74件中 51 - 60件表示
  • 舛東欧旭

    舛東欧旭から見た栃煌山雄一郎栃煌山雄一郎

    この功績を受けて佐渡ヶ嶽部屋に所属していた元床山から、2004年9月場所後に部屋を興すことが決まっていた千賀ノ浦親方(元関脇舛田山)を紹介され、大相撲界に入門。千賀ノ浦親方が千賀ノ浦部屋を創設した後の2005年1月場所に、「舛東欧」の四股名で初土俵を踏む。四股名の下の名前である「旭」は、本名「アティッラ」の当て字である。同期生には豪栄道、栃煌山、隠岐の海、豊響らがいる。2006年1月場所で三段目、2008年9月場所で幕下に昇進。幕下昇進後は幕下と三段目の往復が続いたが、2010年7月場所以降は幕下に定着。しかし2011年1月場所を負傷休場して翌5月技量審査場所は三段目に降格。1場所で幕下に戻ったが、2012年1月場所6番相撲の若三勝(現・照ノ富士)戦で右足首を骨折して再び休場し、そのまま長期休場となってしまった。舛東欧旭 フレッシュアイペディアより)

  • 豊山亮太

    豊山亮太から見た栃煌山雄一郎栃煌山雄一郎

    4年時の全日本選手権で悔しい負け方をしたためプロ入りを決意。1年生の時は角界入りを現実的に思い描いてはいなかったが、豊ノ島に「体もできているし、プロでもやっていけるよ」と声を掛けられた大学卒業後は時津風部屋に入門し、2016年3月場所で三段目最下位格付出で初土俵を踏んだ。三段目付出の制度は前年の2015年5月に創設されたばかりであり、小柳は高砂部屋の石橋と共に三段目付出制度を利用した初めての入門者となった。2日目のデビュー戦はその石橋と対戦し寄り切りで勝利、この後も十両力士と互角の稽古をこなせるほどの実力を発揮して7戦全勝とし、唐津海との優勝決定戦を制して三段目優勝を飾った。幕下に昇進した5月場所も7戦全勝で、関取経験者の阿武咲との優勝決定戦も制して幕下優勝。7月場所では7日目の若乃島との取組に敗れてプロ初黒星となり、初土俵から続いていた連勝も17で止まったが、9日目以降の関取経験者との3連戦に全て勝ち6勝1敗の好成績で場所を終えた。9月場所は、東幕下筆頭に上がり、はじめ3連敗を喫してしまった。特に竜勢に敗れて3連敗となった際に、普段記者の質問に丁寧に答える小柳も「きょうは何もありません」と珍しく声を荒らげた。連敗の理由について「勝ち急いだ、自分の相撲を取ることより相手に合わせた相撲を取ることを優先してしまっていた。」と反省し、その後3連勝。勝ち越しがかかる3勝3敗で迎えた12日目の十両取組の富士東戦で勝ち越しを決め、4勝3敗で場所を終えるとともに、場所後の番付編成会議で翌11月場所での新十両昇進が決定した。三段目付出入門者では初の関取である。16代時津風が育てた2人目の子飼い関取でもある。新十両会見では「誰とも当たりたくない」と大学の先輩であり部屋の兄弟子である正代と同じ言葉を冗談として言い、直後に「対戦してみたい人ばかりです」と堂々と答えた。四股名は幕内に上がれば、同郷の元大関で先々代時津風理事長の「豊山」を継ぐ考えがある。会見ではまた「力ずく、馬力で持って行く相撲を売りにしたい。栃東関、千代大海関、魁皇関の3人のいい形を盗みたい」と語った。新十両の場所では、千秋楽まで優勝争いを繰り広げ、千秋楽に負けて優勝こそならなかったものの11勝4敗の好成績でプロデビューの年を終えた。幕内昇進がかかる3月場所は序盤から好調を維持、中盤以降やや調子を落としたが、14日目時点で9勝5敗で6人並んで優勝争いのトップに立った。しかし千秋楽で安美錦に敗れ優勝決定戦への進出はならなかった。それでも西十両4枚目の地位で9勝を挙げ、翌5月場所で新入幕となった。新入幕となった5月場所は幕尻である東の16枚目で迎えた。初日に魁聖を破って幕内の初取組を白星で飾ったが、2日目から8連敗を喫するなど持ち味を出せず結局4勝11敗と幕内の壁に阻まれる形となった。再び十両から出直しを期すことになった7月場所は東十両5枚目の番付となり、初日に石橋こと朝乃山に敗れて黒星発進となったが、その後は8連勝で9日目に早々と勝ち越した。自身に勝利してから8連勝としていた朝乃山が9日目に敗れたことで優勝争いの先頭に立ち、10日目・12日目に土が付いた時には朝乃山も揃って敗れたため、優勝争いの先頭から落ちることは無かったが、12日目に3敗となった時点で、大奄美にも優勝争いの先頭に並ばれた。13日目はその大奄美との直接対決に敗れて4敗に後退したが、14日目に大奄美が敗れ、千秋楽に大奄美が朝乃山を破ったことで、3人による十両優勝決定巴戦へ進出することになった。しかし、決定戦では大奄美が自身と朝乃山に連勝したため、十両優勝とはならなかった。2017年8月3日には夏巡業新発田場所に参加。朝稽古で土俵に姿を現すと、待ちわびたファンから拍手喝采を浴び、高安に胸を借りて期待に応えた。ぶつかり稽古では高安を土俵下に吹っ飛ばす場面もあった。「すごかったですね。こんな盛り上がるとは思わなかった。幸せです。新発田の人に喜んでもらえたら良かったです」と豊山は話した。なお、新発田場所は2000年以来、17年ぶりの開催。この日の幕内の申し合いでは8番取り、最初千代の国、逸ノ上に連敗したが、3番目から3連勝。16日のお台場場所では高安と9番とって3勝6敗。とはいえ途中までは3勝3敗と善戦した。「五分だった? 大関は全然力を出していなかったですよ」と力の差を実感も力強く寄り切る場面もあった。9月場所初日の支度部屋では「夏場所に幕内で負け越した悔しさは頭にある。場所は終わってみないと分からない」と気を引き締めたが、終わってみれば4勝11敗とリベンジならずであった。西十両3枚目で迎えた11月場所は、9日目終了時点まで7勝2敗と好調だったものの、そこから負けが込んで9勝6敗の成績だった。この勝ち越しで再び1場所での再入幕となった。2018年1月場所は中日まで4勝4敗と一進一退であったが、12日目の栃煌山戦で不戦勝を獲得するなど幸運に恵まれ、14日目に幕内3場所目にして自身初となる幕内での勝ち越しを果たす。最終的に9勝6敗の成績を残した。さらに、翌3月場所では幕内で初めての2桁白星となる、10勝5敗の好成績を挙げた。豊山亮太 フレッシュアイペディアより)

  • 春日野部屋

    春日野部屋から見た栃煌山雄一郎栃煌山雄一郎

    その後、10代の定年退職を1ヶ月後に控えた2003年2月に、部屋付き親方である17代竹縄(元関脇・栃乃和歌)が10代と年寄名跡を交換する形で11代春日野を襲名して部屋を継承した。11代はこれまでに栃煌山や栃ノ心、栃乃若などといった関取を育てている。春日野部屋 フレッシュアイペディアより)

  • 豊響隆太

    豊響隆太から見た栃煌山雄一郎栃煌山雄一郎

    2006年(平成18年)11月場所では西幕下3枚目の地位で4勝3敗と勝ち越し2007年(平成19年)1月場所の新十両を決め、入門からわずか2年で関取に昇進した。この場所で10勝5敗、十両上位の栃煌山、霜鳥との優勝決定戦を制し、新十両での十両優勝を果たした。5月場所では10勝5敗と新十両の場所以来2場所ぶり2度目の2桁勝利、7月場所では新入幕を果たし、11勝4敗の好成績で敢闘賞を受賞した。豊響隆太 フレッシュアイペディアより)

  • 花のロクイチ組

    花のロクイチ組から見た栃煌山雄一郎栃煌山雄一郎

    栃煌山雄一郎(最高位関脇):昭和62年3月9日生まれ花のロクイチ組 フレッシュアイペディアより)

  • 取組

    取組から見た栃煌山雄一郎栃煌山雄一郎

    2012年5月場所、終盤の幕内優勝争いがもつれ、14日目終了の時点では3敗力士が大関稀勢の里、前頭4枚目栃煌山、同7枚目旭天鵬の3名、4敗力士が横綱白鵬、前頭5枚目隠岐の海、同6枚目碧山の3名という状況であった。しかし、栃煌山の対戦相手だった大関琴欧洲(現・鳴戸)が千秋楽の朝に突然休場。これにより割返しが出来ずに琴欧洲?栃煌山戦は栃煌山の不戦勝となった。また栃煌山以外の3敗力士だった稀勢の里が大関把瑠都に敗れ、旭天鵬が関脇豪栄道に勝つという結果になったことから優勝決定戦が栃煌山?旭天鵬の組み合わせとなり、大相撲史上初となる平幕力士同士の優勝決定戦となった。また優勝決定戦出場力士が当日の本割で不戦勝となったことも珍しいケースとなった。(なお、旭天鵬が勝って初優勝を果たしている。)取組 フレッシュアイペディアより)

  • 栃乃和歌清隆

    栃乃和歌清隆から見た栃煌山雄一郎栃煌山雄一郎

    育成面では基本に忠実な押し相撲を指導していることで知られており、子飼いの関取として関脇・栃煌山、小結栃ノ心などを始めとした気鋭を輩出している。また、元久島海が師匠を務めていた旧田子ノ浦部屋からの預かり弟子である碧山も移籍後に関脇に昇進している。一方で春日野自身が「大関・横綱を狙える」「栃錦襲名も視野に入れている」と見込むような大器とされた幕内・栃乃若が技術指導を巡る意見の相違や期待に応えられない自責などから引退を決意するなど苦難も経験した。栃乃和歌清隆 フレッシュアイペディアより)

  • 明徳義塾中学校・高等学校

    明徳義塾中学校・高等学校から見た栃煌山雄一郎栃煌山雄一郎

    栃煌山雄一郎(大相撲・幕内力士)明徳義塾中学校・高等学校 フレッシュアイペディアより)

  • 琴欧洲勝紀

    琴欧洲勝紀から見た栃煌山雄一郎栃煌山雄一郎

    平幕でも苦手力士が多い。特に安美錦に相性が悪く、18勝19敗(不戦敗による1敗を含む)と負け越している。また、豊ノ島も苦手にしており、15勝15敗と互角で、2008年7月場所までは3勝5敗と負け越していた。その後は6連勝した事も有り苦手意識を克服したかに見えたが、2011年9月場所以降は3勝7敗と分が悪いままで終わった。栃煌山にも相性が悪く、対戦成績は10勝13敗と負け越しており、2011年1月場所から2012年5月場所にかけて6連敗(不戦敗による1敗を含む)を喫している。隠岐の海も苦手にしており、3勝7敗と対戦成績で負け越していた。若の里にも5勝9敗と負け越し。琴欧洲勝紀 フレッシュアイペディアより)

  • 四股名

    四股名から見た栃煌山雄一郎栃煌山雄一郎

    音読みの四股名がかなり目立つのも最近の傾向である。現役力士の中に鶴竜、豪栄道、大栄翔などのような音読みだけで構成された四股名の力士がおり、中でも慶天海孔晴などは下の名前も含めて全て音読みというかなり珍しいケースと言える。同じく、1980年代には鶴嶺山宝一という下の名前も合わせてすべて音読みの力士がおり、「鶴嶺山」を「かくれいざん」と読むことに対しては違和感があったとされる。ただし「鶴嶺山」は師匠であり父親でもある鶴ヶ嶺昭男が十両まで名乗っていた四股名である。なお、留め字の「山」を「さん」もしくは「ざん」と音読みにする四股名は、昭和時代の相撲界においては「散々な敗北」を連想することから出世しないとして好まれていなかった。具体例としては、歴代の横綱の中で四股名の「山」を音読みにしている力士は12代横綱・鬼面山谷五郎のみで、1968年5月場所に新十両となった高橋貞次こと三山貞次は、当該四股名を当初「さんざん」と読ませていたが、上述の考えから間もなく「みやま」と読みを変えた。その一方で、栃煌山雄一郎は新十両の際に改名する当初「とちおうやま」と読ませる予定を、濁点を含む方が力強く聞こえるとする実母の提案を踏まえ、「とちおうざん」という読みに決定した。四股名 フレッシュアイペディアより)

74件中 51 - 60件表示

「栃煌山雄一郎」のニューストピックワード