250件中 91 - 100件表示
  • ハドソン湾遠征

    ハドソン湾遠征から見た配当配当

    ハドソン湾会社に拠れば、プリンス・オブ・ウェールズ砦で奪われた商品の価値だけで14,000ポンド以上であり、ラ・ペルーズの襲撃は会社の財政に大きな打撃を与えたので、1786年まで配当金を払えなくなった。1783年パリ条約で和平がなったとき、フランスはハドソン湾会社にその損失を補償することに合意した。この襲撃はハドソン湾会社の交易関係に恒久的な打撃を残さなかった。ハドソン湾会社と交易していたチペワイアン族インディアンは会社が物資を補給できなくなったために大きな影響を受け、その後の天然痘の流行によって北アメリカのインディアン人口は大きく減少した。ある推計ではチペワイアン族の人口は半減したとされている。ハドソン湾会社が2シーズンにわたってインディアンと交易できなかったことにより、生存者の多くはモントリオールとの交易関係を広げることになった。ハドソン湾遠征 フレッシュアイペディアより)

  • フランクリン・テンプルトン・インベストメンツ

    フランクリン・テンプルトン・インベストメンツから見た配当配当

    フランクリンインカムファンド (FKINX、336億ドル資産)は主に有配株・債権で構成されており、1948年に開発されてから継続支払配当が60年続いている。フランクリン・テンプルトン・インベストメンツ フレッシュアイペディアより)

  • 毎月分配型投資信託

    毎月分配型投資信託から見た配当配当

    2000年台後半から、高水準の分配金を出すファンドの人気化をうけて、リスクの高い低格付債や新興国の債券に投資し高いリターンを狙うもの、高配当の株式に投資するもの、不動産投資信託(REIT)に投資するもの、それらを組み合わせて投資するバランス型ファンドなども現れるようになった。2008年の金融危機後も毎月分配型投資信託の人気は継続し、2016年11月末時点で純資産総額は33.6兆円と全投信の55.8%を占めている。2017年2月時点で、日本で最大の純資産総額を有する毎月分配型投資信託(株式投資信託)はフィデリティ・USリート・ファンド B(為替ヘッジなし)であり、その純資産総額は約1兆4千億円となっている。毎月分配型投資信託 フレッシュアイペディアより)

  • 経済成長

    経済成長から見た配当配当

    これは市場経済の働きにより、原材料生産のほうに価値が置かれるようになったことを意味する。結果、原材料生産国は増産をするようになり、自然と自動車生産の価値が上昇するようになる、その結果自動車生産が増大していく。このように価格機構を持っている市場経済は経済成長機構を内蔵している。生産数量の増大は上記のように、付加価値を市場から提示されることで決定される。また、付加価値は生産に要した労働力と資本に分配される。労働力への分配は賃金などを意味し、資本への分配は配当・金利を意味する。経済成長 フレッシュアイペディアより)

  • 伊予鉄道横河原線

    伊予鉄道横河原線から見た配当配当

    地元からの要望に応じて開業した。しかし沿線からの株式調達失敗、兄弟路線と言える森松線の沿道有志による会社設立が難航、という経緯を見ても、横河原・森松両線の前途は多難が予想された。無論、採算がおぼつかない延伸は株主の反発を招き、平井延伸は「既存路線と新規路線の独立採算」を提案することによって、ようやく株主の了解を得るに至った。つまり、横河原線の損失は高浜線の利益で補填をしない、という不思議な経営形態をとっていた。しかも株式までそれぞれの路線ごとに分かれ、当然その配当も別々という、同一会社とは思えない珍策であった。伊予鉄道横河原線 フレッシュアイペディアより)

  • 株式

    株式から見た配当配当

    株式会社は、事業で得た利益の一部を出資比率に応じて配当という形で株主に分配する。事業が赤字の場合には無配になる可能性がある。また、廃業したり、経営が破綻して倒産した場合には株式の価値がゼロになることもある。しかし、株主の責任は有限責任であり、会社に多額の債務が残っても株主は出資額以上の損失を被ることはない。一方で、会社を解散した場合、債務をすべて履行してなお資産が残れば、その資産の所有権は株主にあり、出資比率に応じて分配する。株式 フレッシュアイペディアより)

  • 新規上場申請のための有価証券報告書

    新規上場申請のための有価証券報告書から見た配当配当

    【提出会社の状況】株式等の状況、自己株式の取得等の状況、配当政策、株価の推移、役員の状況、及びコーポレート・ガバナンスの状況等新規上場申請のための有価証券報告書 フレッシュアイペディアより)

  • 渡辺晋

    渡辺晋から見た配当配当

    株式公開の話を幾度となく持ちかけられたが、「芸能市場は長期的なスパンが必要であり、株価を気にし株主に常に配当をしなければならないという状況下では成立しにくい。」と判断。株式の公開を行わなかった。渡辺晋 フレッシュアイペディアより)

  • 統制会社令

    統制会社令から見た配当配当

    本令の制定前、中央にあるものでは商工省関係で150、農林省関係で40、厚生省関係で7、その他若干数、また地方にあるものでは府県単位のもので数百、数府県単位のもので若干数の合計約600に達する統制会社が各種の統制法令に基いて設立されていたが、似通った統制会社があちこちに作られ、中には実体が無いに等しいトンネル会社のような物も存在するとされた。また、これらの統制会社が法律上は商法(明治32年3月9日法律第48号)の規定に基づく株式会社に過ぎず、株主総会の発言権が強いので株主に対する利潤配当に汲々する事があり、業務の運営その他についても政府の意思を的確かつ迅速に産業の末端まで浸透させるには不十分とされたため、統制遂行上も不便が少なくなかった。そのため、これら統制会社の基礎法規を明確にして、政府の適切な監督を為し得るようにするために本令が制定された。統制会社令 フレッシュアイペディアより)

  • MRIインターナショナル

    MRIインターナショナルから見た配当金配当

    2013年4月25日、日本国内の顧客から預かった資産約1300億円を運用せず、関東財務局にも嘘の事業報告書を提出していた疑いがあることが報道された。少なくとも2011年以降は、アメリカにおける金融商品による運用は行われている状況ではなく、運用実態のないまま集めた資金は、経営難に陥ったアメリカの医療関係施設への融資や、一部の日本の顧客への配当や償還金に充当したと報じられた。26日には、証券取引等監視委員会は、同社が顧客から集めた資金を他の顧客への配当金・償還金の支払いに流用したり、虚偽の事業報告書を提出するなど金融商品取引法に違反したとして、行政処分するよう金融庁に勧告したと発表した。詐欺事件としての報道が進むにつれて社長であるフジナガ社長がギャンブルに充てたり、プライベートジェットでの私的旅行に使ったりしていた事が報道されるようになった。証券取引等監視委員会によると、MRIインターナショナルは日本語のウェブサイトでは「資本金2億851万ドル」と公表し、同様に関東財務局に提出していた事業報告書にも「資本金181億円」と記載していたが、アメリカでは資本金ゼロの赤字企業として税務申告されていた。MRIインターナショナル フレッシュアイペディアより)

250件中 91 - 100件表示

「株式配当金」のニューストピックワード