329件中 71 - 80件表示
  • 松山市立道後中学校

    松山市立道後中学校から見た学校施設学校施設

    生徒数が多かったことから、また、体育館や校舎の改築工事などが1980年前後から続いていたこと等から運動場が非常に手狭な状態で、さらにテニスコート(クレー)に至っては道路を渡った所にあるなど不便な状況が長年に渡り続いていた。その一方で、学校の敷地の西隣は松山市が所有する水源地(道後温泉の泉源)で、広い草むらの中に小さな揚水ポンプ小屋がいくつか建っているだけであった。この水源地の土地について、1995年3月にようやっと運動場拡張のための転用が決まり、その2年後に運動場の西側への拡張工事が完成した。松山市立道後中学校 フレッシュアイペディアより)

  • すまいるスクール

    すまいるスクールから見た校舎学校施設

    授業の終了後、校舎を出ずにそのまま「すまいるスクール」へと向かうことができるので、一度校外へ出る児童センターに比較すると安全である。すまいるスクール フレッシュアイペディアより)

  • 門真市立速見小学校

    門真市立速見小学校から見た校舎学校施設

    1971年6月18日 - 校舎・給食棟工事開始。門真市立速見小学校 フレッシュアイペディアより)

  • 神戸中華同文学校

    神戸中華同文学校から見た校舎学校施設

    学校教育法上は学校法人神戸中華同文学校の設置する各種学校。中華同文学校は中華人民共和国系の学校だが、教育面では思想教育がなく、政治的には中庸であるとされる。同校は、華僑子弟のために1899年に神戸華僑同文学校として創立され、翌年の1900年に校舎が完成した。同校では、清朝から日本に亡命中であった清の政治家・梁啓超が神戸で華僑に、(中国)の言葉と文化を華僑子弟に伝えて行く必要性があると説き、華僑学校建設を促した年である1899年を、同校は創立年としている。1900年に神戸華僑同文学校が開校していたが、清朝政府から目をつけられるのを恐れていたため、華僑の中で同校の校長になる者がいなかった。そのため、神戸華僑から信頼の厚かった日本の政治家・犬養毅が名誉校長を務めた。同校は後に、神戸に点在していた華僑学校と合併を繰り返し、1939年に現在の神戸中華同文学校として統一された。神戸大空襲では校舎を焼失したため、1946年、当時の神戸市長中井一夫と神戸市による協力で神戸市立大開小学校を借りて、授業を復活させた。1959年に新校舎が落成し、同年7月、学校法人資格を取得した。神戸中華同文学校 フレッシュアイペディアより)

  • 河井重藏

    河井重藏から見た校舎学校施設

    地元である静岡県小笠郡南郷村(上張村が他村と合併して発足。のちの掛川市)の青少年に教育の機会を与えようと、尋常小学校の設立に奔走した。その結果、1901年4月に、南郷村立尋常小学校の開校に漕ぎ着けた。なお、このとき建設された校舎は、その後も南郷公民館や南郷地域生涯学習センターに転用されるなど、112年間に渡って使用し続けられた。この旧校舎は2013年1月に取り壊されることになり、入居していた南郷地域生涯学習センターは、河井の生家跡地に移転することになった。河井重藏 フレッシュアイペディアより)

  • 志摩市立成基小学校

    志摩市立成基小学校から見た校舎学校施設

    目指す子ども像に「かしこく やさしく たくましい 成基の子」を掲げ、小規模校ならではの全校児童が一体となった教育活動を進めていた。地域の教育および文化の中心としての機能を担っていた。校舎は2階建てであった。志摩市立成基小学校 フレッシュアイペディアより)

  • 西脇市立西脇小学校

    西脇市立西脇小学校から見た校舎学校施設

    2014年 - 1937年(昭和12年)建造で2008年には兵庫県の景観形成重要建造物になった校舎が建替え、取り壊しの危機にあったが、反対運動が巻き起こり、これに同校の出身者でもある横尾忠則も建替えに反対、保存改修による使用を強力に提案。横尾はノスタルジーからではなく、市民の文化の高さを誇る象徴としての建造物が存在するということを自慢できる。市民一人ひとりが誇りを持っていただきたいと発言。教育の場の経済至上主義、物質主義に警鐘を鳴らした。そうした運動の結果、校舎3棟の保存が決まった。西脇市立西脇小学校 フレッシュアイペディアより)

  • 西脇市立西脇小学校

    西脇市立西脇小学校から見た木造校舎学校施設

    1937年(昭和12年)に竣工した三棟の2階建て木造校舎があり,兵庫県の景観条例に基づく景観形成重要建造物に指定されている。西脇市立西脇小学校 フレッシュアイペディアより)

  • 福山市立大谷台小学校

    福山市立大谷台小学校から見た校舎学校施設

    1991年(平成3年)2月 - 同校の南棟東側増築校舎が完成。福山市立大谷台小学校 フレッシュアイペディアより)

  • 飛ぶ教室 (漫画)

    飛ぶ教室 (漫画)から見た学校施設学校施設

    主な舞台となるのはオサム達が通う埼玉第八小学校で、同校の校庭に関東に10箇所のみ作られた民間の試作シェルターの中の1つ・8号シェルターがあったため、偶然近くに居た1年3組の39人、4年2組の41人、6年2組の42人で合計122人の生徒と、6年2組の担任であった北川先生が生存することができた。校舎はシェルターを脱出後のオサム達の共同生活の場となっている。飛ぶ教室 (漫画) フレッシュアイペディアより)

329件中 71 - 80件表示

「校舎の耐震対策」のニューストピックワード