885件中 91 - 100件表示
  • チャガン核実験

    チャガン核実験から見た核兵器核兵器

    (地下核実験を含めた核兵器の爆発実験が全面禁止とされたのは、1996年9月に採択された包括的核実験禁止条約(CTBT)からである)チャガン核実験 フレッシュアイペディアより)

  • AGM-131 (ミサイル)

    AGM-131 (ミサイル)から見た核兵器核兵器

    アメリカ空軍戦略航空軍団は、1970年代前半より戦略爆撃機に搭載する投射核兵器として、AGM-69A SRAMを運用してきた。SRAMは従前の核兵器より小型軽量のため、爆撃機へ大量に搭載できる利点があった。1977年にB-1Aが開発中止となると改良型のAGM-69Bも開発中止となった。AGM-131 (ミサイル) フレッシュアイペディアより)

  • Mark 12 (核爆弾)

    Mark 12 (核爆弾)から見た核兵器核兵器

    起爆方式はインプロージョン方式を採用しており、92個の爆縮レンズが使用されている。また、タンバーにベリリウムを使用した初の核兵器と推測されている。Mark 12 (核爆弾) フレッシュアイペディアより)

  • 核戦力

    核戦力から見た核兵器核兵器

    核戦力 フレッシュアイペディアより)

  • 第2竜騎兵連隊 (フランス軍)

    第2竜騎兵連隊 (フランス軍)から見た核兵器核兵器

    第2竜騎兵連隊(だいにりゅうきへいれんたい、2e régiment de dragons - nucléaire, biologique et chimique:2e RD-NBC)は、メーヌ=エ=ロワール県Fontevraud-l'Abbayeに駐屯する、工兵旅団隷下のフランス陸軍のNBC防護連隊である。第2竜騎兵連隊 (フランス軍) フレッシュアイペディアより)

  • 核ジャック

    核ジャックから見た核兵器核兵器

    核ジャック(かくジャック)とは、武器や脅迫などの暴力的手段を用いて、核兵器や核兵器の原料となるウランやプルトニウムといった核物質(放射性物質)を奪取する行為を指す。核兵器および核物質の核と、英語のハイジャックを合わせた造語である。核ジャック フレッシュアイペディアより)

  • パグウォッシュ (ノバスコシア州)

    パグウォッシュ (ノバスコシア州)から見た核兵器核兵器

    パグウォッシュは1957年にバートランド・ラッセルが組織し地元パグウォッシュ出身の鉄鋼王サイラス・ステーブン・イートン(1883年 - 1979年)がこの村の北にある自分の家のロッジで主催した学者の国際会議「パグウォッシュ会議」が行われた場所として知られている。この会議は冷戦下の東西両陣営から核兵器に反対するために著名な科学者が出席した。この会議はアルベルト・アインシュタインやライナス・ポーリングらが署名した先年の声明(ラッセル=アインシュタイン宣言)に続くものである。パグウォッシュの住民は、出席者を「大思想家」と呼んだが、パグウォッシュ会議は以来署名者に言及するのを常としている。実際にパグウォッシュを訪れる人は、道路脇の「思想家の家」に入ったことを示す案内に接していたが、その後は「世界が平和のために有名にした」という文言に置き換えられている。きっかけは「国際政治における核兵器の果たす役割を減らし長期的には廃止する努力のために」国際パグウォッシュ会議にノーベル賞が贈られた1995年であった。パグウォッシュ (ノバスコシア州) フレッシュアイペディアより)

  • 非核

    非核から見た核兵器核兵器

    非核 フレッシュアイペディアより)

  • 戦争術

    戦争術から見た核兵器核兵器

    第二次世界大戦でも航空機や核兵器が本格的に軍事利用されるようになり、特に核戦争の可能性は戦争術を条件付ける環境を根本的に変化させた。冷戦期の戦争術は伝統的な戦争術とは全く異なる意味合いを持つようになり、従来の軍事力の使用に加えて核攻撃の使用が考慮されるようになった。それだけでなく、現代の戦争術はベトナム戦争やアフガニスタンにおける不正規戦争や冷戦における軍備管理、情報戦など新しい様相を伴う戦争を遂行するための手段を総合的に使用するための技術となっている。戦争術 フレッシュアイペディアより)

  • ペントミック

    ペントミックから見た核兵器核兵器

    このペントミック師団の組織構造は、1950年代当時の想定された戦場において、核兵器が使用される可能性が高まりつつあったことを背景としている。その破壊力は増大する一方であり、従来型の師団編制では一発の核兵器で壊滅し、容易に戦闘力が低下する恐れがあった。従来型師団の固定化された組織のままでは核戦争に対応できないと判断され、新たに編制されるペントミック師団は、5個歩兵連隊戦闘群を基幹部隊として各連隊ごと支援部隊を配分した上で自立性を高めることになった。各戦闘群は分散して運用され、核攻撃の標的となるような、師団全力が集結した状況をできるだけ減らすとともに、仮に戦術核兵器による攻撃を受けてもいくつかの戦闘群は生き残って戦闘を継続できるようにすることで、広範囲に被害を与える核兵器に対して冗長性を持たせる事となった。ペントミック フレッシュアイペディアより)

885件中 91 - 100件表示

「核兵器」のニューストピックワード