463件中 11 - 20件表示
  • 西河翔吾

    西河翔吾から見た栃木SC栃木SC

    西河 翔吾(にしかわ しょうご、1983年7月1日 - )は、広島県広島市中区出身のサッカー選手(ディフェンダー)。Jリーグ・栃木SC所属。広島修道大学出身者として唯一のJリーグ選手。西河翔吾 フレッシュアイペディアより)

  • 川田拳登

    川田拳登から見た栃木SC栃木SC

    川田 拳登(かわだ けんと、1997年7月9日 - )は、埼玉県出身のプロサッカー選手。J3リーグ・栃木SC所属。ポジションはディフェンダー、フォワード。川田拳登 フレッシュアイペディアより)

  • 二川孝広

    二川孝広から見た栃木SC栃木SC

    二川 孝広(ふたがわ たかひろ、1980年6月27日 - )は、大阪府高槻市出身のプロサッカー選手。Jリーグ・栃木SC所属。ポジションはミッドフィールダー。元日本代表。二川孝広 フレッシュアイペディアより)

  • 大黒将志

    大黒将志から見た栃木SC栃木SC

    2018年より栃木SCに期限付き移籍で加入すると発表された。大黒将志 フレッシュアイペディアより)

  • 栃木ウーヴァFC

    栃木ウーヴァFCから見た栃木SC栃木SC

    なお、同じ栃木県がホームタウンの栃木SCと区別するため、一部メディアでは「栃木U」、「栃木ウ」と表記される場合がある。同じく栃木県をホームタウンとする関東社会人サッカーリーグ所属のヴェルフェたかはら那須とは毎年プレシーズンマッチを「栃木南北決戦」と銘打って対戦している。栃木ウーヴァFC フレッシュアイペディアより)

  • FC町田ゼルビア

    FC町田ゼルビアから見た栃木SC栃木SC

    東京Vから深津康太、吉弘充志、AC長野パルセイロから向慎一を完全移籍で、柏から相馬大士、東京Vから田中貴大、高野光司を期限付き移籍でそれぞれ獲得。一方、鈴木崇文が岡山へ、勝又慶典が栃木SCへそれぞれ完全移籍。戸田和幸、ドラガン・ディミッチ、津田和樹が退団、酒井良が引退した。FC町田ゼルビア フレッシュアイペディアより)

  • 西川優大

    西川優大から見た栃木SC栃木SC

    2012年シーズンよりカターレ富山へ完全移籍した。2014年8月、栃木SCへ期限付き移籍。西川優大 フレッシュアイペディアより)

  • 水戸ホーリーホック

    水戸ホーリーホックから見た栃木SC栃木SC

    柱谷体制1年目。2010年大卒新人の藤川祐司と作田裕次が大分へ完全移籍した。他には大和田真史が栃木SCへ完全移籍、下田光平と森村昂太もレンタル期間の終了により退団。また、35試合に出場した大橋正博などが契約終了により退団した。水戸ホーリーホック フレッシュアイペディアより)

  • 愛媛FC

    愛媛FCから見た栃木SC栃木SC

    リーグ戦では、開幕戦で町田に2-0で勝利しその時点では千葉、東京Vと並んで首位になる。一旦10位となり第4節終了時に5位に浮上するも、前半戦は主に10位前後で推移、前半戦(第21節)終了時には9位であった。しかし、後半戦初戦の第22節アウェー福岡戦敗退から2連敗、3連敗各2回を含む13試合勝ちなし(3分10敗)と絶不調に陥り、第30節アウェー栃木戦に敗れ3連敗となった時点で18位に後退する。しかし、第35節ホーム岡山戦に勝利して連続未勝利記録を13で止めると、それから最終節までは8試合連続負けなし(4勝4分)で、16位でシーズンを終えた。天皇杯は、2回戦で湘南に敗退。なお、Jリーグクラブライセンス制度でJ2ライセンスの交付を受けた。シーズン終了後にバルバリッチが監督を退任した。愛媛FC フレッシュアイペディアより)

  • 石川雅博

    石川雅博から見た栃木SC栃木SC

    2002年に大塚FCジュニアに入団。翌2003年に大塚FCジュニア(現 徳島ヴォルティスジュニアユース)に昇格したが、ユースへの昇格は果たせなかった。しかし、鳴門高校卒業後の2009年より徳島ヴォルティスに入団。同年3月から約5カ月間南米パラグアイの日系ベルマーレにサッカー留学した。在籍3シーズン目の2011年、J1昇格のかかっていたリーグ終盤戦、累積警告による欠場者が多かった栃木SC戦でリーグ戦初出場を果たす。石川雅博 フレッシュアイペディアより)

463件中 11 - 20件表示

「栃木SC」のニューストピックワード

[an error occurred while processing this directive]