114件中 31 - 40件表示
  • 栗林公園

    栗林公園から見たイメージキャラクター

    子ども向けパンフレットを作成のため、イメージキャラクターのデザインと愛称が公募され、「マツの葉などをあしらった元気な女の子」の「りんちゃん」が選定された。2012年、『特別名勝 栗林公園 子ども公式ガイドブック わくわく探検隊』が刊行され、2016年に英語版も刊行された。栗林公園 フレッシュアイペディアより)

  • 栗林公園

    栗林公園から見た和船

    公園内には6つの池があるが、このうち南湖では江戸時代に船遊びが行われていたことにちなんで、2012年(平成24年)7月5日より観光用に和船「千秋丸」が就航している(入園料とは別に乗船料が必要)。2015年7月4日までの3年間で5万3千人を超える利用客があった。2017年5月1日より1隻が寄贈されて2隻での運行となった。栗林公園 フレッシュアイペディアより)

  • 栗林公園

    栗林公園から見た紅葉

    公園内の北庭と南庭には桜が植えられており、春には一帯が花見の名所となっている。秋にも園内の木々に加えて借景である紫雲山の紅葉が美しく、栗林公園ではこれら2季の季節イベントが堪能できる。どちらとも日中に加えて夜間にも入園ができ、その際は桜や紅葉した木々がライトアップされる。このライトアップは桜が2002年(平成14年)から、紅葉が2001年(平成13年)から行われているもので、その幻想的な美しさから人気が高く、2016年(平成28年)の紅葉ライトアップでは期間中10日間の入園者が過去最多の2万1370人に達した。栗林公園 フレッシュアイペディアより)

  • 栗林公園

    栗林公園から見た兼六園

    大名庭園である水戸の偕楽園・金沢の兼六園・岡山の後楽園は日本三名園として名高い。しかし1910年(明治43年)に文部省が発行した『高等小学読本 巻一』の第六課「公園」の末文には、「・・・我ガ国ニテ風致ノ美ヲ以テ世ニ聞エタルハ、水戸ノ偕楽園、金沢ノ兼六園、岡山ノ後楽園ニシテ、之ヲ日本ノ三公園ト称ス。然レドモ高松ノ栗林公園ハ木石ノ雅趣却ツテ批ノ三公園ニ優レリ」と記述され、栗林公園の「木石の庭の美しさは日本三名園より優れている」という。栗林公園 フレッシュアイペディアより)

  • 栗林公園

    栗林公園から見たサクラ

    園内には3種類の気象庁の標本木がある。北梅林のウメ・讃岐民芸館前のサクラ(ソメイヨシノ)・楓岸のカエデである。高松地方気象台の「開花・満開・紅葉」の宣言は、これらの標本木に基づく。栗林公園 フレッシュアイペディアより)

  • 栗林公園

    栗林公園から見た足立美術館

    2009年版の『ミシュラン観光ガイド』に「わざわざ訪れる価値のある場所」として、最高評価の3つ星に選定された。また2012年に出版のアメリカの庭園専門誌『ジャーナル・オブ・ジャパニーズ・ガーデニング』の「2011年日本庭園ランキング」では、足立美術館・桂離宮に続く3位を獲得した。栗林公園 フレッシュアイペディアより)

  • 栗林公園

    栗林公園から見たミシュランガイド

    2009年版の『ミシュラン観光ガイド』に「わざわざ訪れる価値のある場所」として、最高評価の3つ星に選定された。また2012年に出版のアメリカの庭園専門誌『ジャーナル・オブ・ジャパニーズ・ガーデニング』の「2011年日本庭園ランキング」では、足立美術館・桂離宮に続く3位を獲得した。栗林公園 フレッシュアイペディアより)

  • 栗林公園

    栗林公園から見たウメ

    園内には3種類の気象庁の標本木がある。北梅林のウメ・讃岐民芸館前のサクラ(ソメイヨシノ)・楓岸のカエデである。高松地方気象台の「開花・満開・紅葉」の宣言は、これらの標本木に基づく。栗林公園 フレッシュアイペディアより)

  • 栗林公園

    栗林公園から見た偕楽園

    大名庭園である水戸の偕楽園・金沢の兼六園・岡山の後楽園は日本三名園として名高い。しかし1910年(明治43年)に文部省が発行した『高等小学読本 巻一』の第六課「公園」の末文には、「・・・我ガ国ニテ風致ノ美ヲ以テ世ニ聞エタルハ、水戸ノ偕楽園、金沢ノ兼六園、岡山ノ後楽園ニシテ、之ヲ日本ノ三公園ト称ス。然レドモ高松ノ栗林公園ハ木石ノ雅趣却ツテ批ノ三公園ニ優レリ」と記述され、栗林公園の「木石の庭の美しさは日本三名園より優れている」という。栗林公園 フレッシュアイペディアより)

  • 栗林公園

    栗林公園から見た室町時代

    南庭の「小普陀」の石組は、室町時代の作庭とされている。江戸時代初期に讃岐国を治めた生駒氏の分限帳で、「栗林」の呼称が確認できる。大名庭園としての本格的な整備は、生駒氏の改易後の、高松藩初代藩主の松平頼重の入部以降とされている。第3代藩主頼豊は御殿や茶屋などを充実させた。第5代藩主頼恭は薬園を設ける等、作庭に努めた。平賀源内は初代薬園頭として2年間勤める。第2代藩主頼常は泉の池の浚渫を行い、近辺数か村の灌漑用水に使用した。栗林公園 フレッシュアイペディアより)

114件中 31 - 40件表示

「栗林公園」のニューストピックワード