250件中 61 - 70件表示
  • 宇野収

    宇野収から見た配当配当

    社長就任時には2期4年を務めて茶谷周次郎に交代する方針がまとまっており、黒字転換や復配を達成した後の1983年に会長に退いた。茶谷が関西経済同友会の代表幹事を務めて多忙だったため、社長交代が予定より1年遅くなったという。まもなく河崎邦夫から打診を受けて関経連副会長の座を継ぎ、任期後半の2年間は関西文化学術研究都市建設のため建設特別法の制定などに尽力した。1987年に日向方齊から指名されて後任の関経連会長となり、「関西の活性化」というスローガンを掲げた。そのために国家プロジェクトを関西地方に誘致することを目指し、7年間の任期中に822件、事業費にして計41兆円のプロジェクトが生まれている。また、関西への遷都なども繰り返し提言し、道州制の導入なども訴えている。宇野収 フレッシュアイペディアより)

  • 外国税額控除制度

    外国税額控除制度から見た配当配当

    居住地国の法人が源泉地国に所在する外国子会社等から配当を受けた場合に、その外国子会社の源泉地国での納税額のうちその配当の額に対応する部分の金額をあたかも居住地国法人自ら納税したものとみなして控除する間接外国税額控除外国税額控除制度 フレッシュアイペディアより)

  • チャリングクロス・ユーストン・アンド・ハムステッド鉄道

    チャリングクロス・ユーストン・アンド・ハムステッド鉄道から見た配当配当

    チャリングクロス・ユーストン・アンド・ハムステッド鉄道の認可は下りたものの、建設資金となる会社資本の調達は別の問題として残っていた。1892年の議会審議で認可されたベーカーストリート・アンド・ウォータールー鉄道(英語:Baker Street and Waterloo Railway、BS&WR)、ウォータールー・アンド・シティ鉄道(英語:Waterloo and City Railway、W&CR)、グレート・ノーザン・アンド・シティ鉄道(英語:Great Northern and City Railway、GN&CR)及び1891年に認可を得たセントラル・ロンドン鉄道(英語:Central London Railway、CLR)も同様に資金調達の問題に直面していたが、この5社に加え、最初の大深度地下鉄であるシティ・アンド・サウス・ロンドン鉄道も路線延伸のための資金集めをこのころに行っていた。ウォータールー・アンド・シティ鉄道は計画路線延長が短かったことに加え、の支援と、配当保証により資金集めに成功していたが、これは唯一の例外であった。チャリングクロス・ユーストン・アンド・ハムステッド鉄道及び他の後発4社は1890年代の大半を資金集めに費やしたが、金融市場の反応は薄いままだった。1894年4月に発行された額面10ポンドの177,600株のうち、わずか451株が売れたにとどまっていた。チャリングクロス・ユーストン・アンド・ハムステッド鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • 深川造船所

    深川造船所から見た配当配当

    この時期、深川汽船は15隻の船舶を保有、その総トン数は19,805tに達し、これらが就航する定期航路も若津から大連・シンガポール・ジャワへ向かう南洋線、同じく大連・営口・天津へ向かう北清線、若津から三角・阪神地方を経由して東京へ至る東京線、若津から長崎・佐世保・伊万里・博多・関門・高浜・今治・多度津などを経由して大阪に至る大阪線。若津から長崎の五島列島へ向かう長崎五島線、そして鹿児島と種子島・屋久島の間を結ぶ鹿児島種子屋久線の6路線を数えていた。また、傭船として運用されていた船舶については傭船料や運賃が高騰、その利益によって大正初期に起きた事業不振の際の欠損金613,000円や事業整理費用を埋め合わせて有り余る巨額の利益を会社にもたらした。この利益によって簿価33万9千円の船価償却が行われ、さらに7万円分の株式配当がこの時期に行われている。深川造船所 フレッシュアイペディアより)

  • 平野友明

    平野友明から見た無配配当

    島根県出身。1957年に一橋大学経済学部を卒業し、三菱銀行に入行。入行後は労働組合の委員長を務めたほか、1978年から2年間は、経営不振により無配に転落していた三菱金属(現三菱マテリアル)に出向し、同社の経営再建に尽力した。その後三菱銀行に戻り、業務企画部副部長、渋谷支店長、総合企画部長、代表取締役常務等を経て1993年5月に三菱銀行代表取締役専務に就任。平野友明 フレッシュアイペディアより)

  • 中央競馬ダイジェスト

    中央競馬ダイジェストから見た配当配当

    『中央競馬ダイジェスト』(ちゅうおうけいばダイジェスト)とは中央競馬のレース結果と払戻金(配当)の情報を伝えるダイジェスト番組である。中央競馬ダイジェスト フレッシュアイペディアより)

  • 映画ファンド

    映画ファンドから見た配当配当

    映画ファンドは、映画製作資金を投資家から調達し、興行成績に応じて配当するという仕組みの投資商品。映画ファンド フレッシュアイペディアより)

  • 直接投資

    直接投資から見た配当配当

    直接投資(ちょくせつとうし、)とは、企業が株式取得、工場を建設し事業を行うことを目的として投資することである。外国の企業に対して、永続的な権益を取得する(経営を支配する)ことを目的に行われる投資である。配当や金利といったインカム・ゲイン、売却益といったキャピタル・ゲインを得ることを目的とした投資(間接投資)に対する概念である。直接投資 フレッシュアイペディアより)

  • 利益配当請求権

    利益配当請求権から見た配当配当

    利益配当請求権(りえきはいとうせいきゅうけん)とは、株式会社の株主が持つ権利の一つであり、企業の利益の分配である配当を受け取ることができる権利である。利益配当請求権 フレッシュアイペディアより)

  • 優先株式

    優先株式から見た配当配当

    優先株式(ゆうせんかぶしき)とは、利益もしくは利息の配当または残余財産の分配およびそれらの両方を、他の種類の株式よりも優先的に受け取ることができる地位が与えられた株式である(会社法108条1項1・2号)。優先株式は、普通株式よりも低リスクで社債よりも高リスクであり、そのようなメザニン・ファイナンスを好む投資家向けに発行されることとなる。これに対して、上記の場合に劣後的取扱いを受ける株式を劣後株式(後配株式)といい、標準となる通常の株式を普通株式という。優先株式 フレッシュアイペディアより)

250件中 61 - 70件表示

「株式配当金」のニューストピックワード