250件中 31 - 40件表示
  • 保険金不払い事件

    保険金不払い事件から見た配当配当

    保険金不払い事件(ほけんきんふばらいじけん)または保険金不払い問題(ほけんきんふばらいもんだい)とは、数多くの保険会社(生命保険会社、損害保険会社問わず)が起こした、保険金(この場合、厳密には保険金とは言えない給付金や配当金なども含める例が多い)を支払わなければならない事案や事故に対して正当な理由無く保険金を支払わずにいた事件(不祥事)のことである。数多くの保険会社がこのような保険金の不当な不払いを行っていたことから、保険業界全体の著しい腐敗が明らかになり、社会問題にまで発展した。保険金不払い事件 フレッシュアイペディアより)

  • 紺野邦武

    紺野邦武から見た無配配当

    2002年(平成14年)、松本紀社長ら経営陣が金融庁から早期是正命令の発動を受けたことと、3期連続の赤字と無配となったことの責任をとるため、前年副社長に就任した紺野を除く、全取締役が引責辞任したことを受け、後任として昇格した。紺野邦武 フレッシュアイペディアより)

  • 特定金銭信託

    特定金銭信託から見た配当金配当

    特定金銭信託、特定金外信託、特定包括信託の三つの信託形態は、主に企業の有価証券管理を合理化するために使われる。メリットとして、直接有価証券を保有するよりも、信託によって有価証券管理事務を省力化できること、有価証券の取得時の簿価を財産ごとに区分して管理できること。また、有価証券を直接保有するのと同じように、法人税法上配当金を益金不算入とすることができるなどが挙げられる。特定金銭信託 フレッシュアイペディアより)

  • 株価収益率

    株価収益率から見た配当配当

    株主の側から見れば、「利益が全て配当に回された場合に何年で元本を回収できるか」という指標として見ることができる。一方企業の側から見れば、「株主からの出資をどれくらいの利回りで運用しているか」という指標の逆数と見ることができる。株価収益率 フレッシュアイペディアより)

  • 内在価値

    内在価値から見た配当配当

    内在価値(ないざいかち)とは経済学用語の一つ。株式投資を行う際に、その企業の価値が株式の時価ではなく企業の資産や収益や配当などの基礎的な要因によって測られたもの。この他にも素質や成長性や能力や環境なども要因となる。これらの要因によって測られた内在価値を株式の時価と比較するということで、現在のその企業の株式は買いであるか売りであるかといったことが判断できるようになる。内在価値 フレッシュアイペディアより)

  • 帝国燃料興業

    帝国燃料興業から見た配当配当

    政府以外の者が所有する株式に6分配当を行なうまで政府保有株式には配当を要しない、帝国燃料興業 フレッシュアイペディアより)

  • 小崎哲資

    小崎哲資から見た配当配当

    2002年(平成14年)、みずほホールディングス(みずほHD)は不良債権処理を進めたが、結果として巨額の赤字を計上し、優先株式の形で注入された2兆円以上の公的資金に対する配当の原資が枯渇する危機に直面していた。同社の事業再構築推進チーム委員長に就任した小崎は、みずほHDの親会社としてさらに株式会社みずほフィナンシャルグループを設立し、持株会社を重ねるという「二重持株会社方式」を考案した。傘下の黒字企業と赤字企業を2つの持株会社で振り分け、みずほは配当を実現した。さらに2003年(平成15年)、みずほは3月期決算で自己資本比率を大幅に低下させ、BIS規制に抵触する寸前になっていた。この際、みずほの取引先企業3500社を引受先とする1兆円増資のスキームづくりを主導し、2度にわたるみずほの窮地脱出を支えた。こうした手腕を買われ、2004年(平成16年)には取締役に就任。翌年以降の中期経営計画「Channel to Discovery」プラン策定を指揮した。小崎哲資 フレッシュアイペディアより)

  • 滞納処分

    滞納処分から見た配当配当

    差し押さえる財産は、国税徴収上必要なものでなければならず、かつその財産を換価したときに滞納国税への配当が得られるものでなければならない(徴収法第48条)。滞納処分 フレッシュアイペディアより)

  • ピップトウキョウ

    ピップトウキョウから見た配当配当

    2010年(平成22年) - ピップフジモト株式会社へ吸収合併され、ピップトウキョウ株式会社は解散。ピップフジモト株式会社はピップ株式会社に社名変更。ホープオーコーチ株式会社は引き続きピップ株式会社の子会社となったが、ピップ物流株式会社とピップケアウェル安心株式会社は現物配当により同日に商号を変更したフジモトHD株式会社の子会社となった。ピップトウキョウ フレッシュアイペディアより)

  • 永松利熊

    永松利熊から見た無配配当

    1933年(昭和8年)12月、大同電力株式会社の常務取締役に就任した。同社は木曽川での電源開発などを手がける、当時の大手電力会社の一つであったが、経営が悪化して同年上期の決算から無配に転落していた。社長の増田次郎によると、興銀総裁の結城豊太郎(1930 - 1937年総裁)と会談した際、結城に経理方面の達人を世話するので徹底的に整理して立て直してみてはどうかと勧められたので、これを受け入れたところ大同にやってきたのが永松であったという。永松が常務となり会社の更生にあたったところ業績が向上したということで、増田は自叙伝にて永松を知るのが遅かったと悔い嘆いたと書いている。永松利熊 フレッシュアイペディアより)

250件中 31 - 40件表示

「株式配当金」のニューストピックワード