175件中 81 - 90件表示
  • 国際汽船

    国際汽船から見た配当配当

    ところで、大阪商船がいくら日本郵船と協定結んで優位に立って協調路線をとっていたとはいえ、国際汽船などとは協定がなかったため競合する航路がいくつか存在した。そこで大阪商船は、経営の合理化を名目として国際汽船を支配下に置く決心を固めた。大阪商船は日本興業銀行、第一銀行および十五銀行に対して、三銀行が所有の国際汽船株22万株と債権を譲渡するよう交渉を重ね、1936年(昭和11年)12月に覚書を交わして翌1937年(昭和12年)2月に正式決定された。なお、株式譲渡に際して大阪商船は、国際汽船が当時建造中の貨物船3隻を肩代わりして引き受けたほかは、航路運営などは基本的に従前どおりとした。国際汽船の経営も、このころにはようやく長いトンネルから抜け出しつつあった。1939年(昭和14年)9月の第二次世界大戦勃発で遠洋航路全体が縮小の方向に向かう中、翌1940年(昭和15年)、国際汽船はこれまで積み重なった債権などを繰り上げ償還し、また会社設立以来初となる配当を行うことができた。しかし、国際汽船はようやく迎えることのできた春を長く楽しむことはできなかった。国際汽船 フレッシュアイペディアより)

  • 平野友明

    平野友明から見た無配配当

    島根県出身。1957年に一橋大学経済学部を卒業し、三菱銀行に入行。入行後は労働組合の委員長を務めたほか、1978年から2年間は、経営不振により無配に転落していた三菱金属(現三菱マテリアル)に出向し、同社の経営再建に尽力した。その後三菱銀行に戻り、業務企画部副部長、渋谷支店長、総合企画部長、代表取締役常務等を経て1993年5月に三菱銀行代表取締役専務に就任。平野友明 フレッシュアイペディアより)

  • 小崎哲資

    小崎哲資から見た配当配当

    2002年(平成14年)、みずほホールディングス(みずほHD)は不良債権処理を進めたが、結果として巨額の赤字を計上し、優先株式の形で注入された2兆円以上の公的資金に対する配当の原資が枯渇する危機に直面していた。同社の事業再構築推進チーム委員長に就任した小崎は、みずほHDの親会社としてさらに株式会社みずほフィナンシャルグループを設立し、持株会社を重ねるという「二重持株会社方式」を考案した。傘下の黒字企業と赤字企業を2つの持株会社で振り分け、みずほは配当を実現した。さらに2003年(平成15年)、みずほは3月期決算で自己資本比率を大幅に低下させ、BIS規制に抵触する寸前になっていた。この際、みずほの取引先企業3500社を引受先とする1兆円増資のスキームづくりを主導し、2度にわたるみずほの窮地脱出を支えた。こうした手腕を買われ、2004年(平成16年)には取締役に就任。翌年以降の中期経営計画「Channel to Discovery」プラン策定を指揮した。小崎哲資 フレッシュアイペディアより)

  • 名古屋電気鉄道

    名古屋電気鉄道から見た配当配当

    名古屋電気鉄道に対する市民の要求には、運賃の値下げ、始発・終発時間の延長、線路・車両などの施設の改善、接続するほかの電気鉄道との連絡の改善などがあった。また、名古屋電気鉄道は1908年から当時としては著しく高い10%前後の高配当を行えるような高収益を上げており、これも市民の批判の的となった。大阪市電を嚆矢として東京市電や京都市電のような市営電車が出現していることに刺激され、名古屋でも市内電車の市営化を実行するべきとの世論も高まったが、名古屋市は先の報償契約を締結したばかりであることや資金調達の目処が立たないことから、市内線の買収には消極的であった。そのため、市民の関心は運賃問題に向けられていった。名古屋電気鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • 熱田電気軌道

    熱田電気軌道から見た無配配当

    沿線がほとんど開発されていない地域であったことから経営は厳しく、会社では水族館や遊園地、海水浴場の運営なども図るなどして増収に努めた。それでも無配の決算が続いたため、愛知県知事が名古屋電気鉄道への合併を斡旋する。紆余曲折があったが、名古屋電気鉄道の常務であった上遠野富之助が熱田電気軌道の株主となっていた縁もあり、1919年(大正8年)4月に吸収合併が成立、軌道線は名古屋電気鉄道の路線に組み込まれた。熱田電気軌道 フレッシュアイペディアより)

  • コイウタ

    コイウタから見た配当配当

    2007年も緒戦の二走を大敗したが、続くダービー卿チャレンジトロフィーでは9番人気の低評価ながら2着になる。そして5月13日、ヴィクトリアマイルで12番人気の低評価ながら上位人気馬を抑え、約1年3ヶ月ぶりの勝利をJpnI勝利で飾った。長期休養が響いたカワカミプリンセスや、スイープトウショウなど能力的にも抜けていた2頭が力を出し切れなかったことと、最後の直線で他馬が状態の悪いコース内側を避け外寄りに広がるなか、あえてコースの内を通り、荒れている部分と荒れていない部分の境目を上手く選んで追い込むという松岡の好騎乗が光った。鞍上の松岡と調教師の奥平、そして馬主の前川はこの勝利がJpnI (GI) 初制覇となり、配当は3連単で228万3960円となり、その他の払戻金でも万馬券が出る等、前週のNHKマイルカップに続き波乱となった。コイウタ フレッシュアイペディアより)

  • 日本ライン

    日本ラインから見た配当配当

    2002年度までは名古屋鉄道子会社の「日本ライン観光株式会社」が実施しており、駅からのバス運行や美濃太田のシュロス(レストハウス)運営を含めて名鉄グループが一手に運営していた。しかし2002年に鉄道以外の部門で不採算が拡大し当期(2003年3月期)の中間決算が上場以来初の無配となる事態が発生し、この影響から2002年12月を以て運休となった。翌2003年1月に経営合理化策を発表し、内海フォレストパーク等と合わせて事業廃止の整理対象となり、2003年中に日本ライン観光は清算され、同年の春期(ゴールデンウィークを含む)は事業廃止のため全く運行されなかった。その後、地元資本によって設立された木曽川観光が同年7月からライン下りを承継、再開した。なお、シュロスは美濃加茂市の公社が2003年に購入し、駐車場はゴミ回収場などとして活用されていたものの、建物は2009年に取り壊された。日本ライン フレッシュアイペディアより)

  • リトルワールド

    リトルワールドから見た配当配当

    しかし、2002年に名鉄は鉄道以外の部門で不採算が拡大し、当期(2003年3月期)の中間決算が上場以来初の無配となる事態が発生。これが契機となり翌2003年1月24日に経営合理化策を発表し、リトルワールドについては、園内施設を保有していた(株)リトルワールド会館の資産を名鉄が買い取り、同社は清算処理(名鉄は簿価との差額の譲受損を計上)され、同年10月よりグループ外への売却を目標に、運営主体を新設子会社の名鉄インプレスへ他のレジャー施設と共に委託し、内海フォレストパーク・日本ライン観光の廃業が同年中に実施された。リトルワールド フレッシュアイペディアより)

  • ヤマニンウエーブ

    ヤマニンウエーブから見た配当配当

    次走に迎えた第66回天皇賞で、八大競走に初出走。出走馬の中に八大競走優勝馬が1頭もおらず、この年春の天皇賞で2着、前走でハリウッドターフクラブ賞をレコードタイムで優勝していたキームスビィミーが1番人気、ヤマニンウエーブは15頭立ての7番人気という評価であった。レースはスタートの瞬間にオウジャが落馬競走中止という展開で始まり、直後に新田幸春騎乗のパッシングゴール(8番人気)が先頭に立ち、そのまま他馬を大きく引き離していった。同馬は2周目の向正面で30-40馬身程度の大逃げを打ち、その後方でヤマニンウエーブは14番手を進んでいた。しかしこの展開に、福永は向正面から1000メートル近くのロングスパートを掛けると、最後の直線で逃げ粘るパッシングゴールを猛追、ゴール寸前にクビ差捉えての優勝を果たした。枠連配当は10,210円で、天皇賞史上初の万馬券となった。ヤマニンウエーブ フレッシュアイペディアより)

  • 内部留保

    内部留保から見た配当配当

    最も狭義の内部留保は利益剰余金のことを指す。利益剰余金とは、純利益から配当金や役員賞与金などの社外流出分を差し引いた金額である。必ず内部留保に含められ、貸借対照表では貸方の「資本の部」(日本では「純資産の部」)に勘定科目として表示される。内部留保 フレッシュアイペディアより)

175件中 81 - 90件表示

「株式配当金」のニューストピックワード