364件中 41 - 50件表示
  • 計算書類

    計算書類から見た株主総会株主総会

    株主総会で承認を受けることが原則であるが(438条)、会計監査人設置会社において会社計算規則163条各号のいずれも満たす場合は、取締役会の承認で足りる(439条、436条3項)。計算書類 フレッシュアイペディアより)

  • 常総筑波鉄道

    常総筑波鉄道から見た株主総会株主総会

    1945年(昭和20年)3月20日 株主総会により常総鉄道と筑波鉄道との合併を決定。常総筑波鉄道となる。存続会社は常総鉄道。常総筑波鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • ドリームネット

    ドリームネットから見た株主総会株主総会

    2003年、NTTグループにおいて打ち出された傘下ISP事業の統合・再編の方針により、NTTコミュニケーションズが運営するOCNへの統合が決定され、同年1月23日に、NTTコミュニケーションズがドリームネットの全株式を取得して完全子会社化した。同年7月1日に、ISP事業のうち、インターネット接続サービス事業をNTTコミュニケーションズに営業譲渡するかたちで事業を統合された。2005年9月30日開催の臨時株主総会の決議により解散。同年11月30日清算結了。ドリームネット フレッシュアイペディアより)

  • 田路舜哉

    田路舜哉から見た株主総会株主総会

    昭和22年1月、公職追放令の範囲が拡大されて財界にも及んできたため、竹腰健造社長以下3名の役員が退任することになり、3月27日、臨時株主総会後に開かれた取締役会で田路舜哉専務を新社長に選任し、役員陣が一新された。田路舜哉は、昭和7年から6年間、中国の住友上海洋行の支配人を勤めた経験があり、役員の中で唯一の商事活動経験者であった。住友全職員の中から、商社社長の最適任者として選ばれた人物であったので、竹腰健造社長辞任の後を受けて社長になることは、予定の筋書きであった。常務時代から営業部の職員に対し、「熱心な素人は玄人に勝る」と営業部員を激励しながら自由な活力を引き出すことに努力した。田路舜哉 フレッシュアイペディアより)

  • 会計監査人設置会社

    会計監査人設置会社から見た株主総会株主総会

    会計監査人設置会社の定めの新設は定款変更であるから、株主総会の特別決議によらなければならない(309条2項11号・466条)。会計監査人設置会社 フレッシュアイペディアより)

  • 宮入バルブ製作所

    宮入バルブ製作所から見た株主総会株主総会

    2002年6月頃から株式の買収が始まり、2003年11月には松佳(現在のバナーズ)・投資家の畑崎広敏らのグループによる大量保有が大量保有報告書により明らかとなった。2004年初頭に松佳側より経営参画を求めるも、当時の宮入バルブ製作所経営陣がこれを受諾せず、2004年4月には松佳側が株主提案権を行使して取締役5名選任案を提出。同年6月の株主総会で5名が選任された直後の取締役会で社長解任の動議が出された(否決)。宮入バルブ製作所 フレッシュアイペディアより)

  • 手塚昌利

    手塚昌利から見た株主総会株主総会

    しかし、2005年秋に発覚した村上ファンドによる阪神電鉄の買収問題(阪急・阪神経営統合を参照)に対しては有効な対策を打てず、翌2006年3月、阪神電鉄は阪急ホールディングスとの経営統合に追い込まれた。手塚は株主総会で阪急との統合が議決された2006年6月29日付で相談役に退き、タイガースのオーナーも辞任した。手塚昌利 フレッシュアイペディアより)

  • 清水義之 (実業家)

    清水義之 (実業家)から見た株主総会株主総会

    結局、同年6月、頭取職を退き代表権のある会長に就任、株主総会わずか2日前のトップ交代内定であった。頭取退任理由は、『財界活動に専念』が名目であったが、前年の“天下り役員”放逐が、結果として金融当局との軋轢を生じさせ、頭取退任の遠因になったと言われる。事実、”今回の検査で監督庁が十六銀のリスク管理体制の問題を指摘したうえで、清水氏にそれとなく退任を勧めたのでは(地元金融関係者)”とも報道されている()。決算取締役会・株主総会では頭取交代には触れず、記者会見でも出席したのは後任指名を受けた小島伸夫だけであった。清水義之 (実業家) フレッシュアイペディアより)

  • 中国広播公司

    中国広播公司から見た株主総会株主総会

    1928年8月に南京で放送を開始した中央広播電台(1949年以降の同名の放送局とは性格が異なる)が前身で、当時は中国国民党の一機関であったが、1932年に国民政府の管轄下に移り、さらに1946年12月、国民政府が開催した国民大会で株式会社に改組することが決定された。しかし、当時は国共内戦の最中であったため、国民政府の台湾に移動後、1949年11月に最初の株主総会が開催され、中国広播公司は株式会社として正式に発足した。発足当初から中国国民党が大株主であり、実質的には党営、あるいは中国国民党政権下では国営放送局であったが、2005年12月に中国国民党から栄麗投資公司に株式が売却され、現在に至っている。中国広播公司 フレッシュアイペディアより)

  • 弓場季彦

    弓場季彦から見た株主総会株主総会

    3期満了(任期・1期2年)に伴う2008年6月の株主総会で社長を退任。弓場季彦 フレッシュアイペディアより)

364件中 41 - 50件表示

「株主総会」のニューストピックワード

  • ソウル株式市場

  • 1兆ドルのインフラ事業に韓米の企業がともに施工者や投資家として参加する機会が拡大するでしょう

  • 国立公園満喫プロジェクト