175件中 41 - 50件表示
  • バーナード・L・マドフ

    バーナード・L・マドフから見た配当配当

    証券取引委員会による調査の結果、マドフが自ら運営する投資ファンドについて、「(運用によって)10%を上回る高利回り」などと虚偽の内容をうたい、投資家たちから多額の資金を集めたという事実が明らかになった。また、マドフは集めた資金を金融市場などで運用することをせず、既存の顧客たちへ支払わなければならない配当に自転車操業的に回し、それによって巨額の損失を隠していた。つまり、マドフはポンジ・スキーム(:en:Ponzi scheme)と呼ばれる古典的な金融犯罪を行っていたのである。欧米のメディアや書籍ではマドフの犯罪は一般的にポンジ・スキームと表現されている。(日本のメディアではポンジ・スキームという用語・概念が日本人に十分に知られていないことに配慮してか、英語の報道原文で「ポンジ・スキーム」とはっきり言っている場合でも日本語にそれを翻訳する過程で「"ネズミ講のようなこと"を行っていた」や「"ネズミ講"を行っていた」などと訳されてしまっていることも多い。)バーナード・L・マドフ フレッシュアイペディアより)

  • 確定板

    確定板から見た配当配当

    戦後の公営競技創世記には、数字を大書きした板を一枚ずつ組み合わせて掲示し、レース結果を観客に発表していたが、後に電光掲示板に置き換えられるようになり、やがて着順だけでなく払戻金(配当)も同時に表示されるようになった。確定板 フレッシュアイペディアより)

  • 資本コスト

    資本コストから見た配当金配当

    資本コスト(しほんコスト)とは、企業が資本を調達・維持するために必要なコスト(費用)のこと。通常はパーセンテージ(%)で表される。自己資本に関しては株式に対する配当金やキャピタル・ゲイン、他人資本に関しては借入金に対する支払利息が代表的である。資本コスト フレッシュアイペディアより)

  • 山中かん

    山中かんから見た配当配当

    1976年3月に、経営難で無配に陥っていた松屋の古屋竜太郎社長と労組委員長の鈴木健勝からそれぞれ出向の要請を受けた。これは断ったものの、徐々に軋轢が生じていた伊勢丹オーナーの小菅丹治から4月に厳命を受け、5月に松屋の副社長に就任した。伊勢丹の社員10名以上が同行を申し出たが、小菅が移籍を禁じた事もあって担当だった秘書だけが一緒に転出している。山中かん フレッシュアイペディアより)

  • テッド神父

    テッド神父から見た配当配当

    ドゥーガル・マグワイアー神父(Father Dougal McGuire)少年のように純真、というより少年以下の理解力しかない頭の回転が恐ろしくスローな若い神父。神父という職務にも関わらずキリスト教全般の基本的な教義を信じてそう(あるいは理解してそう)にもなく、さらには神父という職業がどのようなものかすら自覚さえもしていない。その彼がなぜ司祭になりえたのかは謎。頭の中の出来事と現実に起こっている出来事を分けて考える事が不得手で、ベッドの脇に「この世に存在していないものリスト(List of things that don't exist)」を用意しており、時々チェックを加えている。外見は世間を知らない子供がそのまま大人になったようなもので、彼の非常に低い状況認識能力がよくテッドを引っ掻き回す。好きなものはサッカーとローラーブレード。演じるのはアーダル・オハンロン(Ardal O'Hanlon)。後日談だが、教皇ヨハネ・パウロ2世が死去した時、どの枢機卿が次期教皇の座につくかという賭けがアイルランドのブックメーカーから出されたが、その中にドゥーガル・マグワイアーの名前が載っていたらしい。もちろんジョークとして名前が挙がったのだが、配当は他の並みいる枢機卿の大半よりよかったという。テッド神父 フレッシュアイペディアより)

  • ワールドオーシャンファーム

    ワールドオーシャンファームから見た配当配当

    2005年11月に発足。フィリピン国内のエビ養殖事業に投資すれば1年で倍の配当を出すという名目で、匿名組合の形態を採りながら約3万5000人から約850億円を集めたという。実態はネズミ講に近いもので、集めた金を配当に回すという自転車操業を繰り返していた。配当は2007年初頭から滞り始めたが、納税処理上の問題として半年後に一括配当を約束するとともに、さらに追加出資を募り被害を拡大させた。ワールドオーシャンファーム フレッシュアイペディアより)

  • 事件記録符号

    事件記録符号から見た配当配当

    (リ) 債権差押えにおける事情届に基づく配当等手続事件事件記録符号 フレッシュアイペディアより)

  • 前田晃伸

    前田晃伸から見た配当配当

    財務危機の後も資産の売却と劣後債などの増資をすすめて資本を積みまし、2004年3月期には黒字に転換、株式の配当も復配。続く2005年3月期、2006年3月期も、特殊要因があったものの黒字決算を実現。多くの批判を集めた1兆円増資の決断も、結果としては成功に終わった。株価も上昇を続けたため、最近は就任当初のイメージは遠のき、経営手腕が優秀であるという評価に転換されていくことになった。堅実でぶれず隙のない経営者としてのイメージを確立しつつある。株価も100万円を超えた値がつき、底値から17?18倍の大幅上昇を記録した。前田晃伸 フレッシュアイペディアより)

  • 劣後債

    劣後債から見た無配配当

    しかし、優先株式は株式であるため無配となっても債務不履行とはみなされないのに対し、劣後債は債務であるため利払いの停止は債務不履行とみなされる点が異なる。また、会計学上や法人税法上の扱いも損金・経費扱いとなる。会社更生法や民事再生法が適用された際は普通債券よりも弁済順位が低いため、弁済される可能性はかなり低いと考えてよい。ただ、世界的な流れとして、発行体が政府管理下におかれた場合においては、優先株や普通株は株主責任を追及され保護されないが、金融市場への影響を考え、劣後ローンや劣後債は保護されることが多い。劣後債 フレッシュアイペディアより)

  • 取り付け騒ぎ

    取り付け騒ぎから見た配当金配当

    日本においては、預金保険と比べて保護制度が万全ではない生命保険会社・損害保険会社の貯蓄性保険商品(養老保険・積立型普通傷害保険・年金保険等)について、経営悪化の噂が流れると解約が取り付け騒ぎのように殺到することで資産が目減りし、経営破綻の引き金となりうる状況が平成不況下で見られた。保険商品はもともと元本保証されていないものの、破綻しなければ(契約通りであれば)保険料をプールしている責任準備金の運用益(予定利率・配当金)などで一定の利回りが得られる設計となっている。しかし経営破綻すると解約返戻金(責任準備金)が削減され、将来受け取る満期保険金ないし死亡保険金が一律カットされることで大幅な元本割れが発生するリスクが高いため、これを回避するために解約が殺到する現象が起こる(銀行振込による解約者への送金手段があるため、必ずしも窓口に多額の現金を準備する必要が無い点が銀行等預金取扱金融機関と異なる)。実際に1990年代以降に破綻したいずれの保険会社も破綻時の既契約に対しては責任準備金の削減を行った上で受け皿の保険会社へ契約譲渡をしている。取り付け騒ぎ フレッシュアイペディアより)

175件中 41 - 50件表示

「株式配当金」のニューストピックワード