473件中 11 - 20件表示
  • 総会屋

    総会屋から見た株主総会株主総会

    その名の通り株主総会の活性化を阻害する存在だが、1981年(昭和56年)、1997年(平成9年)の2度の商法改正により、その活動が従来より制約された。2006年5月1日に施行された会社法では、株主の権利の行使に関する利益の供与(会社法第120条)として規制されている。総会屋 フレッシュアイペディアより)

  • 取締役

    取締役から見た株主総会株主総会

    定款により、または定款の定めに基づく取締役の互選か株主総会決議のいずれかの方法で、特定の取締役を代表取締役に選出することもでき、その場合は代表取締役以外の取締役は代表権を有しない(349条1項但書、3項)。取締役 フレッシュアイペディアより)

  • さいたまスーパーアリーナ

    さいたまスーパーアリーナから見た株主総会株主総会

    スポーツイベント・コンサート・テレビ番組の収録・講演会・株主総会・見本市会場など、さまざまな用途に対応しており、最大37,000席を使用できる国内最大級の多目的ホールとなっている。さいたまスーパーアリーナ フレッシュアイペディアより)

  • ダイエー

    ダイエーから見た株主総会株主総会

    4月15日 - イオンリテール株式会社 代表取締役会長の村井正平が顧問に就任。同年5月22日に行われた定時株主総会当日をもって兼任で当社の代表取締役社長に就任。ダイエー フレッシュアイペディアより)

  • ドコモ・マシンコム

    ドコモ・マシンコムから見た株主総会株主総会

     商法第253条第1項の規定に基づき、平成16年12月27日臨時株主総会決議事項についての同意書により資本金15億9千万円を14億9千万円減少して1億円とした。商法第253条1項の規定に基づき、平成17年3月31日株主総会決議事項についての提案に対する同意書受領により解散。平成17年6月12日清算完了。ドコモ・システムズ株式会社に一部営業譲渡した。ドコモ・マシンコム フレッシュアイペディアより)

  • 小川薫

    小川薫から見た株主総会株主総会

    1963年、ギャンブルで店のお金を使い込み夜逃げし再び上京。親戚の電器店で集金人をする。東京オリンピックに沸く1964年、東京新橋駅西口のバラック街のバーで、知人から聞いた総会屋の話に興味を持ち、その世界に足を踏み入れた。独学で勉強し端株を購入し片っ端から株主総会に出席した。当時は今と違い総会は一年中開かれていた。また証券不況の時代で、株価は100円以下の会社が多くタバコ銭で株が買えた。久保祐三郎や糸山英太郎ら大物の芸を盗み、代議士上がりの栗田英男を師と仰いだ。また日経や会社四季報などを読み猛勉強。ハンデ師をしていたので情報を覚える事は何ら苦にならなかったという。一説によると某印刷会社の秘書課長の支援の元、総会屋としての活動を開始したとされる。1964年、新橋に「小川企業広告研究所」を設立。小川薫 フレッシュアイペディアより)

  • 法務

    法務から見た株主総会株主総会

    株主総会、取締役会などの運営(但し、総会の事務局業務は総務の担当とされる事も多い)法務 フレッシュアイペディアより)

  • 会計監査人

    会計監査人から見た株主総会株主総会

    商法の旧会社編においては、会計監査人を会社の機関とは考えないのが多数説であったが、会社法においては「株主総会以外の機関」のひとつとして規定(会社法326条)され、会計監査人に対する株主代表訴訟(会社法847条)も可能になっている。会計監査人 フレッシュアイペディアより)

  • 常総鉄道

    常総鉄道から見た株主総会株主総会

    1945年(昭和20年)3月20日 株主総会により筑波鉄道との合併を決定。常総筑波鉄道となる。存続会社は常総鉄道。常総鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • 経営参加権

    経営参加権から見た株主総会株主総会

    経営参加権(けいえいさんかけん)は、株式会社の株主が持つ権利の一つで、株主総会に出席し、企業の経営の重要な方針についての決議等に参加し、経営の意思決定に関与する権利である。株主総会の議決 権が代表的な権利である。経営参加権 フレッシュアイペディアより)

473件中 11 - 20件表示

「株主総会」のニューストピックワード