294件中 51 - 60件表示
  • FC岐阜

    FC岐阜から見た栃木サッカークラブ栃木サッカークラブ

    監督に倉田安治が、ヘッドコーチに元FC刈谷監督の浮氣哲郎が就任。3年後のJ1昇格を目標とする。高木和正(栃木)、橋内竜真(JFLのMIOびわこ草津へレンタル移籍)が移籍、菊池完、大友慧、水谷允俊らが退団。代わりに、村尾龍矢、村上一樹、阪本一仁、山内智裕(2009年は特別指定選手)が入団。朴基棟、フラビオ・ペレイラの新外国人選手が加入。吉本一謙、押谷祐樹のレンタル移籍期間が延長した。また、今西和男に変わって服部順一がGMに就き、今西は社長業に専念することとなった。また、岐阜市の姉妹都市であるブラジル・カンピーナスとの交流事業の一環として同市のサッカー選手サイモン・ガブリエルを獲得。7月にはFC刈谷の池上礼一を獲得、大宮より新井涼平をレンタル移籍で獲得。2010年はリーグ戦で昨年の12位より順位を2つ下げて14位。FC岐阜 フレッシュアイペディアより)

  • 李鍾民

    李鍾民から見た栃木サッカークラブ栃木サッカークラブ

    その後、Kリーグの蔚山現代や大邱FCの練習に参加するも何処も契約とはいたらず、無所属の状態が続いていたが、2009年8月、同じく京畿道出身のFW崔根植と共にJリーグの栃木SCに入団。だがJリーグへの出場はなく、契約満了となり半年でクラブを去った。李鍾民 フレッシュアイペディアより)

  • 鹿島アントラーズ

    鹿島アントラーズから見た栃木サッカークラブ栃木サッカークラブ

    またこのシーズンをもって大岩剛が現役を引退した。さらに、笠井健太、ジウトンと契約を結ばず、マルキーニョスが仙台、船山祐二が山形、大道広幸が岡山へ完全移籍、川俣慎一郎が仙台、川島大地が山形、宮崎智彦が横浜FC、鈴木修人が栃木SC、佐々木竜太が湘南へレンタル移籍となった。鹿島アントラーズ フレッシュアイペディアより)

  • 松本修

    松本修から見た栃木サッカークラブ栃木サッカークラブ

    松本修 (サッカー選手) - 栃木SCに所属するサッカー選手。松本修 フレッシュアイペディアより)

  • 栃木SC

    栃木SCから見た栃木サッカークラブ栃木サッカークラブ

    栃木SC フレッシュアイペディアより)

  • 小谷亜希子

    小谷亜希子から見た栃木サッカークラブ栃木サッカークラブ

    2005年10月8日、当時東京ヴェルディ1969に所属していたサッカー選手(現・栃木SC所属)の米山篤志(元サッカー日本代表DF)と結婚。2009年9月10日に第1子(長男)が誕生。小谷亜希子 フレッシュアイペディアより)

  • 渡辺裕介

    渡辺裕介から見た栃木サッカークラブ栃木サッカークラブ

    渡辺 裕介(わたなべ ゆうすけ、11月10日 - )は、栃木県日光市(旧:今市市)出身のアナウンサー。宇都宮大学教育学部卒業。2000年よりアナウンサー活動を開始。2000年春から3年間、FM鹿児島で勤務後、2003年からはRADIO BERRY(FM栃木)所属。過去には栃木SCのスタジアムDJも担当していた。血液型はO型。渡辺裕介 フレッシュアイペディアより)

  • 栃木県総合運動公園陸上競技場

    栃木県総合運動公園陸上競技場から見た栃木サッカークラブ栃木サッカークラブ

    2008年までJFLに在籍していた栃木サッカークラブ(栃木SC)がホームゲームを開催することがあったが、これは同クラブのホームスタジアムである栃木県グリーンスタジアムと比べてアクセスがよいことと、収容人数が多いことの2点において秀でているためであると言える。同クラブが2009年から日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)2部に昇格したため、このスタジアムでの開催試合数が増える可能性もある。しかし専用スタジアムである栃木県グリーンスタジアムの方がサポーターからの評判もよく、メインスタンドの通路が狭いなどの欠点もあるため、栃木SCサポーターからは、あまりこのスタジアムを積極的には使用して欲しくないとの声も聞かれる。栃木県総合運動公園陸上競技場 フレッシュアイペディアより)

  • 自然の森総合公園サッカー場

    自然の森総合公園サッカー場から見た栃木SC栃木サッカークラブ

    自然の森総合公園サッカー場(しぜんのもりそうごうこうえんサッカーじょう)は、鹿沼市が運営しているサッカー専用スタジアムで、自然の森総合公園内に立地している。栃木SC宇都宮フィールド(宇都宮市サッカー場)が改修されるまで、J2栃木SCが練習場として使用していた。このサッカー場が完成するまで、同クラブには固定の練習場もクラブハウスもなかったが、当サッカー場の開場により、その2つをクラブ史上初めて手に入れることになった(ただし、クラブハウスはあくまで鹿沼市所有のもので、栃木SC専用というわけではなかった)。フィールドは人工芝で、これまでJ1の開催実績はないが、天皇杯の栃木県予選などが行われている。自然の森総合公園サッカー場 フレッシュアイペディアより)

  • トヨタウッドユーホーム

    トヨタウッドユーホームから見た栃木サッカークラブ栃木サッカークラブ

    元は、宇都宮産業開発株式会社として設立し、1988年からは株式会社ユーエスケー(USK)、1998年にはトヨタ自動車と業務提携することにより、社名をトヨタウッドユーホーム株式会社へと変更した。2002年にはトヨタ自動車の完全子会社となった。栃木サッカークラブのスポンサーでもある。トヨタウッドユーホーム フレッシュアイペディアより)

294件中 51 - 60件表示

「栃木SC」のニューストピックワード