128件中 41 - 50件表示
  • 学校施設

    学校施設から見たバスケットボール

    主に室内での体育や、鼓笛隊の練習、入学式や卒業式などの学校行事、その他を行う施設である。バスケットボールのゴールや、各種球技のラインなどが備え付けられている。学校施設 フレッシュアイペディアより)

  • 学校施設

    学校施設から見た運動場

    学校施設(がっこうしせつ)とは、学校を運営する上で必要となる建築物や設備を備えた施設のこと。学校施設としては、校舎、運動場(屋外運動場=校庭)、体育館(屋内運動場)が挙げられる。学校施設 フレッシュアイペディアより)

  • 学校施設

    学校施設から見た警備

    学校用務員が待機する部屋。住み込みの用務員または警備員が夜間の警備等の常駐管理を行うことから畳やコンロがある場合もあり、生活感が漂っている。場所によっては生活に困らないよう小さな平屋一戸建ての住宅が学校施設の敷地内に設けられており、風呂や台所などもあったり大抵の家財道具が揃っている場合も見られる。現在は、住込みの用務員、泊まり込みの警備員がいない学校でも、古い校舎の場合は宿直室が残っていることもある。学校施設 フレッシュアイペディアより)

  • 学校施設

    学校施設から見た卒業式

    主に室内での体育や、鼓笛隊の練習、入学式や卒業式などの学校行事、その他を行う施設である。バスケットボールのゴールや、各種球技のラインなどが備え付けられている。学校施設 フレッシュアイペディアより)

  • 学校施設

    学校施設から見た副校長

    教頭(副校長)が執務を行う部屋。存在しない学校のほうが多い。学校施設 フレッシュアイペディアより)

  • 学校施設

    学校施設から見たベビーブーム

    設置率が低い理由としては、子供は夏の暑さに耐えさせるべきだという教育的・医学的な理由、猛暑の時期は夏休みであること、ベビーブームで学校の増設が優先されて快適性が後回しにされてきたことなどが挙げられる。学校施設 フレッシュアイペディアより)

  • 学校施設

    学校施設から見た校庭

    学校施設(がっこうしせつ)とは、学校を運営する上で必要となる建築物や設備を備えた施設のこと。学校施設としては、校舎、運動場(屋外運動場=校庭)、体育館(屋内運動場)が挙げられる。学校施設 フレッシュアイペディアより)

  • 学校施設

    学校施設から見た火災

    明治元年(1868年)の学校建築開始当時から木造建築の校舎(木造校舎)が大半を占め、煉瓦建築などがこれに次ぐ形で普及した。鉄筋コンクリート造の校舎は、1920年(大正9年)、神戸市の須佐小学校校舎として日本で初めて登場している。さらには、関東大震災や室戸台風、空襲などの被害が、火災や地震に強い鉄筋コンクリート製校舎への建て替えるを強く促す結果となった。東京市では関東大震災で117校が焼失し、それら全校の新校舎は鉄筋コンクリート造で建て直された。これは「初期モダニズムの(世界的にも)画期的動向」であった。画一的ではなく設計者の個性が出ていた。木造校舎も耐震化などの改良を続けつつ、1970年代まで新築され続けたが、その後は鉄筋コンクリート製校舎が大半を占める時代が到来した。しかし、鉄筋コンクリート製校舎の全盛時代にあって木造校舎の良さを再認識する運動も市民権を獲得しており、木造校舎がいくつか新築されてもいる。学校施設 フレッシュアイペディアより)

  • 学校施設

    学校施設から見た史料

    老朽化や廃校などによって校舎の建て替えや取り壊しが検討されると、地域で校舎をめぐる様々な論議が起こることはしばしばである。例えば日本の公立小学校にあっては、地域住民の多くがその校舎で学んでいるため、校舎に対して特別な愛着が持たれている場合もある。また、古い校舎では当時の著名な建築家が関係していたり、著名人の随筆・自伝・伝記などに同施設に絡むエピソードが紹介されているなど、郷土史跡としての価値もあることから、部分的にでも保存しようとする動きも見られる。一例として、日本の広島県広島市に所在する広島市立袋町小学校の校舎の場合、被曝建造物として保護活動が行われていたが、老朽化を理由に2000年(平成12年)に解体された。この際、黒板の下などから発見された、被爆(被曝)当時の避難者の消息を伝える落書き(被曝伝言)は、切り取られた壁面などの形で平和教育用史料として保存されている。学校施設 フレッシュアイペディアより)

  • 学校施設

    学校施設から見た被爆建造物

    老朽化や廃校などによって校舎の建て替えや取り壊しが検討されると、地域で校舎をめぐる様々な論議が起こることはしばしばである。例えば日本の公立小学校にあっては、地域住民の多くがその校舎で学んでいるため、校舎に対して特別な愛着が持たれている場合もある。また、古い校舎では当時の著名な建築家が関係していたり、著名人の随筆・自伝・伝記などに同施設に絡むエピソードが紹介されているなど、郷土史跡としての価値もあることから、部分的にでも保存しようとする動きも見られる。一例として、日本の広島県広島市に所在する広島市立袋町小学校の校舎の場合、被曝建造物として保護活動が行われていたが、老朽化を理由に2000年(平成12年)に解体された。この際、黒板の下などから発見された、被爆(被曝)当時の避難者の消息を伝える落書き(被曝伝言)は、切り取られた壁面などの形で平和教育用史料として保存されている。学校施設 フレッシュアイペディアより)

128件中 41 - 50件表示

「校舎の耐震対策」のニューストピックワード