74件中 61 - 70件表示
  • 3月9日

    3月9日から見た栃煌山雄一郎栃煌山雄一郎

    1987年 - 栃煌山雄一郎、大相撲力士3月9日 フレッシュアイペディアより)

  • 大相撲平成28年7月場所

    大相撲平成28年7月場所から見た栃煌山雄一郎栃煌山雄一郎

    先場所11番に終わった横綱・鶴竜は3日目に前頭の栃煌山に不覚を取り、4日目から腰と左足首の痛みの影響で休場した。5場所ぶりの優勝を狙う日馬富士も3日目に平幕の隠岐の海に敗れた。大関陣は琴奨菊は初日から4連敗を喫するなどして6日目を終わって1勝5敗と絶不調。7日目から左膝を痛め休場した。豪栄道は7番に終わり負け越し。秋場所を角番の場所として迎えることになった。大相撲平成28年7月場所 フレッシュアイペディアより)

  • 豪栄道豪太郎

    豪栄道豪太郎から見た栃煌山雄一郎栃煌山雄一郎

    同期では春日野部屋の栃煌山は自他共に認める少年時代からのライバルである。豪栄道豪太郎 フレッシュアイペディアより)

  • 高安晃

    高安晃から見た栃煌山雄一郎栃煌山雄一郎

    一方で、腰高で脇が甘いので守勢に回ると脆く、特に差し身の上手い相手には苦労しており、諸差し(もろさし)からの速攻を得意とする栃煌山は大の苦手で、対戦成績は7勝19敗(不戦敗1を含む)と大きく負け越している。また、機動型の力士も苦手としており、稽古場では兄弟子の隆の山を苦手としていた。2017年5月場所前の時点では、稽古場で稀勢の里と三番稽古を行うと五分近い割合で勝ち、時には勝ち越す日もある。大関昇進直前の時期になると立合いでもたついて守勢に回っても巧さで勝つことが増え、2017年5月場所12日目の宝富士戦などは左下手を取られかけ、とっさに右から上手で振り回し、俵を前に一瞬2人が横並びになったところで懸命に右上手投げを決めた。2017年7月場所後の座談会では錣山が「上体が起きたかち上げなので、みんなが覚えてきたら中に簡単に入れます。栃煌山戦もそうですし、そっくり返ってかち上げるので中に入りやすいです最も体を丸くして前傾姿勢でかち上げていけば、また別な高安を見ることができると思います」と前途を案じつつ助言を行っており、さらに叩きが増えたことも指摘している。阿武松も同調するかのように、突っ張りが減ったことを指摘している。2017年8月10日の日立場所では白鵬から「左の使い方を工夫するように」とアドバイスを受けている。2017年9月場所前の黒姫山のコラムでは「高安は稀勢の里と違って左を差して十分ではない。左四つになって右上手を取って初めて十分な体勢になる。かち上げから突き放して相手を起こし、左四つに組み止めるという攻めをもう一度、磨き直してほしい」と言われている。2018年1月場所後の記事では、藤島(元大関・武双山)から「。立ち合いの体当たりからの馬力はすごいが、上を狙うには違う立ち合いも身につけることだ」と意見されている。高安晃 フレッシュアイペディアより)

  • 割 (相撲)

    割 (相撲)から見た栃煌山雄一郎栃煌山雄一郎

    幕内での割り返しは近年あまり見られないものの、2015年(平成27年)3月場所初日に、東横綱2枚目・鶴竜が左肩の怪我が悪化、初日の西前頭筆頭・逸ノ城駿戦は不戦敗・休場となった。その事情により、同場所2日目の鶴竜?西小結・妙義龍戦を含めて急遽割り返しが行われたが、これは2014年(平成26年)5月場所3日目以来5場所振りとなる取組の組み直しだった。また2017年(平成29年)3月場所で東横綱・白鵬が5日目の取り組み直後に古傷の右足親指のねんざと右太ももの筋肉損傷で休場したため、同場所6日目の白鵬?西前頭2枚目・貴ノ岩戦を含めて急遽割り返しが行われた。 但し2012年(平成24年)5月場所の千秋楽では、東大関3枚目・琴欧洲が不戦敗・休場となった際、協会側のコメントに「せめて前日の14日目夜迄に休場届を提出すれば割り返しにする可能性が有ったのに」とあり、重要な取組の場合は有り得るとの見解である。この時の対戦相手は11勝3敗で優勝争い先頭集団の一角だった東前頭4枚目・栃煌山で、本割の不戦勝が優勝決定の一番に成るという事態も起こりえた。割 (相撲) フレッシュアイペディアより)

  • 勢翔太

    勢翔太から見た栃煌山雄一郎栃煌山雄一郎

    2013年11月場所は11勝4敗の好成績を挙げ、幕内で初の二桁勝利を挙げるとともに、初の三賞となる敢闘賞を受賞した。翌2014年1月場所は西前頭2枚目で6勝9敗と負け越したが、大関・琴奨菊戦で初勝利。2014年5月場所は2日目から自身初となる9連勝を記録し、11勝4敗の好成績を挙げ、2度目の敢闘賞を受賞した。翌7月場所は豪栄道と栃煌山が関脇を維持した上に安美錦と碧山が小結の地位を得た影響で新三役を逃したが東前頭筆頭に据えられて最高位を半枚更新する。西前頭5枚目の地位で迎えた9月場所は新鋭の逸ノ城を破る活躍(詳細は後述)を見せた上で、10勝5敗の好成績を残した。翌11月場所は新三役(西小結)。大阪府からの新三役(小結)は、2008年11月場所の豪栄道以来戦後7人目。その11月場所では10日目に負け越しを確定させてしまったものの、11日目から4連勝するなど食い下がって場所を6勝9敗で終えた。勢翔太 フレッシュアイペディアより)

  • 稀勢の里寛

    稀勢の里寛から見た栃煌山雄一郎栃煌山雄一郎

    3月場所は初日から栃乃若と栃煌山に連敗。5日目には時天空に敗れ2勝3敗と黒星が先行し、これが響いて9勝6敗に終わったものの、8日目に鶴竜、13日目には白鵬、14日目には把瑠都に勝利するなど存在感を示した。稀勢の里寛 フレッシュアイペディアより)

  • 豊ノ島大樹

    豊ノ島大樹から見た栃煌山雄一郎栃煌山雄一郎

    しかし、2010年11月場所における関脇・栃煌山と鶴竜が揃って7勝8敗で小結に下がり、また小結・栃ノ心と阿覧が平幕に陥落したものの、東前頭筆頭の稀勢の里と西前頭筆頭の琴奨菊が関脇に上がったため、2011年1月場所では三役への昇進を果たせずに東前頭筆頭の位置に留められた。平幕で14勝以上しながら翌場所でも平幕に留められるのは史上初のこととなった。その1月場所では初日に大関・把瑠都を破った後、2日目から7連敗を喫したが、その後は一転して7連勝を果たして8勝7敗と勝ち越しを決めた。小結へ復帰した同年5月技量審査場所では5勝10敗と振るわなかったものの、大相撲八百長問題により多数の力士が引退した影響もあり、翌7月場所では西前頭2枚目とわずかな番付の降下に留まった。その7月場所では9勝6敗と勝ち越し、小結へ復帰した翌9月場所では9日目まで1勝7敗と振るわなかったものの、またもそこから一転して7連勝を果たして8勝7敗と勝ち越しを決めた。前場所と同じ東小結の位置に留め置かれた翌11月場所でも9勝6敗と勝ち越しを果たした。豊ノ島大樹 フレッシュアイペディアより)

  • 鶴竜力三郎

    鶴竜力三郎から見た栃煌山雄一郎栃煌山雄一郎

    栃煌山に対しても22勝21敗と拮抗している。栃煌山には2010年5月場所から2010年11月場所まで4連敗していた。鶴竜の大関昇進前は11勝9敗、大関時代は6勝6敗、横綱昇進後も5勝6敗とほぼ互角の成績である。鶴竜力三郎 フレッシュアイペディアより)

  • 本場所

    本場所から見た栃煌山雄一郎栃煌山雄一郎

    2012年は、関脇鶴竜の大関昇進で1横綱6大関時代と話題になったが、前頭7枚目の旭天鵬が同4枚目栃煌山との史上初の平幕同士の優勝決定戦を制すると同時に初優勝の最年長記録を更新した。本場所 フレッシュアイペディアより)

74件中 61 - 70件表示

「栃煌山雄一郎」のニューストピックワード