153件中 21 - 30件表示
  • 栃木サッカークラブ

    栃木サッカークラブから見た棗佑喜

    松田体制4年目。鴨志田誉、崔根植(熊本へ移籍)、入江利和、落合正幸が退団、リカルド・ロボが柏へ、那須川将大、大久保裕樹が徳島へ完全移籍、堤俊輔(福岡へ移籍)、渡部博文(柏へ復帰)、水沼宏太(横浜FMに復帰⇒鳥栖へレンタル移籍)がレンタル移籍期間満了となったが、神戸から柳川雅樹を、横浜FCから荒堀謙次を、FC岐阜から菅和範を、鹿島から當間建文を、湘南から臼井幸平を、東京Vから菊岡拓朗を、川崎から久木野聡を、福岡から山形辰徳を完全移籍で、川崎から棗佑喜をレンタル移籍で獲得、河原和寿、鈴木修人が完全移籍に移行、柳大鉉が新加入、ホーム開幕戦を前に車永煥が途中加入した。(それに伴い、外国人枠の関係で今シーズンメトロポリターノからレンタル移籍で獲得したジャイロが登録抹消となった)。シーズン途中臼井幸平が退団し、期限付き移籍で6月に鹿島から佐々木竜太が、8月には川崎から田中雄大が加入した。栃木サッカークラブ フレッシュアイペディアより)

  • 栃木サッカークラブ

    栃木サッカークラブから見た水沼宏太

    松田体制2年目。レンタル移籍者を含め16人の選手が退団。前年より期限付き移籍中の宮本、飯田健巳(横浜FC)、高木和正(岐阜)、林祐征(徳島)、廣瀬浩二(鳥栖)を完全移籍で獲得。那須川将大、橋本真人、リカルド・ロボ、余孝珍を期限付き移籍で獲得。宇佐美宏和、杉本真、小野寺達也、船山貴之が新加入した。レオナルドのレンタル期間も延長した。シーズン途中には横浜FMから水沼宏太を期限付き移籍で獲得した。第14節で4位につけ、最終的な順位も10位となり前年を上回った。栃木サッカークラブ フレッシュアイペディアより)

  • 栃木サッカークラブ

    栃木サッカークラブから見た大和田真史

    松田体制3年目。水戸から大和田真史を、草津から西澤代志也を、東京から鈴木智幸を、アルセナルFCからトリポジを完全移籍で獲得(6月7日に契約を解除)。柏から渡部博文を、鹿島から鈴木修人を、新潟から河原和寿を期限付き移籍で獲得した。河原は2009年にも期限付き移籍で所属しており、2シーズンぶりの復帰となる。また、東京Vから期限付き移籍していた那須川将大が完全移籍となった。7月には、FCファドゥースからサビアを完全移籍で、浦和から堤俊輔を期限付き移籍で獲得した。栃木サッカークラブ フレッシュアイペディアより)

  • 栃木サッカークラブ

    栃木サッカークラブから見た鈴木修人

    松田体制3年目。水戸から大和田真史を、草津から西澤代志也を、東京から鈴木智幸を、アルセナルFCからトリポジを完全移籍で獲得(6月7日に契約を解除)。柏から渡部博文を、鹿島から鈴木修人を、新潟から河原和寿を期限付き移籍で獲得した。河原は2009年にも期限付き移籍で所属しており、2シーズンぶりの復帰となる。また、東京Vから期限付き移籍していた那須川将大が完全移籍となった。7月には、FCファドゥースからサビアを完全移籍で、浦和から堤俊輔を期限付き移籍で獲得した。栃木サッカークラブ フレッシュアイペディアより)

  • 栃木サッカークラブ

    栃木サッカークラブから見た渡部博文

    松田体制3年目。水戸から大和田真史を、草津から西澤代志也を、東京から鈴木智幸を、アルセナルFCからトリポジを完全移籍で獲得(6月7日に契約を解除)。柏から渡部博文を、鹿島から鈴木修人を、新潟から河原和寿を期限付き移籍で獲得した。河原は2009年にも期限付き移籍で所属しており、2シーズンぶりの復帰となる。また、東京Vから期限付き移籍していた那須川将大が完全移籍となった。7月には、FCファドゥースからサビアを完全移籍で、浦和から堤俊輔を期限付き移籍で獲得した。栃木サッカークラブ フレッシュアイペディアより)

  • 栃木サッカークラブ

    栃木サッカークラブから見た米山篤志

    福岡や神戸元監督の松田浩が監督に就任。また、選手の大幅な入れ替えを行い、13人の選手を解雇。新たに甲府から井上雄幾を、千葉から川上典洋、伊藤淳嗣を、山形から本橋卓巳を、神戸から栗原圭介を、京都から大久保裕樹を、大宮から4年半ぶりの復帰になる若林学を、名古屋から元日本代表の米山篤志を完全移籍で、新潟から河原和寿を期限付き移籍で獲得。シーズン途中に宮本亨、レオナルドを期限付き移籍で獲得したが、シーズン成績は18クラブ中の17位。栃木サッカークラブ フレッシュアイペディアより)

  • 栃木サッカークラブ

    栃木サッカークラブから見たパウロ・ロベルト・ゴンサガ

    リーグ戦は第9節(3試合目)、第10節、第11節、第17節(11試合目)、第18節(12試合目)で首位に立ち、9月4日の第4節FC東京戦も勝利したが、その試合でパウリーニョが右腓骨骨折で戦線離脱すると順位が下降し、最終順位は10位。Jリーグ ディビジョン1(J1)昇格は成らなかったのの、北関東ダービーで初優勝した。栃木サッカークラブ フレッシュアイペディアより)

  • 栃木サッカークラブ

    栃木サッカークラブから見た臼井幸平

    松田体制4年目。鴨志田誉、崔根植(熊本へ移籍)、入江利和、落合正幸が退団、リカルド・ロボが柏へ、那須川将大、大久保裕樹が徳島へ完全移籍、堤俊輔(福岡へ移籍)、渡部博文(柏へ復帰)、水沼宏太(横浜FMに復帰⇒鳥栖へレンタル移籍)がレンタル移籍期間満了となったが、神戸から柳川雅樹を、横浜FCから荒堀謙次を、FC岐阜から菅和範を、鹿島から當間建文を、湘南から臼井幸平を、東京Vから菊岡拓朗を、川崎から久木野聡を、福岡から山形辰徳を完全移籍で、川崎から棗佑喜をレンタル移籍で獲得、河原和寿、鈴木修人が完全移籍に移行、柳大鉉が新加入、ホーム開幕戦を前に車永煥が途中加入した。(それに伴い、外国人枠の関係で今シーズンメトロポリターノからレンタル移籍で獲得したジャイロが登録抹消となった)。シーズン途中臼井幸平が退団し、期限付き移籍で6月に鹿島から佐々木竜太が、8月には川崎から田中雄大が加入した。栃木サッカークラブ フレッシュアイペディアより)

  • 栃木サッカークラブ

    栃木サッカークラブから見たザスパクサツ群馬

    新加入19名、残留8名、レンタル1名の計28名でスタート。11月16日のアルテ高崎戦に勝利してJリーグ加盟条件となるJFL4位以内を確定。12月1日のJリーグ臨時理事会にて、2009年度からのJリーグ ディビジョン2(J2)への加盟(昇格)が決定した。これにより北関東で鹿島、水戸、草津に次ぐJリーグチームになり、関東地方一都七県の全てにJリーグチームが揃った。また、教員チームを前身とした初のJリーグクラブとなった。なお、シーズン終了後に柱谷が監督を退任した。栃木サッカークラブ フレッシュアイペディアより)

  • 栃木サッカークラブ

    栃木サッカークラブから見た日本フットボールリーグ

    1953年創部の栃木県教育委員会傘下の教職員サッカーチーム栃木教員サッカークラブが前身であり、1980年に国体教員の部が廃止されると、1994年にアマチュアのままでクラブチーム化、栃木サッカークラブに改称する。1999年に関東サッカーリーグに昇格し、同年優勝。全国地域サッカーリーグ決勝大会で2位に入り日本フットボールリーグ(JFL)へ昇格。栃木サッカークラブ フレッシュアイペディアより)

153件中 21 - 30件表示

「栃木SC」のニューストピックワード