46件中 21 - 30件表示
  • 双大竜亮三

    双大竜亮三から見た栃煌山雄一郎栃煌山雄一郎

    夏場所の前相撲で新序出世を果たし、翌名古屋場所は東序ノ口40枚目で全勝優勝、1場所で東序二段33枚目に昇進、秋場所も6勝1敗で続く九州場所では東三段目70枚目へ昇進、その場所でも7戦全勝で、優勝決定戦では影山(現栃煌山)に敗れ優勝は逃したものの、翌2006年初場所で東幕下45枚目へ昇進と、順調に昇進していた。2006年、6場所中4場所で勝ち越すものの、最高で5勝2敗とそれまで三段目以下で見せたほどの勢いはなく、幕下中位から下位に留まる。2007年、いずれも4勝3敗の成績ではあったものの、初場所から3場所連続で勝ち越し、名古屋場所では自身最高位の東幕下10枚目の地位まで昇進するが、場所前に発生した時津風部屋力士暴行死事件の影響もあり、その場所から3場所連続で負け越し、再び幕下中位に番付を下げる。双大竜亮三 フレッシュアイペディアより)

  • 豊響隆太

    豊響隆太から見た栃煌山雄一郎栃煌山雄一郎

    2006年(平成18年)11月場所では西幕下3枚目の地位で4勝3敗と勝ち越し2007年(平成19年)1月場所の新十両を決め、入門からわずか2年で関取に昇進した。この場所で10勝5敗、十両上位の栃煌山、霜鳥(現:霜鳳)との優勝決定戦を制し、新十両での十両優勝を果たした。翌3月場所は千秋楽に勝ち越しを決めた。翌5月場所では新十両の場所以来2場所ぶり2度目の2桁勝利で、7月場所では新入幕を果たした。その場所11勝4敗で敢闘賞を受賞。翌場所は横綱対戦圏まで番付が上昇するものと思われたが前頭6枚目にとどまった。この場所では序盤は5勝2敗と好調であったものの、以降は相手が少し横に動いただけでバランスを崩し土俵に倒れこむという下半身のもろさが露呈し、7勝8敗と負け越した。豊響隆太 フレッシュアイペディアより)

  • 栃乃若導大

    栃乃若導大から見た栃煌山雄一郎栃煌山雄一郎

    十両昇進がほぼ決定していた2010年7月場所11日目、兄弟子の栃煌山が手に入れた懸賞金で、お祝いに帯を買ってもらった。栃乃若導大 フレッシュアイペディアより)

  • 藤本悠介

    藤本悠介から見た栃煌山雄一郎栃煌山雄一郎

    金田町の米店で、8人兄弟の4人目として生まれ、幼少期は仕事を手伝って米袋を担いだりしていた。小学校4年次に貴闘力(元関脇)と出会ったことがきっかけとなり相撲を始めるようになり、小学生時代には既に力士になることを志していた。中学はアマチュア相撲の名門である明徳義塾中学校に進学し、相撲部に入部。中学3年次(2001年度)の全国都道府県中学生相撲選手権大会では、明徳義塾中学を優勝に導いた。中学卒業後はそのまま同高校に進学しており、同級生には栃煌山、?勝龍らがいる。藤本悠介 フレッシュアイペディアより)

  • 隠岐の海歩

    隠岐の海歩から見た栃煌山雄一郎栃煌山雄一郎

    その後、高校の後輩(現・隠岐の富士)をスカウトしに、知人の紹介で隠岐に来ていた八角親方(横綱・北勝海)に出会い、1週間で八角部屋への入門を決断し、新弟子検査の2日前に上京した。ちなみに八角親方の現役時代は全く知らず、師匠に出会ってなければ力士になってなかったという。2005年1月場所に初土俵を踏んだ同期には、豪栄道、豊響、栃煌山、同部屋の朱雀らがいる。長身で懐も深く、体型は白鵬似で同じ色の廻しを着用することもある。相撲は右四つで取るが、後述の怪我の影響で左でも相撲を取ることが出来る。隠岐の海歩 フレッシュアイペディアより)

  • 朱雀太

    朱雀太から見た栃煌山雄一郎栃煌山雄一郎

    2005年1月場所、八角部屋から初土俵を踏む。東農大から時津風部屋以外に入門するのは中退した泉田純至以来で、卒業生では豊山勝男以降初めて。同期生には、同じ部屋の隠岐の海や、豪栄道、栃煌山、豊響らがいる。初土俵時の四股名は本名と同じ「米村」。朱雀太 フレッシュアイペディアより)

  • 徳勝龍誠

    徳勝龍誠から見た栃煌山雄一郎栃煌山雄一郎

    明徳義塾高校の同級生には栃煌山、1年後輩には千代桜、1年先輩には出羽鳳がおり、近畿大学での同級生には宝富士、1年先輩には誉富士がおり、宝富士とは同じ経営学部出身である。徳勝龍誠 フレッシュアイペディアより)

  • 舛東欧旭

    舛東欧旭から見た栃煌山雄一郎栃煌山雄一郎

    この功績を受けて佐渡ヶ嶽部屋に所属していた元床山から、2004年9月場所後に部屋を興すことが決まっていた千賀ノ浦親方(元関脇舛田山)を紹介され、大相撲界に入門。千賀ノ浦親方が千賀ノ浦部屋を創設した後の2005年1月場所に、「舛東欧」の四股名で初土俵を踏む。四股名の下の名前である「旭」は、本名「アティラ」の当て字である。同期生には豪栄道、栃煌山、隠岐の海、豊響らがいる。2006年1月場所で三段目、2008年9月場所で幕下に昇進。幕下昇進後は幕下と三段目の往復が続いたが、2010年7月場所以降は幕下に定着。しかし2011年1月場所を負傷休場して翌5月技量審査場所は三段目に降格。1場所で幕下に戻ったが、2012年1月場所6番相撲の若三勝戦で右足首を骨折して再び休場し、そのまま長期休場となってしまった。舛東欧旭 フレッシュアイペディアより)

  • 春日野部屋

    春日野部屋から見た栃煌山雄一郎栃煌山雄一郎

    その後、10代春日野の定年退職を1ヶ月後に控えた2003年2月に、春日野部屋の部屋付き親方である竹縄親方(元関脇・栃乃和歌)が10代春日野と年寄名跡を交換する形で11代春日野を襲名して部屋を継承した。11代春日野はこれまでに栃煌山や栃ノ心、栃乃若などといった関取を育てている。春日野部屋 フレッシュアイペディアより)

  • 幕下付出

    幕下付出から見た栃煌山雄一郎栃煌山雄一郎

    また、翌場所の下田の番付は西幕下3枚目で5勝2敗だった影山の東筆頭より下の西筆頭であったことから、結果として幕下15枚目格での全勝は上位での勝ち越しに劣る扱いとなった。幕下付出は「真に実力のある者はすぐに関取に昇進できるように優遇」する制度であるものの、この件により、幕下15枚目格付出は番付編成上は幕下15枚目より劣ることが既成事実となり、16枚目よりは上だが15枚目よりは下、言うならば15.5枚目のような位置づけになることが明確となった。ただし、審判部は「番付は生き物」という見解を示しており、今後も勝敗のほか十両力士の成績との兼ね合いや相撲内容などによって基準が変動することも考えられる。幕下付出 フレッシュアイペディアより)

46件中 21 - 30件表示

「栃煌山雄一郎」のニューストピックワード