74件中 11 - 20件表示
  • 影山雄一郎

    影山雄一郎から見た栃煌山雄一郎栃煌山雄一郎

    影山雄一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 雄一郎

    雄一郎から見た栃煌山雄一郎栃煌山雄一郎

    栃煌山雄一郎 - 大相撲力士。雄一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 藤本悠介

    藤本悠介から見た栃煌山雄一郎栃煌山雄一郎

    金田町の米店で、8人兄弟の4人目として生まれ、幼少期は仕事を手伝って米袋を担いだりしていた。小学校4年次に貴闘力(元関脇)と出会ったことがきっかけとなり相撲を始めるようになり、小学生時代には既に力士になることを志していた。中学はアマチュア相撲の名門である明徳義塾中学校に進学し、相撲部に入部。中学3年次(2001年度)の全国都道府県中学生相撲選手権大会では、明徳義塾中学を優勝に導いた。中学卒業後はそのまま同高校に進学しており、同級生には栃煌山、?勝龍らがいる。藤本悠介 フレッシュアイペディアより)

  • 大相撲平成23年9月場所

    大相撲平成23年9月場所から見た栃煌山雄一郎栃煌山雄一郎

    7日目までで白鵬と琴奨菊と稀勢の里の3人が全勝で栃煌山と臥牙丸の2人が1敗で追いかける展開となった。中日に琴奨菊が敗れて全勝は白鵬と稀勢の里の2人で1敗は琴奨菊と臥牙丸の2人となった。しかし、全勝の稀勢の里が9日目に把瑠都に敗れ初黒星を喫し、白鵬も12日目に稀勢の里に小手投げで敗れ、12日目まで全勝が1人もいなくなる展開となった。14日目までに2敗の白鵬と琴奨菊の2人、3敗で稀勢の里が追う形となった。千秋楽、白鵬と琴奨菊の両者のうちどちらか一方が負けてどちらか一方が勝った場合、勝った方が優勝で、両者勝つか両者負けた場合は優勝決定戦という状況となった。琴奨菊は把瑠都に上手投げで敗れ、3敗に後退した。千秋楽結びの一番、白鵬が日馬富士に勝てば優勝で負ければ琴奨菊、稀勢の里との優勝決定巴戦という状況になった。結果は、白鵬が見事に勝利を収め、史上6人目となる20回目の優勝を勝ち取った。一方、琴奨菊は千秋楽に敗れはしたものの稀勢の里と同様の優勝次点の12勝3敗の成績で3場所33勝以上の大関昇進の基準を充たした。しかし、日馬富士の方は序盤の不振が響き、また、終盤に3連敗して8勝7敗に終わった。三賞は琴奨菊が技能賞と殊勲賞の2つを、稀勢の里が殊勲賞を、臥牙丸が敢闘賞をそれぞれ受賞した。大相撲平成23年9月場所 フレッシュアイペディアより)

  • 送り倒し

    送り倒しから見た栃煌山雄一郎栃煌山雄一郎

    2000年3月場所千秋楽、この一番に悲願の幕内初優勝がかかった前頭14枚目・貴闘力が、星ひとつの差で追う関脇・雅山(現・二子山)に、土俵際まであっけなく押し込まれながらも右足一本で辛うじて残し、この技で雅山に逆転勝ちして涙の初優勝を決めた。ちなみにこの時の貴闘力の優勝は、大相撲史上唯一の幕尻優勝であり、さらに年6場所制になってからは、共に当時の史上最年長(32歳5ヶ月)及び初土俵から最長場所数(102場所目)での幕内初優勝であった(現在は共に2012年5月場所優勝の旭天鵬が更新)。2016年7月場所では3日目に栃煌山が横綱・鶴竜に対して決めた。送り倒し フレッシュアイペディアより)

  • 素首落とし

    素首落としから見た栃煌山雄一郎栃煌山雄一郎

    最近では、2015年3月場所5日目の幕内で安美錦が豪風に、同年1月場所12日目の十両で貴ノ岩が栃飛龍に、2014年9月場所4日目の幕内の取組で横綱鶴竜が碧山に、同日の十両の取組で芳東が千代皇に、同年5月場所中日(8日目)の幕内の取組で関脇栃煌山が豊ノ島に、同年1月場所2日目の十両の取組で芳東が蒼国来に、2013年9月場所10日目の幕内の取組で時天空が琴勇輝に、それぞれこの技で勝利している。2017年1月場所14日目の幕内の取り組みで高安がこの技で勝利した。素首落とし フレッシュアイペディアより)

  • 大相撲平成28年11月場所

    大相撲平成28年11月場所から見た栃煌山雄一郎栃煌山雄一郎

    高安一方、大関とりの関脇高安は大関昇進の目安とされる「三役3場所で合計33勝」に達するには今場所12番を挙げる必要があった。序盤4日間は3勝1敗とまずまずだったものの、5日目玉鷲の小手投げに屈し、6日目碧山に取り直しの末一方的に押し出され連敗。6日目に早くも3敗になり、大関昇進が厳しい状況になった。7日目は大関琴奨菊に土俵際の逆転で勝利したものの、中日に栃煌山に完敗し4敗に。これで大関昇進の目安となる12番に届かないことが確定となり、今場所後の大関昇進は白紙になった。取組後、友綱審判部副部長は「相撲内容が悪い。今後勝っていっても話が盛り上がるのかどうか」と話した。さらに、9日目・10日目と横綱鶴竜・日馬富士に連敗。結局10日目を終えて6敗になり、大関昇進は白紙になった。10日目を終えて4勝6敗と負けが込んでおり、大関昇進どころか勝ち越しも危ぶまれる状況となった。その後も11日目・12日目と連敗し、12日目で8敗となり負け越しが確定。そして中日から12日目まで5連敗を喫する結果となった。しかし、13日目以降は千秋楽まで全て勝ったため7勝8敗と一点の負け越しにとどめ、来場所は三役に残留することとなった。大相撲平成28年11月場所 フレッシュアイペディアより)

  • 押し出し (相撲)

    押し出し (相撲)から見た栃煌山雄一郎栃煌山雄一郎

    押しを得意とする力士。2012年5月場所現在現役の力士では、栃煌山、豊響、臥牙丸などがいる。押し出し (相撲) フレッシュアイペディアより)

  • 肩透かし

    肩透かしから見た栃煌山雄一郎栃煌山雄一郎

    かつては横綱旭富士正也や小結琴稲妻佳弘が得意としており、2010年代に入ってからは栃煌山雄一郎がその使い手となった。又1986年1月場所初日、進退をかけて出場した横綱隆の里俊英は、関脇保志信芳(のち横綱北勝海信芳)にこの決まり手で敗退した後、現役引退を表明した。肩透かし フレッシュアイペディアより)

  • 2012年の相撲

    2012年の相撲から見た栃煌山雄一郎栃煌山雄一郎

    栃煌山雄一郎(春日野部屋 高知県安芸市出身)(30場所ぶり2回目) - 12勝3敗2012年の相撲 フレッシュアイペディアより)

74件中 11 - 20件表示

「栃煌山雄一郎」のニューストピックワード