114件中 21 - 30件表示
  • 栗林公園

    栗林公園から見た三笠宮崇仁親王

    1953年(昭和28年)10月26日 - 昭和天皇、香淳皇后、三笠宮崇仁親王来園。栗林公園 フレッシュアイペディアより)

  • 栗林公園

    栗林公園から見た太平洋戦争

    明治維新を経たのち、1871年(明治4年)廃藩置県により「栗林荘」の敷地は官収された。その後県に払い下げられ、大名の占有であった「栗林荘」は1875年(明治8年)3月、「栗林公園」として開園され、一般に開放された。しかし、香川県は合併・分離を繰り返し、手入れが行き届かず各種の問題が発生した時代があった。1899年(明治32年)香川県博物館(商工奨励館)が開館し、図書閲覧所が同館内に併設された。1903年(明治36年)の皇太子(後の大正天皇)行啓も、園内整備の契機となる。1913年(大正2年)に完成した北庭の改修は、運動場や遊戯場と複数の観覧施設を新設し、博物館の周囲も近代庭園に整備された。1930年(昭和5年)に動物園が開園、同8年に動物園にプールが併設された。太平洋戦争後の1949年(昭和24年)に高松美術館、1965年(昭和40年)に讃岐民芸館が開館した。その後、運動場と遊戯場は撤去して整備され、美術館跡に鴨場(鴨引き堀)を復元、動物園とプール跡に駐車場・栗林庵(かがわ物産館)・便益施設等が新設された。栗林公園 フレッシュアイペディアより)

  • 栗林公園

    栗林公園から見た高松市

    栗林公園(りつりんこうえん)は、香川県高松市に所在し、国の特別名勝に指定された回遊式大名庭園(日本庭園)である。県立の都市公園(歴史公園)として運営されている。栗林公園 フレッシュアイペディアより)

  • 栗林公園

    栗林公園から見た伊藤平左衛門 (9世)

    香川県 商工奨励館:伊藤平左衛門の設計で、香川県博物館として1899年(明治32年)に開館した。平等院を模した左右対称の木造建築である。入母屋造の日本瓦葺きであり、純和風建築に見えるが、西洋的技法も採用されている。本館・東館・北館・西館の各館と、それらを結ぶ廊下で回廊構造を成し、中庭を配する。建物は、物産陳列所・商品陳列所と改名された後、現在の名称に至る。本館1階は本園のガイダンス。2階は休息所で、ジョージ・ナカシマのテーブル・椅子を展示。東館は伝統工芸品の展示・実演会場。北館はイベント・レセプション会場。西館は讃岐うどん関連情報の展示・カフェになっている。中庭には、西嶋八兵衛の顕彰碑と、「大禹謨(だいうぼ)」の石碑が設置されている。2015年(平成27年)8月、耐震化等の大規模改修工事を完了し、讃岐迎賓館の機能も付加してリニューアルオープンとなる。栗林公園 フレッシュアイペディアより)

  • 栗林公園

    栗林公園から見た後楽園

    大名庭園である水戸の偕楽園・金沢の兼六園・岡山の後楽園は日本三名園として名高い。しかし1910年(明治43年)に文部省が発行した『高等小学読本 巻一』の第六課「公園」の末文には、「・・・我ガ国ニテ風致ノ美ヲ以テ世ニ聞エタルハ、水戸ノ偕楽園、金沢ノ兼六園、岡山ノ後楽園ニシテ、之ヲ日本ノ三公園ト称ス。然レドモ高松ノ栗林公園ハ木石ノ雅趣却ツテ批ノ三公園ニ優レリ」と記述され、栗林公園の「木石の庭の美しさは日本三名園より優れている」という。栗林公園 フレッシュアイペディアより)

  • 栗林公園

    栗林公園から見たナマケモノ

    来園者が入れる「人間」のオリやナマケモノの飼育で知られていた。1974年(昭和49年)にパナマからの「シロ」を迎え、国内初となる飼育を開始。1982年(昭和57年)に来園したの「ナシ」は1985年(昭和60年)の初出産を皮切りに計11頭の子供を出産し、世界最高記録保持者となった。シロは閉園後も高松市内の住宅で飼われており国内長寿記録を更新中である(2011年現在)。栗林公園 フレッシュアイペディアより)

  • 栗林公園

    栗林公園から見たハチミツとクローバー

    ハチミツとクローバー(台湾版のドラマ)。 - 2008年、台湾で放映。その後、日本の複数のテレビ局で放映した。栗林公園 フレッシュアイペディアより)

  • 栗林公園

    栗林公園から見た天赦園

    鴨場(かもば)/ 鴨引き堀(かもひきぼり):北庭の群鴨池は、かつては藩主が鴨猟を楽しむ鴨場であった。美術館の移転跡地の発掘調査の遺構に基づき、古図に描かれた鴨引き堀を、1993年(平成5年)に復元した。鴨引き堀のある鴨場は、宮内庁埼玉鴨場・宮内庁新浜鴨場・浜離宮恩賜庭園・天赦園と、本園の5か所である。本園の、幅2.7メートル×長さ約30メートルの鴨引き堀は、日本で最大規模である。栗林公園 フレッシュアイペディアより)

  • 栗林公園

    栗林公園から見た平等院

    香川県 商工奨励館:伊藤平左衛門の設計で、香川県博物館として1899年(明治32年)に開館した。平等院を模した左右対称の木造建築である。入母屋造の日本瓦葺きであり、純和風建築に見えるが、西洋的技法も採用されている。本館・東館・北館・西館の各館と、それらを結ぶ廊下で回廊構造を成し、中庭を配する。建物は、物産陳列所・商品陳列所と改名された後、現在の名称に至る。本館1階は本園のガイダンス。2階は休息所で、ジョージ・ナカシマのテーブル・椅子を展示。東館は伝統工芸品の展示・実演会場。北館はイベント・レセプション会場。西館は讃岐うどん関連情報の展示・カフェになっている。中庭には、西嶋八兵衛の顕彰碑と、「大禹謨(だいうぼ)」の石碑が設置されている。2015年(平成27年)8月、耐震化等の大規模改修工事を完了し、讃岐迎賓館の機能も付加してリニューアルオープンとなる。栗林公園 フレッシュアイペディアより)

  • 栗林公園

    栗林公園から見た花見

    公園内の北庭と南庭には桜が植えられており、春には一帯が花見の名所となっている。秋にも園内の木々に加えて借景である紫雲山の紅葉が美しく、栗林公園ではこれら2季の季節イベントが堪能できる。どちらとも日中に加えて夜間にも入園ができ、その際は桜や紅葉した木々がライトアップされる。このライトアップは桜が2002年(平成14年)から、紅葉が2001年(平成13年)から行われているもので、その幻想的な美しさから人気が高く、2016年(平成28年)の紅葉ライトアップでは期間中10日間の入園者が過去最多の2万1370人に達した。栗林公園 フレッシュアイペディアより)

114件中 21 - 30件表示

「栗林公園」のニューストピックワード