473件中 71 - 80件表示
  • クラウンジュエル

    クラウンジュエルから見た株主総会株主総会

    クラウンジュエルとは経営学用語の一つ。企業が敵対的買収の危機に置かれている場合に、その企業の保有している価値のある部門や財産を第三者に譲渡したり分社化することで、自社の魅力を低下させ、買収者の意欲を削ぐということ。この言葉は、王冠が狙われている場合に、その王冠に組み込まれている宝石を取り外すことで王冠の魅力を低下させ、王冠を狙われなくするということになぞられて用いられている。なお、企業の重要な事業を譲渡する場合には会社法で株主総会の特別決議が必要とされており、重要な財産の譲渡のためには取締役会の決議が必要とされている。クラウンジュエル フレッシュアイペディアより)

  • ロケーション・エージェント

    ロケーション・エージェントから見た株主総会株主総会

     平成14年9月27日開催の臨時株主総会において、株式会社ドコモ・マシンコミュニケーションズに吸収されて解散した。ロケーション・エージェント フレッシュアイペディアより)

  • 江ノ電百貨店

    江ノ電百貨店から見た株主総会株主総会

    1985年(昭和60年)3月1日 - 株式会社江ノ電百貨店臨時株主総会にて、解散決議。江ノ電百貨店 フレッシュアイペディアより)

  • 全国株式連合会

    全国株式連合会から見た株主総会株主総会

    定款や株式取扱規則をはじめとする「株懇モデル」を作成・公表している。株懇モデルには、株主総会招集通知・事業報告・株主総会参考書類なども含まれており、経団連モデルに同じく上場会社のメルクマールとなっている。全国株式連合会 フレッシュアイペディアより)

  • 計算書類

    計算書類から見た株主総会株主総会

    株主総会で承認を受けることが原則であるが(438条)、会計監査人設置会社において会社計算規則163条各号のいずれも満たす場合は、取締役会の承認で足りる(439条、436条3項)。計算書類 フレッシュアイペディアより)

  • 株式買取請求権

    株式買取請求権から見た株主総会株主総会

    日本の会社法において株式買取請求権は、(1)単元未満株式の買取りを求める場合(会社法192条)と、(2)合併などの会社の企業組織再編等の株主総会決議が行われた時に、議案に反対した株主が会社との関係を絶つために、自己の有する株式について会社に買取りを求める場合の2種類が認められている。株主の自益権の一つであり、形成権である。株式買取請求権 フレッシュアイペディアより)

  • 株式分割

    株式分割から見た株主総会株主総会

    よって、日本法においては、株式併合(180条2項)の場合と異なり、株主総会の特別決議(309条2項)までは法律上要求されず、取締役会設置会社においては、株主総会の通常決議すら不要で、取締役会の決議のみで分割が可能である(183条2項)。株式分割 フレッシュアイペディアより)

  • アメリカ社会民主主義

    アメリカ社会民主主義から見た株主総会株主総会

    1900年代末に入るとコロニーが衰退を余儀無くされる。1904年12月一部の会員がバーレーロッチデール貿易協会に合流し、3ヶ月後には協同協会自体が合弁会社へと再編成された。1908年までには150名の協会員を有するも、コロニーの住民は17名へと激減。1912年末、受託者は協会解散に向け株主総会を開いたが、賛意を得られず法廷へと持ち込まれる事となる。1913年1月10日にはジョン・P・ヤング判事が協同協会解散を命じ、財産を管財人管理下においた。資産は1924年を最後に全て売却された。アメリカ社会民主主義 フレッシュアイペディアより)

  • 共同訴訟参加

    共同訴訟参加から見た株主総会株主総会

    株主総会等決議不存在・無効確認の訴え(会社法830条)共同訴訟参加 フレッシュアイペディアより)

  • 宮入バルブ事件

    宮入バルブ事件から見た株主総会株主総会

    なお、宮入バルブ製作所では1989年にも高橋久雄の率いる高橋産業との間で経営権争いを起こしており、この紛争を指して宮入バルブ事件と称することもある。この際にも買収防衛策として新株発行がなされ、高橋産業はこれが有利発行であるにもかかわらず株主総会決議を経ていないとして差止めを求めた。しかし、当時の日本証券業協会の自主ルールに従い発行価額が直近6ヶ月の平均株価の90%に設定されていたことから、東京地裁は有利発行ではないと判断し申請を却下した。宮入バルブ事件 フレッシュアイペディアより)

473件中 71 - 80件表示

「株主総会」のニューストピックワード