52件中 21 - 30件表示
  • 株主優待

    株主優待から見た会社四季報

    上場企業の実施数は増加傾向で2016年9月末には1,307社になり、全上場企業の35.5%にあたり過去最高となった。会社四季報の巻末には、株主優待を含めた実質配当利回りランキングの表が掲載されている。証券会社や株式情報サイトなど、各社で毎年行われている『株主優待人気ランキング』では、イオン・吉野家HD・オリエンタルランド・ANAホールディングスなどが『常連株』として名を連ねている。株主優待 フレッシュアイペディアより)

  • 株主優待

    株主優待から見た東京証券取引所

    信用取引(空買い)で一時的に株式を買っていても優待は貰えない。現物株で保有してその企業が定める権利確定時期、いわゆる権利日を迎える必要がある。権利確定日の翌営業日に当たる権利落ち日には、株主としての権利や配当金額分の価値が実質的に目減りするので、東京証券取引所の日経平均株価・東証株価指数が下落する傾向にある。株主優待 フレッシュアイペディアより)

  • 株主優待

    株主優待から見たダイヤモンド社

    日本では、3685社の上場企業のうち1307社が実施し、幅広く実施されている制度だが、その法的な義務は法令上無く、個別の企業判断に委ねられているため、定めない企業もある。諸外国ではほとんど行われておらず、将棋棋士の桐谷広人がダイヤモンド社のインタビュー企画で語ったところによれば、殆ど日本だけで行われている株主還元の形であるという。株主優待 フレッシュアイペディアより)

  • 株主優待

    株主優待から見た権利確定日

    株主優待(かぶぬしゆうたい)は、株式会社が一定数以上の自社の株券を権利確定日に保有していた株主に与える優待制度のこと。略して株優(かぶゆう)と呼ぶこともある。株主優待 フレッシュアイペディアより)

  • 株主優待

    株主優待から見た上場廃止

    長期保有特典を実施し、安定株主を増やそうと実施する企業も2004年以降、毎年増加傾向にあるほか、新設銘柄も1992年以降増加している。一方で、上場廃止や業績悪化などの企業運営上の問題、あるいは後述する株主平等原則の観点から株主優待を廃止する銘柄も、毎年30社程度存在する。株主優待 フレッシュアイペディアより)

  • 株主優待

    株主優待から見た歳暮

    株主優待を実施する企業が日本にだけ多い理由は、返礼品が人気のふるさと納税と同様、中元・歳暮などの日本の贈答文化が普及の下地との指摘があるほか、主に投資信託経由で株券に投資する欧米と違い、日本では個人が株券を直接持つ傾向が強いことが指摘されている。なお、日本の国内企業から世界の投資家、世界の日本人投資家への株主優待の発送は行われていない。株主優待 フレッシュアイペディアより)

  • 株主優待

    株主優待から見た株主平等原則

    長期保有特典を実施し、安定株主を増やそうと実施する企業も2004年以降、毎年増加傾向にあるほか、新設銘柄も1992年以降増加している。一方で、上場廃止や業績悪化などの企業運営上の問題、あるいは後述する株主平等原則の観点から株主優待を廃止する銘柄も、毎年30社程度存在する。株主優待 フレッシュアイペディアより)

  • 株主優待

    株主優待から見た権利落ち日

    信用取引(空買い)で一時的に株式を買っていても優待は貰えない。現物株で保有してその企業が定める権利確定時期、いわゆる権利日を迎える必要がある。権利確定日の翌営業日に当たる権利落ち日には、株主としての権利や配当金額分の価値が実質的に目減りするので、東京証券取引所の日経平均株価・東証株価指数が下落する傾向にある。株主優待 フレッシュアイペディアより)

  • 株主優待

    株主優待から見た株券

    株主優待(かぶぬしゆうたい)は、株式会社が一定数以上の自社の株券を権利確定日に保有していた株主に与える優待制度のこと。略して株優(かぶゆう)と呼ぶこともある。株主優待 フレッシュアイペディアより)

  • 株主優待

    株主優待から見たワールドビジネスサテライト

    海外投資家や投資信託、ファンドは、優待で得た物(特に日本国内でしか使えない金券・割引券)を換金して、配当に比べるとわずかな金額だが利益を出資者に分配している。法人株主も大抵の場合は換金している(ワールドビジネスサテライトの特集より)。株主優待 フレッシュアイペディアより)

52件中 21 - 30件表示

「株主優待」のニューストピックワード