栃煌山雄一郎 ニュース&Wiki etc.

栃煌山 雄一郎(とちおうざん ゆういちろう、1987年3月9日 - )は、高知県安芸市出身で春日野部屋所属の現役大相撲力士。本名は影山雄一郎(かげやま ゆういちろう)、愛称はカゲ。身長188cm、体重153kg、血液型はA型。得意手はもろ差し、押し、寄り。最高位は東関脇(2010年11月場所)。 (出典:Wikipedia)

「栃煌山雄一郎」最新ニュース

「栃煌山雄一郎」Q&A

  • Q&A

    白鵬デスノートはさらに記入されますか? 過去の犠牲者 朝青龍明徳 稀勢の里寛 豊真将…

    [続きを読む]

    回答数:2質問日時 - 2015年8月29日 11:39

  • Q&A

    【急募】100枚!相撲の話です 栃煌山 雄一郎 豊真将 紀行 隠岐の海 歩 この三人…

    [続きを読む]

    回答数:1質問日時 - 2014年9月5日 19:49

  • Q&A

    1 (中) 日馬富士 公平 2 (二) 松鳳山 裕也 3 (遊) 豪栄道 豪太郎 4…

    [続きを読む]

    回答数:2質問日時 - 2014年4月5日 00:53

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「栃煌山雄一郎」のつながり調べ

  • 3月9日

    3月9日から見た栃煌山雄一郎

    1987年 - 栃煌山雄一郎、大相撲力士(3月9日 フレッシュアイペディアより)

  • 旭天鵬勝

    旭天鵬勝から見た栃煌山雄一郎

    2012年4月に師匠の大島親方が定年退職を迎えて大島部屋が閉鎖されたため、他の所属力士と共に友綱部屋へと移籍した。友綱部屋の所属としては初の場所となった同年5月場所では、西前頭7枚目の位置で5日目までは黒星と白星が交互に続く2勝3敗の成績だったものの、そこから一転して快調に白星を重ねていき、14日目には大関・琴欧洲を豪快な上手投げで破り、千秋楽には関脇・豪栄道にも勝利して10連勝し、12勝3敗の成績で優勝決定戦まで進出した。優勝決定戦では、対戦相手である琴欧洲が前日の旭天鵬戦で右足根骨靱帯を損傷し休場したために千秋楽は不戦勝となった栃煌山と、現行制度では初となる平幕力士同士の対戦となり、その優勝決定戦で栃煌山を叩き込みで破り、自身初となる幕内最高優勝を果たした。37歳8ヶ月での初優勝は、優勝制度が制定された1909年(明治42年)6月場所以降では1916年(大正5年)1月場所における西ノ海の35歳11ヶ月を96年ぶりに更新する史上最年長記録、昭和以降でも1930年(昭和5年)1月場所における豊國の35歳6ヶ月を大きく更新する史上最年長記録となり、年長優勝記録としても太刀山の持つ38歳9ヶ月・37歳9ヶ月に次ぐ史上3位、年6場所制となった1958年以降では1990年11月場所における千代の富士の35歳5ヶ月を上回る最年長記録となった。また、初土俵から所要121場所・新入幕から所要86場所での初優勝は2000年3月場所における貴闘力の同103場所・58場所を抜いて1909年以降では史上1位のスロー記録、平幕優勝は2001年9月場所の琴光喜以来10年8ヶ月ぶり、モンゴル出身力士としては朝青龍・白鵬・日馬富士に続く4人目、モンゴル出身力士通算では50回目となる幕内最高優勝となり、日本国籍を持つ力士の優勝は2006年1月場所の栃東以来37場所ぶりのこととなった。同時に6回目の敢闘賞も受賞した。(旭天鵬勝 フレッシュアイペディアより)

「栃煌山雄一郎」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

「栃煌山雄一郎」のニューストピックワード