175件中 31 - 40件表示
  • 2006年の労働界

    2006年の労働界から見た配当配当

    17日 日興コーディアルグループが利益の5割を株主への配当へまわすと公表。2006年の労働界 フレッシュアイペディアより)

  • フジモトHD

    フジモトHDから見た配当配当

    2010年(平成22年)11月 - グループ内の再編により、当社は純粋持株会社として、フジモトHD株式会社に商号変更。合わせて、ピップフジモト株式会社がピップトウキョウ株式会社を吸収合併してピップ株式会社に商号変更され、旧ピップトウキョウ株式会社の子会社だったピップ物流株式会社とピップケアウェル安心株式会社を現物配当により子会社化。フジモトHD フレッシュアイペディアより)

  • 道の駅あ・ら・伊達な道の駅

    道の駅あ・ら・伊達な道の駅から見た配当配当

    当道の駅は、全国でも有数の成功例としてマスメディアで紹介されることがある一方、岩出山町消滅の直前に指定管理者となった株式会社池月道の駅の社長には、合併により失職した旧岩出山町長が就任したこと、同道の駅の土地・建物の債務が莫大であるのに、同社は1株あたり3000円の配当を出すほどの黒字であることなど、様々な問題が指摘されている。なお、株式会社池月道の駅の社長だった旧岩出山町長はすでに退任しているが、社長在任中に会社の金を私的に流用した疑いで、現経営陣から告訴の動きがある。道の駅あ・ら・伊達な道の駅 フレッシュアイペディアより)

  • 預託商法

    預託商法から見た配当配当

    最近では和牛の飼育事業に出資を募ったものの約束された配当が支払われないという和牛預託商法や、フィリピンに大規模な養殖場を確保した、などと嘯いていたエビ養殖詐欺のワールドオーシャンファームが社会問題になった。預託商法 フレッシュアイペディアより)

  • 上籠勝仁

    上籠勝仁から見た配当配当

    騎手時代は長く師匠の星川厩舎所属として同厩舎の管理馬を中心に騎乗した。特に1995年のシンザン記念を勝ったメイショウテゾロとのコンビが有名(厩務員が上籠の実父だった)で、同年のマイルチャンピオンシップでは16番人気ながらトロットサンダーの2着となり高配当の立役者となった。引退直前は山内研二厩舎所属となっていた。上籠勝仁 フレッシュアイペディアより)

  • MAGねっとホールディングス

    MAGねっとホールディングスから見た配当金配当

    T・ZONEホールディングスは、自らは事業を行わない純粋持株会社であることから、収入が子会社からの配当金などに限られ営業キャッシュ・フローが脆弱であったため、金融機関から資金調達をするにあたり不利であった。そこで、金融機関からの資金調達を有利にする目的で事業持株会社化をすることにし、既に買収で子会社化していた不動産鑑定業の株式会社MAG(買収時の商号は株式会社日本アプレイザー)を、2008年(平成20年)8月1日に吸収合併した。そして、事業持株会社となったことから、被合併会社である株式会社MAGが運営の不動産情報検索サイトの名称「MAGねっと」にあわせて、商号を株式会社T・ZONEホールディングスから株式会社MAGねっとに変更した。MAGねっとホールディングス フレッシュアイペディアより)

  • 利益配当請求権

    利益配当請求権から見た配当配当

    利益配当請求権(りえきはいとうせいきゅうけん)とは、株式会社の株主が持つ権利の一つであり、企業の利益の分配である配当を受け取ることができる権利である。利益配当請求権 フレッシュアイペディアより)

  • 蛸配当

    蛸配当から見た配当配当

    蛸配当(たこはいとう)とは、株式会社等が本来分配可能なだけの額の剰余金(配当するべき利益)がないにもかかわらず、粉飾決算などによって見かけ上分配可能額(配当可能利益)があるように見せかけるなどして、出資者である株主へ過大な剰余金の配当をする行為をいう。蛸配当 フレッシュアイペディアより)

  • トラッキング・ストック

    トラッキング・ストックから見た配当配当

    トラッキング・ストック(tracking stock、事業部門株とも)とは、企業全体の業績とは独立した利益配当の計算などを株式契約に組み込むことで、企業の特定の事業部門や子会社の業績に市場で形成された株価が連動するよう設計された株式の総称である。このうち、子会社の業績に連動するものを子会社連動株式(日本版トラッキング・ストック)ともいう。トラッキング・ストック フレッシュアイペディアより)

  • 権利落ち日

    権利落ち日から見た配当金配当

    配当金や株主優待を取得するためには、権利確定日の3営業日前(=権利付最終売買日)後場取引終了時点で株式を保有しなければ権利が得られない。翌営業日は権利日が過ぎてしまい、株主としての権利や権利日に権利が得られる配当金の差額分が実質的に価値が目減りするので、株価が下落する傾向にある。そのため、「権利落ち」とも呼ばれる。権利落ち日 フレッシュアイペディアより)

175件中 31 - 40件表示

「株式配当金」のニューストピックワード