755件中 101 - 110件表示
  • 三晃金属工業

    三晃金属工業から見た株式株式

    東京証券取引所第一部(東証一部)と大阪証券取引所第一部(大証一部)に株式を上場する。筆頭株主は、材料の供給元でもある鉄鋼メーカーの新日本製鐵(新日鉄)と日新製鋼の2社で、どちらも約16%の株式を保有し、三晃金属工業を持分法適用会社としている。この2社に次ぐ株主は、2社が共同で出資する鉄鋼商社の日本鐵板である。三晃金属工業 フレッシュアイペディアより)

  • デジタル (企業)

    デジタル (企業)から見た株式株式

    日本証券業協会に株式を店頭登録。デジタル (企業) フレッシュアイペディアより)

  • キュービタス

    キュービタスから見た株式株式

    2008年4月1日に、クレディセゾンは、キュービタスを分割承継会社とする会社分割(簡易物的吸収分割)を行い、セゾンカードのプロセシング業務(審査業務、プロモーション業務、与信業務等)をキュービタスに承継させる。この会社分割により、クレディセゾンはキュービタスの株式51%を取得し、子会社化した。また、同時にユーシーカードは、保有するキュービタスの株式(49%)をすべて親会社のみずほ銀行に譲渡した。この際、みずほ銀行は、取締役半数選任権付きの種類株式を取得したため、キュービタスの取締役・監査役は、ユーシーカードとクレディセゾン双方から半数ずつ選出されている(ステップ2)。なお、みずほ銀行は、キュービタスの新株予約権も取得するため、予約権を行使すればキュービタスの株式の3分の2以上を取得できるようになっている。キュービタス フレッシュアイペディアより)

  • 近世から近代にかけての世界の一体化

    近世から近代にかけての世界の一体化から見た株式株式

    フランス政府は、ジョン・ローの会社に北米および西インド諸島との貿易について25年の独占権を保証し、1719年、フランス東インド会社や中国会社、その他のフランスの貿易会社を併合して翌年には王立銀行を所有するまでに至った。ジョン・ローは、ルイジアナの資源を誇張して伝え、事業計画を巧みに説明した。1719年、この会社の株式は熱狂的な投機対象となり、株価は500リーブルから15,000リーブルに高騰した。しかし、1720年夏、突如として信用不安が起こり、1721年には再び500リーブルまで下落した。ジョン・ローは、1720年のうちに摂政オルレアン公によって解任され、国外に逃亡した。近世から近代にかけての世界の一体化 フレッシュアイペディアより)

  • 忠実屋・いなげや事件

    忠実屋・いなげや事件から見た株式株式

    東京都心部に複数の賃貸オフィスビルを有している秀和(2005年に私的整理となり、モルガン・スタンレーが承継)が、忠実屋(1994年にダイエーに吸収合併され消滅)及びいなげや(現在はイオングループ傘下)の株式を大量に取得し、3社合併を提案したのに対して、忠実屋及びいなげやが、相互に株式を発行するなどして対抗した事件。又は、この紛争に関する秀和の仮処分申請がなされ、企業買収への対抗策としてなされた新株発行が「著しく不公正な方法」による新株発行として差止の対象となるかにつき、いわゆる「主要目的ルール」と呼ばれる基準を採用したとみられる、日本の裁判例(東京地方裁判所平成元年7月25日決定判例時報1317号28頁)の通称。事件番号は、忠実屋を被申請人とする仮処分申請につき、平成元年(ヨ)第2068号、いなげやを被申請人とする仮処分申請につき、平成元年(ヨ)第2069号。忠実屋・いなげや事件 フレッシュアイペディアより)

  • 登記事項

    登記事項から見た株式株式

    更に、株式会社の場合、出資比率の変動が、出資者の利害に絡む場合が多いので、株式や新株予約権に関する事項の公示が要請される(詳しい出資比率などは株主名簿の閲覧によって知る事になる。)。登記事項 フレッシュアイペディアより)

  • サトゥールン科学製造合同

    サトゥールン科学製造合同から見た株式株式

    NPO「サトゥールン」の株式は、37 %を国家が保有しており、57 %を経営陣が、6 %をその他の株主が保有している。2007年12月21日時点でのロシア取引システムにおける市場資金は119億ルーブリであった。株式の内、19.98 %はパートナーシップを結んでいるウーファ・モーター製作製造合同に所有されている。サトゥールン科学製造合同 フレッシュアイペディアより)

  • よしもとアール・アンド・シー

    よしもとアール・アンド・シーから見た株式株式

    2001年(平成13年)5月24日に株式会社アール・アンド・シー・ジャパンとして設立。2002年(平成14年)にROJAMが米Yoshimoto America,Inc. (吉本興業株式会社の連結子会社)から株式の80%を取得。2004年(平成16年)にROJAMが残りの20%を取得し、同社の100%出資会社となった。よしもとアール・アンド・シー フレッシュアイペディアより)

  • テレコム・イタリア・モービレ

    テレコム・イタリア・モービレから見た株式株式

    そのため、テレコム・イタリア・モービレが現在、事業を展開している地域は、イタリア、ブラジル(2地域とも100%出資)及びトルコ(10%の株式を保有)となっている。テレコム・イタリア・モービレ フレッシュアイペディアより)

  • ブラジルの経済

    ブラジルの経済から見た株式株式

    ブラジルにおいて、金融業は銀行が主役である。2007年に勃発したサブプライムローン問題以降、先進国の金融機関が破綻、あるいは事実上の国有化、自己資本の毀損を迫られる中で、もともと、国内の高金利政策を背景に、ブラジルの金融機関はサブプライムローンへの投資をほとんどしてこなかったことから、自己資本はまったく痛んでおらず、健全である。その中でも、2008年にバンコ・イタウとウニバンコが合併して誕生したイタウ・ウニバンコ、バンコ・ブラデスコ、ブラジル銀行、バンコ・サンタンデール・ブラジルが4大銀行として君臨する。2009年10月、バンコ・サンタンデール・ブラジルがニューヨーク証券取引所とBM&F Bovespaに株式を新規公開したが、調達した金額は、2009年度中の新規公開では最大規模の114億レアル(約6,000億円)であり、このことが2016年のリオデジャネイロオリンピック開催決定というタイミングとあいまって、レアルへの資金流入と金融取引税の導入を導いた。4大銀行のうち、ブラジル銀行を除く3行がニューヨーク証券取引所に米国預託証券という形で上場させている。ブラジルの経済 フレッシュアイペディアより)

755件中 101 - 110件表示

「株・為替」のニューストピックワード

おすすめ画像

おすすめ動画