46件中 11 - 20件表示
  • 押し出し (相撲)

    押し出し (相撲)から見た栃煌山雄一郎栃煌山雄一郎

    押しを得意とする力士。2012年5月場所現在現役の力士では、栃煌山、豊響、臥牙丸などがいる。押し出し (相撲) フレッシュアイペディアより)

  • 大相撲平成23年9月場所

    大相撲平成23年9月場所から見た栃煌山雄一郎栃煌山雄一郎

    7日目までで白鵬と琴奨菊と稀勢の里の3人が全勝で栃煌山と臥牙丸の2人が1敗で追いかける展開となった。中日に琴奨菊が敗れて全勝は白鵬と稀勢の里の2人で1敗は琴奨菊と臥牙丸の2人となった。しかし、全勝の稀勢の里が9日目に、白鵬も11日目にそれぞれ敗れ11日目まで全勝が1人もいなくなる展開となった。14日目までで優勝は白鵬と琴奨菊の2人に絞られた。千秋楽、白鵬と琴奨菊の両者のうちどちらか一方が負けてどちらか一方が勝った場合、勝った方が優勝で、両者勝つか両者負けたの場合は優勝決定戦という状況となった。琴奨菊は把瑠都に敗れた。千秋楽結びの一番、白鵬が日馬富士に勝てば優勝で負ければ琴奨菊との優勝決定戦という状況。結果は、白鵬が見事に勝利を収め、史上6人目となる20回目の優勝を勝ち取った。一方、琴奨菊は千秋楽に敗れはしたものの稀勢の里と同様の優勝次点の12勝3敗の成績で3場所33勝以上の大関昇進の基準を充たした。しかし、日馬富士の方は序盤の不振が響いてか結局8勝7敗という成績に終わり期待を裏切る結果となった。三賞は琴奨菊が技能賞と殊勲賞の2つを、稀勢の里が殊勲賞を、臥牙丸が敢闘賞をそれぞれ受賞した。大相撲平成23年9月場所 フレッシュアイペディアより)

  • 木村玉治郎 (6代)

    木村玉治郎 (6代)から見た栃煌山雄一郎栃煌山雄一郎

    2012年5月場所千秋楽、大相撲史上初となる平幕同士の優勝決定戦となった前頭4枚目栃煌山?同7枚目旭天鵬戦(旭天鵬が勝ち初優勝)。同じ幕内格の式守勘太夫 (11代)が捌いたが、控行司には玉治郎が入っていた。木村玉治郎 (6代) フレッシュアイペディアより)

  • 割 (相撲)

    割 (相撲)から見た栃煌山雄一郎栃煌山雄一郎

    幕内での割り返しは近年では殆ど見られない。但し、平成24年(2012年)夏場所の千秋楽に大関琴欧洲が休場して不戦敗となった際、協会側のコメントに「せめて前日の14日目夜までに届けてくれれば割り返しにする可能性もあった」とあり、重要な取組の場合はあり得るとの見解である。この時の対戦相手は、11勝3敗で優勝争い先頭集団の一角だった栃煌山で、本割の不戦勝が優勝決定の一番になるという最悪の事態さえも起こりかねなかったため、不戦勝の勝ち名乗りの時国技館内はブーイングの嵐であった(その後栃煌山と旭天鵬の優勝決定戦になったため最悪の事態は回避され、旭天鵬が平幕優勝となった)。割 (相撲) フレッシュアイペディアより)

  • 2012年の相撲

    2012年の相撲から見た栃煌山雄一郎栃煌山雄一郎

    栃煌山雄一郎(春日野部屋 高知県安芸市出身)(30場所ぶり2回目) - 12勝3敗2012年の相撲 フレッシュアイペディアより)

  • 不戦勝 (相撲)

    不戦勝 (相撲)から見た栃煌山雄一郎栃煌山雄一郎

    2012年(平成24年)5月場所千秋楽、大関琴欧洲が右足靭帯損傷のため千秋楽を休場。当日の対戦相手は、3敗で優勝を争っていた前頭4枚目栃煌山で、不戦勝によって優勝決定戦出場権が確定、横綱白鵬ら4敗力士の優勝が消滅する形になった。琴欧洲の休場届提出が前日14日目の取組終了後に行われておれば、割り返しが行われた可能性も有ったため、琴欧洲と師匠佐渡ヶ嶽(元関脇琴ノ若)の対応に批判が出た。なお結果的に、栃煌山は同じ3敗の前頭7枚目旭天鵬と史上初平幕同士の優勝決定戦で対戦して敗退、平幕優勝を逃している。不戦勝 (相撲) フレッシュアイペディアより)

  • 1987年のスポーツ

    1987年のスポーツから見た栃煌山雄一郎栃煌山雄一郎

    3月9日 - 栃煌山雄一郎(高知県、相撲)1987年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • 豪栄道豪太郎

    豪栄道豪太郎から見た栃煌山雄一郎栃煌山雄一郎

    その後、埼玉栄高相撲部の山田道紀監督の先輩である境川親方(元小結・両国)が師匠を務める境川部屋に入門し、高校卒業を待たずに2005年1月場所に初土俵を踏んだ。同期である春日野部屋の栃煌山は自他共に認めるライバルである。序ノ口から三段目までをそれぞれ1場所で通過し、幕下2場所目となる2005年11月場所では7戦全勝で初の幕下優勝を果たした。2006年1月場所では西幕下2枚目まで昇進したが、その1月場所で初めての負け越しを経験した。以降は幕下上位で足踏みが続き、新十両昇進では栃煌山に先を越されたものの、課題とされた立ち合いを強化して、2006年9月場所では西幕下6枚目の位置で7戦全勝の成績を挙げて2回目の幕下優勝を果たし、翌11月場所において新十両へと昇進した。同時に、四股名を本名の「澤井」から「豪栄道」へと改名した。"豪"は本名の豪太郎と師匠の境川豪章の名前から、"栄"は埼玉栄高から、"道"は相撲道と埼玉栄高相撲部監督の山田道紀の名前から1字ずつ採り、「力強く栄え相撲道に精進する」意を込めた。豪栄道豪太郎 フレッシュアイペディアより)

  • 土佐ノ海敏生

    土佐ノ海敏生から見た栃煌山雄一郎栃煌山雄一郎

    幕内の栃煌山は同郷の後輩にあたる。中学時代の栃煌山に、帰省していた土佐ノ海が稽古をつけた事もあり、栃煌山が台頭してきた頃、当時の事について質問を受けた際、土佐ノ海は彼の事を覚えていた。土佐ノ海敏生 フレッシュアイペディアより)

  • 明徳義塾中学校・高等学校

    明徳義塾中学校・高等学校から見た栃煌山雄一郎栃煌山雄一郎

    栃煌山雄一郎(大相撲・幕内力士)明徳義塾中学校・高等学校 フレッシュアイペディアより)

46件中 11 - 20件表示

「栃煌山雄一郎」のニューストピックワード