74件中 31 - 40件表示
  • もろ差し

    もろ差しから見た栃煌山雄一郎栃煌山雄一郎

    昭和期のもろ差しの名人として、よく引き合いに出されるのが、信夫山治貞(関脇が最高位。以下同じ)、鶴ヶ嶺昭男(関脇)、大雄辰實(前頭筆頭)らである。現役力士では鶴竜力三郎(横綱)や栃煌山雄一郎(関脇)などが得意としている。両腕を挟む形のもろ差しの使い手として若手時代の大鵬幸喜が知られており、現役では豊ノ島大樹が該当者となる。もろ差し フレッシュアイペディアより)

  • 双大竜亮三

    双大竜亮三から見た栃煌山雄一郎栃煌山雄一郎

    夏場所の前相撲で新序出世を果たし、翌名古屋場所は東序ノ口40枚目で全勝優勝、1場所で東序二段33枚目に昇進、秋場所も6勝1敗で続く九州場所では東三段目70枚目へ昇進、その場所でも7戦全勝で、優勝決定戦では影山に敗れ優勝は逃したものの、翌2006年初場所で東幕下45枚目へ昇進と、順調に昇進していた。2006年、6場所中4場所で勝ち越すものの、最高で5勝2敗とそれまで三段目以下で見せたほどの勢いはなく、幕下中位から下位に留まる。2007年、いずれも4勝3敗の成績ではあったものの、初場所から3場所連続で勝ち越し、名古屋場所では自身最高位の東幕下10枚目の地位まで昇進するが、場所前に発生した時津風部屋力士暴行死事件や右肘手術の影響もあり、その場所から3場所連続で負け越し、再び幕下中位に番付を下げる。双大竜亮三 フレッシュアイペディアより)

  • 木村玉光 (16代)

    木村玉光 (16代)から見た栃煌山雄一郎栃煌山雄一郎

    また、千秋楽の前頭5枚目勢?関脇栃煌山戦でも、栃煌山が勢を上手投げで下した際、逃げ場を失い転倒したが、起き上がって軍配を栃煌山に上げた。木村玉光 (16代) フレッシュアイペディアより)

  • 北の湖敏満

    北の湖敏満から見た栃煌山雄一郎栃煌山雄一郎

    2015年11月場所も初日の挨拶を欠席。11月18日、17日に行われた場所10日目の取組で白鵬が栃煌山に猫だましを行ったことに対して苦言を呈したが、これが生前最後となる北の湖のメディア上での発言となった。その11月場所最中の11月19日夜に、持病の貧血の症状を示す。翌11月20日朝に救急車で福岡市の済生会福岡総合病院に搬送されて緊急入院し、点滴治療などを受けていたが、直腸癌による多臓器不全のため同日午後6時55分に死去した。。現職の日本相撲協会理事長の死去は、1968年12月の時津風理事長 (元第35代横綱・双葉山)に次いで2人目であり、本場所中での理事長の死去は大相撲史上初であった。北の湖敏満 フレッシュアイペディアより)

  • 波離間投げ

    波離間投げから見た栃煌山雄一郎栃煌山雄一郎

    直近では、幕内では2018年3月場所5日目に栃煌山が竜電に対して、2017年9月場所14日目に栃ノ心が石浦に対して、2014年9月場所10日目に常幸龍が遠藤に対して、十両では2016年9月場所2日目に安美錦が里山に対してこの技を決めている。波離間投げ フレッシュアイペディアより)

  • 幕下付出

    幕下付出から見た栃煌山雄一郎栃煌山雄一郎

    また、翌場所の下田の番付は西幕下3枚目で5勝2敗だった影山の東筆頭より下の西筆頭であったことから、結果として幕下15枚目格での全勝は上位での勝ち越しに劣る扱いとなった。幕下付出は「真に実力のある者はすぐに関取に昇進できるように優遇」する制度であるものの、この件により、幕下15枚目格付出は番付編成上は幕下15枚目より劣ることが既成事実となり、16枚目よりは上だが15枚目よりは下、言うならば15.5枚目のような位置づけになることが明確となった。ただし、審判部は「番付は生き物」という見解を示しており、今後も勝敗のほか十両力士の成績および十両以上の引退力士数との兼ね合いや相撲内容などによって基準が変動することも考えられる。幕下付出 フレッシュアイペディアより)

  • 土佐ノ海敏生

    土佐ノ海敏生から見た栃煌山雄一郎栃煌山雄一郎

    栃煌山は同郷の後輩にあたる。中学時代の栃煌山に、帰省していた土佐ノ海が稽古をつけた事もあり、栃煌山が台頭してきた頃、当時の事について質問を受けた際、土佐ノ海は彼の事を覚えていた。土佐ノ海敏生 フレッシュアイペディアより)

  • 猫騙し

    猫騙しから見た栃煌山雄一郎栃煌山雄一郎

    上位力士では三重ノ海が大関時代に横綱北の湖にやっているが敗れている。2015年11月場所10日目に横綱白鵬が関脇栃煌山に対して猫騙しを2度も行って勝利し、藤島審判長からは「まさかという感じ、普通は小兵が奇襲でやるもの」と指摘され、北の湖理事長からも苦言を呈されている。猫騙し フレッシュアイペディアより)

  • 栃乃若導大

    栃乃若導大から見た栃煌山雄一郎栃煌山雄一郎

    十両昇進がほぼ決定していた2010年7月場所11日目、兄弟子の栃煌山が手に入れた懸賞金で、お祝いに帯を買ってもらった。栃乃若導大 フレッシュアイペディアより)

  • 北勝海信芳

    北勝海信芳から見た栃煌山雄一郎栃煌山雄一郎

    2012年の役員改選で理事に当選し、広報部長、指導普及部長、危機管理部長、博物館運営委員に就任。同年5月場所にて優勝争いの先頭を並走した栃煌山の千秋楽の対戦相手に決まっていた琴欧洲が当日になって休場届を出し不戦勝を与えることがわかった際には「優勝に関わる相撲で大関が休場してこんな形になっては観客に申し訳ない、昨晩のうちにわかっていれば割り返しで対応できたのに、今日になってからでは遅過ぎる。こんなことでは本人も師匠も自覚が足りないと言われても仕方がない。協会の危機管理能力も問われかねない事態だ」と苦言を呈していた。実際栃煌山不戦勝の場内放送から勝ち名乗りまでの間国技館内はブーイングの嵐だった。北勝海信芳 フレッシュアイペディアより)

74件中 31 - 40件表示

「栃煌山雄一郎」のニューストピックワード