1 2 3 4 5 6 7 8 次へ
74件中 71 - 74件表示
  • 白鵬翔

    白鵬翔から見た栃煌山雄一郎栃煌山雄一郎

    1月場所は先場所からの連勝を再び延ばし、7日目に栃煌山を下して自身5度目の20連勝を達成するも、11日目にまたしても稀勢の里に敗れ、連勝は23でストップ。白鵬翔 フレッシュアイペディアより)

  • 式守勘太夫 (11代)

    式守勘太夫 (11代)から見た栃煌山雄一郎栃煌山雄一郎

    同年5月場所千秋楽、大相撲史上初となる平幕同士の優勝決定戦となった前頭4枚目栃煌山?同7枚目旭天鵬戦(旭天鵬が勝ち初優勝)を、幕内格筆頭行司であった勘太夫が裁いた。式守勘太夫 (11代) フレッシュアイペディアより)

  • 希善龍貴司

    希善龍貴司から見た栃煌山雄一郎栃煌山雄一郎

    善通寺市立与北小学校4年次に、当時の担任教諭の勧めで与北相撲クラブ(現在の香川相撲クラブ)に入り、相撲を始めた。小学生時代は香川県の小学生横綱に輝き、善通寺市立東中学校3年次は柔道部に所属しながら相撲の大会にも出場して県大会で優勝。香川県立高松南高校入学後は相撲一本に絞り、3年次に出場した選抜高校相撲内大会では個人3位に入賞している(このときの優勝はのちの関脇・栃煌山)。希善龍貴司 フレッシュアイペディアより)

  • 不戦勝 (相撲)

    不戦勝 (相撲)から見た栃煌山雄一郎栃煌山雄一郎

    2012年(平成24年)5月場所千秋楽、大関琴欧洲が右足靭帯損傷のため千秋楽を休場。当日の対戦相手は、3敗で優勝を争っていた前頭4枚目栃煌山で、不戦勝によって優勝決定戦出場権が確定、横綱白鵬ら4敗力士の優勝が消滅する形になった。琴欧洲の休場届提出が前日14日目の取組終了後に行われておれば、割り返しが行われた可能性も有ったため、琴欧洲と師匠佐渡ヶ嶽(元関脇琴ノ若)の対応に批判が出た。なお結果的に、栃煌山は同じ3敗の前頭7枚目旭天鵬と史上初平幕同士の優勝決定戦で対戦して敗退、平幕優勝を逃している。千秋楽に優勝に関わる相撲が不戦勝・不戦敗となった例は、他に1956年9月場所の栃錦?若乃花戦がある(若乃花が不戦敗で2敗1休となり、1敗の鏡里の優勝が決定)。不戦勝 (相撲) フレッシュアイペディアより)

1 2 3 4 5 6 7 8 次へ
74件中 71 - 74件表示

「栃煌山雄一郎」のニューストピックワード