175件中 21 - 30件表示
  • プランド・ギビング

    プランド・ギビングから見た配当配当

    プランド・ギビング(Planned Giving)とは、寄付者が、遺言を含めて、自分の人生を通じた寄付について計画的に実施すること。米国でシニア層の寄付が進む要因のひとつが、このプランド・ギビング(信託制度を活用した寄付が進みやすくする仕組み。)である。1969年に米国で生まれ、税制上のメリット、特に有価証券や土地の寄付しやすさ、運用益の配当が受けられる制度設計などにより、寄付の促進に大きな貢献をしている。米国の場合、信託残高が約1285億ドル(約12兆円、2008年末)に至っている。プランド・ギビング フレッシュアイペディアより)

  • 特定金銭信託

    特定金銭信託から見た配当金配当

    特定金銭信託、特定金外信託、特定包括信託の三つの信託形態は、主に企業の有価証券管理を合理化するために使われる。メリットとして、直接有価証券を保有するよりも、信託によって有価証券管理事務を省力化できること、有価証券の取得時の簿価を財産ごとに区分して管理できること。また、有価証券を直接保有するのと同じように、法人税法上配当金を益金不算入とすることができるなどが挙げられる。特定金銭信託 フレッシュアイペディアより)

  • 宇野収

    宇野収から見た配当配当

    社長就任時には2期4年を務めて茶谷周次郎に交代する方針がまとまっており、黒字転換や復配を達成した後の1983年に会長に退いた。茶谷が関西経済同友会の代表幹事を務めて多忙だったため、社長交代が予定より1年遅くなったという。まもなく河崎邦夫から打診を受けて関経連副会長の座を継ぎ、任期後半の2年間は関西文化学術研究都市建設のため建設特別法の制定などに尽力した。1987年に日向方齊から指名されて後任の関経連会長となり、「関西の活性化」というスローガンを掲げた。そのために国家プロジェクトを関西地方に誘致することを目指し、7年間の任期中に822件、事業費にして計41兆円のプロジェクトが生まれている。また、関西への遷都なども繰り返し提言し、道州制の導入なども訴えている。宇野収 フレッシュアイペディアより)

  • ランドバンキング

    ランドバンキングから見た配当配当

    途中で配当がある場合には配当所得として課税関係が発生する。ランドバンキング フレッシュアイペディアより)

  • ハドソン湾遠征

    ハドソン湾遠征から見た配当配当

    ハドソン湾会社に拠れば、プリンス・オブ・ウェールズ砦で奪われた商品の価値だけで14,000ポンド以上であり、ラ・ペルーズの襲撃は会社の財政に大きな打撃を与えたので、1786年まで配当金を払えなくなった。1783年パリ条約で和平がなったとき、フランスはハドソン湾会社にその損失を補償することに合意した。この襲撃はハドソン湾会社の交易関係に恒久的な打撃を残さなかった。ハドソン湾会社と交易していたチペワイアン族インディアンは会社が物資を補給できなくなったために大きな影響を受け、その後の天然痘の流行によって北アメリカのインディアン人口は大きく減少した。ある推計ではチペワイアン族の人口は半減したとされている。ハドソン湾会社が2シーズンにわたってインディアンと交易できなかったことにより、生存者の多くはモントリオールとの交易関係を広げることになった。ハドソン湾遠征 フレッシュアイペディアより)

  • シンジケート

    シンジケートから見た配当金配当

    本株とは別に余勢株というものがあり、ノミネーションセールと呼ばれるセリ市で取引されるが、非会員はこれを購入して1年限定の種付け権利を得ることとなる。余勢株の相場は、おおむね本株の5分の1程度とされる。余勢株から得られた収入は、会員に分配される配当金となる。シンジケート フレッシュアイペディアより)

  • 株主優待

    株主優待から見た配当配当

    家族名義で株式を購入し名義人数分だけ優待をもらったり、手に入れた優待券(運賃割引券、商品券など)をインターネットオークションや金券ショップで換金する者もいる。企業の想定以上に株主数が増えた結果、優待実施に係るコストが上昇し、優待内容を縮小あるいは廃止する企業が出てきている。また、株式を多く保有する外国人投資家から、株式保有量に比例した配分がなされない優待よりも配当を優先すべきという声が出て、廃止に踏み切った企業も存在する。株主優待 フレッシュアイペディアより)

  • オッズ

    オッズから見た配当配当

    なお、日本の公営競技においては、しばしば払戻金の倍率(賭けた金が何倍になって払い戻されるか)のことをオッズと呼ぶ。オッズ フレッシュアイペディアより)

  • ピップトウキョウ

    ピップトウキョウから見た配当配当

    2010年(平成22年) - ピップフジモト株式会社へ吸収合併され、ピップトウキョウ株式会社は解散。ピップフジモト株式会社はピップ株式会社に社名変更。ホープオーコーチ株式会社は引き続きピップ株式会社の子会社となったが、ピップ物流株式会社とピップケアウェル安心株式会社は現物配当により同日に商号を変更したフジモトHD株式会社の子会社となった。ピップトウキョウ フレッシュアイペディアより)

  • 営団

    営団から見た配当配当

    以上から出資は政府、公共団体、民間等の共同で行われており、例えば設立当初の帝都高速度交通営団の場合、資本金6,000万円の内訳は国4,000万円、東京市1,000万円、東京急行電鉄など私鉄事業者・国鉄共済連合1,000万円となっていた。配当については「民」である私鉄事業者に優先配当するとしていたように、官民協力という性格を反映した仕組みをとっていった。営団 フレッシュアイペディアより)

175件中 21 - 30件表示

「株式配当金」のニューストピックワード