時に昇格した。ファジアーノ岡山 フレッシュアイペディアより)

  • とちぎテレビ

    とちぎテレビから見た栃木サッカークラブ栃木サッカークラブ

    スポーツ編成に関しては、日本フットボールリーグ加盟時代から栃木SCの試合中継を続けており、Jリーグ加盟後も、生中継を含め栃木県グリーンスタジアムで行われるホームゲーム全試合をゴールデンタイムなどを含めて放送しており、これは関東地区の地上波でのJリーグの試合中継の多さは、隣県にある群馬テレビ制作のザスパ草津の試合中継に並ぶ多さとなっている。この他、HC日光アイスバックスの本拠地が栃木県日光市にある為、一時期全国的にも珍しくゴールデンタイムに同チームのアイスホッケーの試合を年数試合放送していた他、日本バスケットボールリーグに属す社会人クラブチーム・リンク栃木ブレックスの主管試合も年に数試合中継している(いずれもスカイ・Aとの共同制作。アイスホッケーに関しては現在スカイ・エーは製作を撤退)。とちぎテレビ フレッシュアイペディアより)

  • 菅和範

    菅和範から見た栃木サッカークラブ栃木サッカークラブ

    菅 和範(かん かずのり、1985年11月11日 - )は、Jリーグ・栃木SC所属のサッカー選手。愛媛県今治市出身(生まれは広島県竹原市)。ポジションはMF。菅和範 フレッシュアイペディアより)

  • 深澤幸次

    深澤幸次から見た栃木SC栃木サッカークラブ

    2007年セレクションを経て栃木SCに入団。シーズン終盤、左サイドハーフで途中出場するようになる。深澤幸次 フレッシュアイペディアより)

  • 久保田勲

    久保田勲から見た栃木サッカークラブ栃木サッカークラブ

    2006年5月、栃木SCに途中入団。主にボランチ、サイドハーフで出場、13試合に先発した。2007年には、堀田利明や期限付き移籍で加入した米田兼一郎とダブルボランチを組んだ。またシーズン終盤には、堀田の怪我による離脱もありレギュラーに定着。プレースキッカーも任された。久保田勲 フレッシュアイペディアより)

  • 横濱誠

    横濱誠から見た栃木サッカークラブ栃木サッカークラブ

    間もなく地元の栃木SCに移籍し、2002年までプレーした。横濱誠 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
294件中 1 - 10件表示

「栃木SC」のニューストピックワード