前へ 1 2 3 4 5
46件中 1 - 10件表示
  • 稀勢の里寛

    稀勢の里寛から見た栃煌山雄一郎栃煌山雄一郎

    しかし大関2場所目の2012年3月場所は初日栃乃若、2日目栃煌山にそれぞれいきなり連敗、5日目時天空にも敗れ2勝3敗と黒星が先行。これが終盤まで響いて結局9勝6敗に終わったものの、中日8日目に勝ちっ放しだった鶴竜に土を着け、さらに13日には白鵬、14日目には把瑠都と、この場所の主役であった3力士を悉く破り、「荒れる春場所」の影の立役者として存在感を見せた。稀勢の里寛 フレッシュアイペディアより)

  • 大相撲平成22年11月場所

    大相撲平成22年11月場所から見た栃煌山雄一郎栃煌山雄一郎

    三役以上に日本出身力士が2人(魁皇、栃煌山)は、前9月場所での3人を更新する、史上最少。大相撲平成22年11月場所 フレッシュアイペディアより)

  • 大相撲平成24年5月場所

    大相撲平成24年5月場所から見た栃煌山雄一郎栃煌山雄一郎

    一人横綱白鵬は初日安美錦に敗れて土。新大関鶴竜も2日目に敗れて土がついた。序盤5日間終わった段階で全勝は大関琴奨菊だけで、1敗は白鵬を筆頭に11人。その琴奨菊は7日目に土がついて1敗に後退、1敗白鵬は豊響に金星を配給して2敗に後退した。白鵬は中日(関脇豪栄道)、9日目(関脇豊ノ島)と3連敗となって一時は優勝争いから名前が消え、9日目終了段階では1敗が稀勢の里と栃煌山、2敗の4人が優勝を争う展開となった。10日目は栃煌山が2敗に後退し、中盤戦終了時点では稀勢の里が1敗で単独トップ、2敗が栃煌山、玉鷲、宝富士の平幕3人だった。大相撲平成24年5月場所 フレッシュアイペディアより)

  • 大相撲平成24年9月場所

    大相撲平成24年9月場所から見た栃煌山雄一郎栃煌山雄一郎

    ?安は9日目に隠岐の海との全勝対決に敗れて1敗、稀勢の里も同じく1敗で全勝が3人となった。翌10日目には東前頭11枚目の旭天鵬がこの番付なら本来組まれないはずだった大関戦・2敗鶴竜との取組に敗れて1敗に後退するが、同じく全勝だった横綱白鵬も、東前頭5枚目で3大関休場により急遽対戦が組まれた栃煌山に金星を許して1敗に後退し、10日目終了時点で全勝1人、1敗3人という展開に変化した。大相撲平成24年9月場所 フレッシュアイペディアより)

  • 優勝決定戦 (相撲)

    優勝決定戦 (相撲)から見た栃煌山雄一郎栃煌山雄一郎

    横綱、大関のいずれも出場しなかった優勝決定戦は、1972年(昭和47年)3月場所、関脇長谷川?前頭7枚目魁傑、2012年(平成24年)5月場所、前頭7枚目旭天鵬?前頭4枚目栃煌山の2例のみ。優勝決定戦 (相撲) フレッシュアイペディアより)

  • 北の富士勝昭

    北の富士勝昭から見た栃煌山雄一郎栃煌山雄一郎

    3月場所12日目、把瑠都が栃煌山雄一郎を吊り出しで破った相撲の後に、「栃煌山は吊られっ放しじゃなくてもっと抵抗しないと!『シャケ』じゃないんだから…」「お歳暮の鮭でも、もうちょっと恰好よく釣られてるよ」と発言した。さらに同日、高見盛精彦が安美錦竜児に勝利した際に安美錦が膝を痛めたことに、高見盛がいつも通りに意気揚々と引き上げず、安美錦を心配そうにしながら引き上げたことに「相手に気遣うこともできて、見ていて清清しいね」と絶賛した。毒舌だけじゃなく、素直に褒めることもあるところが解説者として人気の要因として考えられる。北の富士勝昭 フレッシュアイペディアより)

  • 栃煌山

    栃煌山から見た栃煌山雄一郎栃煌山雄一郎

    栃煌山 フレッシュアイペディアより)

  • 影山雄一郎

    影山雄一郎から見た栃煌山雄一郎栃煌山雄一郎

    影山雄一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 雄一郎

    雄一郎から見た栃煌山雄一郎栃煌山雄一郎

    栃煌山雄一郎 - 大相撲力士。雄一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 清見潟

    清見潟から見た栃煌山雄一郎栃煌山雄一郎

    清見潟(きよみがた)とは、日本相撲協会の年寄名跡のひとつで、初代・清見潟が四股名として名乗っていたもので、その名跡の由来は定かではない。現在の所有者は春日野部屋の栃煌山雄一郎清見潟 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5
46件中 1 - 10件表示

「栃煌山雄一郎」のニューストピックワード