463件中 61 - 70件表示
  • 足利市総合運動公園陸上競技場

    足利市総合運動公園陸上競技場から見た栃木サッカークラブ栃木SC

    開場は1947年と歴史があるが、現在のスタジアムは足利市振興計画において日本陸連第二種公認競技場として全面改修され、1999年3月にリニューアルオープンしたものである。以来、J2のザスパ草津、水戸ホーリーホック、栃木SCのホームゲームが開催されている。特に、栃木SCの主催試合では「足利劇場」と呼ばれるほど劇的な試合が展開されていたが、2010年以後はJリーグ開催基準の厳格な規定があるため開催されなくなった。足利市総合運動公園陸上競技場 フレッシュアイペディアより)

  • 内村圭宏

    内村圭宏から見た栃木SC栃木SC

    2010年、札幌ではフォワードとして登録され背番号13を背負い、前年の愛媛での活躍もありエースとして期待された。3月21日にはJ2第3節栃木戦で移籍後初ゴールを挙げ勝利に貢献、その後の6月13日J2第17節愛媛戦では前年まで所属した古巣相手に恩返しゴールを決めた(この試合では石井謙伍にも恩返しゴールを逆に決められている)。続く9月11日J2第25節大分戦でも2006年まで所属した古巣相手に逆転ゴールとなる恩返し弾を決め勝利に貢献した。このシーズンは主力選手として多くの試合に出場したものの持病の腰痛の影響もあり調子が上がらず年間を通して5ゴールと物足りない結果に終わった。内村圭宏 フレッシュアイペディアより)

  • 石川慧

    石川慧から見た栃木SC栃木SC

    石川 慧(いしかわ けい、1992年9月30日 - )は、新潟県出身のプロサッカー選手。ポジションはゴールキーパー(GK)。Jリーグ・栃木SC所属。石川慧 フレッシュアイペディアより)

  • 久富良輔

    久富良輔から見た栃木SC栃木SC

    久富 良輔(ひさどみ りょうすけ、1991年3月19日 - )は、神奈川県出身のプロサッカー選手。ポジションはディフェンダー(DF)。栃木SC所属。久富良輔 フレッシュアイペディアより)

  • 新田涼

    新田涼から見た栃木SC栃木SC

    2016年、栃木SCのフィジカルコーチに就任。新田涼 フレッシュアイペディアより)

  • 佐々木竜太

    佐々木竜太から見た栃木SC栃木SC

    2011年2月1日より湘南ベルマーレへ1年間期限付き移籍。2012年に鹿島へ復帰したが、リーグ戦1試合、ナビスコ杯2試合出場したのみで6月28日付けで栃木SCへ期限付き移籍した。同年シーズン終了をもって栃木SCとの期限付き移籍を満了、鹿島との契約も満了しクラブを退団した。その後アメリカに渡り、MLS・FCダラスのトライアウトを受ける。首脳陣から高い評価を得たが契約までは至らずに帰国、2012年シーズンをもって現役を引退した。佐々木竜太 フレッシュアイペディアより)

  • 島川俊郎

    島川俊郎から見た栃木SC栃木SC

    2016年1月5日にレノファ山口FCへの完全移籍が発表されたが、怪我もあって2試合の出場にとどまり、夏の移籍時期に栃木SCへの期限付き移籍が発表された。島川俊郎 フレッシュアイペディアより)

  • 瀬沼優司

    瀬沼優司から見た栃木SC栃木SC

    2014年、栃木SCに期限付き移籍。栃木ではリーグ戦25試合で7得点を挙げ、移籍期間を切り上げて8月に清水へ復帰した。瀬沼優司 フレッシュアイペディアより)

  • 安藤由翔

    安藤由翔から見た栃木SC栃木SC

    2017年より、栃木SCに加入。しかし出場機会になかなか恵まれず、8月9日、同一リーグのライバルであるギラヴァンツ北九州へ完全移籍することが発表された。安藤由翔 フレッシュアイペディアより)

  • 中美慶哉

    中美慶哉から見た栃木SC栃木SC

    流通経済大学を卒業し、2014年に栃木SC初の下部組織出身選手として入団。2014年7月12日の天皇杯2回戦のザスパクサツ群馬戦で初先発で出場。中美慶哉 フレッシュアイペディアより)

463件中 61 - 70件表示

「栃木SC」のニューストピックワード

[an error occurred while processing this directive]