114件中 11 - 20件表示
  • 栗林公園

    栗林公園から見た高松城 (讃岐国)

    江戸時代の1600年代初め、生駒氏の家臣であった佐藤道益の居宅の作庭が本園の始まりとされている。この頃の香東川は紫雲山を挟んで東西二筋の流れであったが、生駒氏の姻戚の藤堂氏(津藩主)のもとから派遣された西嶋八兵衛の治水工事で東側の流れが堰き止められ、西側の流れ一本に改変された。川の跡地は豊富な伏流水を持つ広い土地になり、庭園となる条件が整った。この時代に生駒氏の家臣の屋敷地から、後の庭園につながる整備がされたとされている。生駒氏は改易により出羽国由利郡矢島へ移付となる。1642年(寛永19年)5月、初めて入国した高松藩初代藩主の松平頼重は、7月に栗林の地を訪れ検分する。頼重は隠居に当たって栗林荘に御殿を建て居住する。第2代藩主頼常は、飢饉対策の救済事業として、被害に遭った人々を栗林荘の作庭に雇い、庭園を拡張した。この頃、南庭・北庭を備えた庭園となる。第3代藩主頼豊は、在国時は居所を高松城から栗林荘にするほど愛好し、庭内の整備を一層すすめた。第5代藩主頼恭も薬園を設ける等作庭に力を入れ、1745年(延享2年)に「名所60景」を撰名した。栗林荘の完成を区切るとすれば、現在に通じる景観が形成された、頼重着任後約100年のこの時代である。その後、高松藩松平家の国もとの下屋敷として幕末まで経営された。栗林公園 フレッシュアイペディアより)

  • 栗林公園

    栗林公園から見た2009年

    2009年版の『ミシュラン観光ガイド』に「わざわざ訪れる価値のある場所」として、最高評価の3つ星に選定された。また2012年に出版のアメリカの庭園専門誌『ジャーナル・オブ・ジャパニーズ・ガーデニング』の「2011年日本庭園ランキング」では、足立美術館・桂離宮に続く3位を獲得した。栗林公園 フレッシュアイペディアより)

  • 栗林公園

    栗林公園から見た秩父宮雍仁親王

    1914年(大正3年)3月21日 - 皇太子(後の昭和天皇)、淳宮(秩父宮雍仁親王)、光宮(高松宮宣仁親王)来園。栗林公園 フレッシュアイペディアより)

  • 栗林公園

    栗林公園から見た皇太子徳仁親王

    1991年(平成3年)8月22日 - 皇太子徳仁親王来園。栗林公園 フレッシュアイペディアより)

  • 栗林公園

    栗林公園から見た平賀源内

    南庭の「小普陀」の石組は、室町時代の作庭とされている。江戸時代初期に讃岐国を治めた生駒氏の分限帳で、「栗林」の呼称が確認できる。大名庭園としての本格的な整備は、生駒氏の改易後の、高松藩初代藩主の松平頼重の入部以降とされている。第3代藩主頼豊は御殿や茶屋などを充実させた。第5代藩主頼恭は薬園を設ける等、作庭に努めた。平賀源内は初代薬園頭として2年間勤める。第2代藩主頼常は泉の池の浚渫を行い、近辺数か村の灌漑用水に使用した。栗林公園 フレッシュアイペディアより)

  • 栗林公園

    栗林公園から見た中根金作

    讃岐民芸館:山本忠司の設計で、讃岐民芸館(古民芸館)として1965年(昭和40年)に開館した。土蔵造りの古民芸館には讃岐人の生活道具・民具を展示する。表庭と中庭は、中根金作の設計で、初代館長は和田邦坊である。その後、新民芸館・家具館・瓦館が開設され、4館の構成になる。新民芸館には焼物・木工品・漆器などを展示。家具館にはジョージ・ナカシマの家具や民芸家具などを展示。瓦館には鬼瓦・飾瓦などの日本瓦を展示する。。栗林公園 フレッシュアイペディアより)

  • 栗林公園

    栗林公園から見た高松宮宣仁親王

    1914年(大正3年)3月21日 - 皇太子(後の昭和天皇)、淳宮(秩父宮雍仁親王)、光宮(高松宮宣仁親王)来園。栗林公園 フレッシュアイペディアより)

  • 栗林公園

    栗林公園から見た市川之雄

    本園は、南庭と北庭で構成される。南庭は江戸時代初期の大名庭園の姿を今日に伝える。北庭は檜御殿が建ち鴨場であったが、大正時代初期に近代庭園のスタイルを取り入れた宮内省の市川之雄の設計で改修の後、一部を改変して今日に至る。本園の前身の「栗林荘」は、高松藩主の松平家11代の国もとの下屋敷として、228年間使用された。1745年(延享2年)第5代藩主頼恭が「名所60景」を撰名し、作庭が完成したとされる。「名所60景」は、南庭に46景と北庭に4景の、50景が現存する。栗林公園 フレッシュアイペディアより)

  • 栗林公園

    栗林公園から見た和田邦坊

    讃岐民芸館:山本忠司の設計で、讃岐民芸館(古民芸館)として1965年(昭和40年)に開館した。土蔵造りの古民芸館には讃岐人の生活道具・民具を展示する。表庭と中庭は、中根金作の設計で、初代館長は和田邦坊である。その後、新民芸館・家具館・瓦館が開設され、4館の構成になる。新民芸館には焼物・木工品・漆器などを展示。家具館にはジョージ・ナカシマの家具や民芸家具などを展示。瓦館には鬼瓦・飾瓦などの日本瓦を展示する。。栗林公園 フレッシュアイペディアより)

  • 栗林公園

    栗林公園から見た大平正芳

    鞠月亭(きくげつてい):江戸時代の初期に建てられた、数寄屋造りの純和風建築で、茶室を備える。もとは7棟の配置が北斗七星に似ていることから、「星斗館(せいとかん)」と命名され、歴代藩主には「大茶屋」と呼ばれていた。明治初年に北側の2棟が取り払われ、5棟になる。東南の南湖に突き出る棟の「鞠月楼」にあやかり、「鞠月亭」に改名された。1965年(昭和40年)、伊藤要太郎の設計で保存修理を完了する。鞠月亭は四方正面の造りで、床を低くし、壁は少なく、風通しの良い夏向きの建物である。舟をモチーフにした部屋は、へさきの雰囲気を醸し出す。亭内には第68・69代内閣総理大臣の大平正芳の自筆題字を付した「栗林園二十詠」の屏風が展示されている。南庭の中心的な存在の亭内からの眺めは絶景で、開放感にあふれるとされている。栗林公園 フレッシュアイペディアより)

114件中 11 - 20件表示

「栗林公園」のニューストピックワード