1100件中 41 - 50件表示
  • ファーレンハイト9999

    ファーレンハイト9999から見た核兵器核兵器

    女子児童だけを狙った連続猟奇殺人事件「金曜の模倣者事件」をきっかけに、漫画、アニメ、ゲームなどのオタク文化が全面的に規制されるようになった現代日本。高校生維刀臥人は、オタクを取り締まる警視庁焚書課に所属する捜査官として、年下の先輩捜査官奏手イリナとともに違反者の摘発に当たっていたが、彼には秘密があった。臥人自身が大量の漫画やアニメを隠し持つ「隠れオタク」であり、またさらに、政府の規制に抵抗するために「聖堂騎士エル・ガット」に変装して焚書課の捜査妨害を行っていたのだ。そんな中、臥人は「レディ・パルム」を名乗る謎の美女から、核兵器を使ったテロを画策する「東のサン・キュロット」の阻止を依頼されるのだが……。ファーレンハイト9999 フレッシュアイペディアより)

  • 第二次戦略兵器制限交渉

    第二次戦略兵器制限交渉から見た核兵器核兵器

    第二次戦略兵器制限交渉(だいにじせんりゃくへいきせいげんこうしょう、、SALT II)は、アメリカ合衆国とソビエト連邦との間で行われた、互いの核兵器の数を制限する交渉、およびその結果締結された軍備制限条約のこと。第二次戦略兵器制限交渉 フレッシュアイペディアより)

  • アフリカ非核兵器地帯条約

    アフリカ非核兵器地帯条約から見た核兵器核兵器

    1991年、南アフリカの核開発疑惑で条約化が遅れていたが、同国が核兵器開発を放棄し、核拡散防止条約 (NPT) に加盟したことから条約化実現に弾みがつく。アフリカ非核兵器地帯条約 フレッシュアイペディアより)

  • デイビー・クロケット (戦術核兵器)

    デイビー・クロケット (戦術核兵器)から見た核兵器核兵器

    第二次世界大戦後のアメリカは、ソ連が戦争行為を仕掛けてきた場合、即座に戦略核兵器で報復攻撃を行うという「大量報復戦略」を取っていた。しかし、この戦略では大国間の直接戦争は抑止できても、朝鮮戦争のような、大国同士が直接戦争行為を行わない「小さな戦争」、大国の同盟国間において行われる「局地戦」は抑止することができなかった。このため、「小さな戦争(局地戦)」から「大きな戦争(全面戦争)」まで、様々な段階に対応した核兵器のバリエーションを増やすことが必要だと考えられた。デイビー・クロケット (戦術核兵器) フレッシュアイペディアより)

  • ラテンアメリカ及びカリブ核兵器禁止条約

    ラテンアメリカ及びカリブ核兵器禁止条約から見た核兵器核兵器

    ラテンアメリカ及びカリブ核兵器禁止条約(ラテンアメリカおよびカリブかくへいききんしじょうやく、英語:Treaty for the Prohibition of Nuclear Weapons in Latin America and Caribbean)は、中南米地域の核兵器の実験・使用・製造・生産・取得・貯蔵・配備等を禁止する非核化条約である。1967年2月14日にラテンアメリカ14か国が調印し、1968年4月22日に発効した。当初は、「ラテンアメリカにおける核兵器の禁止に関する条約」 (Treaty for the Prohibition of Nuclear Weapons in Latin America) であったが、1990年にカリブ諸国が加わって改称されている。ラテンアメリカ及びカリブ核兵器禁止条約 フレッシュアイペディアより)

  • ASC (スーパーコンピュータ)

    ASC (スーパーコンピュータ)から見た核兵器核兵器

    ASC(、先進シミュレーションおよびコンピューティング計画)は、スーパーコンピューティングの分野では、1995年に開始されたアメリカ合衆国連邦政府による核兵器維持管理のためのスーパーコンピューティング計画。当初はASCI(、加速的戦略的コンピューティング・イニシアティブ)と呼ばれていた。ASC (スーパーコンピュータ) フレッシュアイペディアより)

  • ティモシー・ヒッチンズ

    ティモシー・ヒッチンズから見た核兵器核兵器

    1984年から1985年まで、日本語を学んだ。同年より1989年にかけて、日本の駐日英国大使館に勤務し、経済部にて二等書記官を務めた。日本語を話せることから、駐日英国大使館では通訳官も務めた。1989年から大蔵省の欧州部に出向することとなり、1991年まで務めた。その後、1991年から1995年まで、欧州担当閣外大臣の下で秘書官を務め、マーストリヒト条約の交渉や批准を担当した。また、イギリスは1992年に欧州連合の議長国となったため、それに関する業務も担当した。1994年からは外務・英連邦大臣のスピーチライターも務めることになり、ダグラス・ハードの下で仕えるとともに、同時にアジアの諸課題も担当することとなった。1995年よりパキスタンに渡り、在パキスタン英国高等弁務官事務所の政治部にて部長に就任した。パキスタンでは核兵器開発計画やミサイル開発計画、さらに周辺ではカシミール紛争といった問題も抱えており、それらに関する業務に携わった。ティモシー・ヒッチンズ フレッシュアイペディアより)

  • 伊藤一長

    伊藤一長から見た核兵器核兵器

    市長選出馬前は「防衛、外交は国の専管事項」として平和問題、核問題には言及しない姿勢を示していたものの、市長就任後は一転して平和推進路線に転換。被爆地の市長として核兵器の撤廃運動を積極的に行なった。また、しばしば核兵器の使用、及び核保有国であるアメリカ合衆国への批判をした。1995年11月に核兵器の威嚇または使用の合法性国際司法裁判所勧告的意見の口頭陳述で核兵器の使用は明らかに国際法違反と、涙を浮かべながら訴えた。2002年の原爆の日には同時多発テロ以後の米国の核政策を批判した。2005年5月の核不拡散条約再検討会議では「核兵器と人類は共存できない」と主張。2006年にはアメリカと北朝鮮の核実験を批判し、2007年3月の米軍イージス艦の長崎港入港を「残念」とした。伊藤一長 フレッシュアイペディアより)

  • アメリカ合衆国とイランの関係

    アメリカ合衆国とイランの関係から見た核兵器核兵器

    合衆国のイランに対する公式の立場は「イランの核武装は受け入れられない」ということであり、一方的武力攻撃および先制核攻撃を含む「あらゆるオプション」を「排除しない」というものである。しかしながら、合衆国政府は即時の攻撃準備については否定している。これはヨーロッパ3カ国、英仏独のいわゆるEU3カ国による濃縮活動停止協議中に、合衆国が濃縮活動を核兵器生産のためと主張したことに起因する。アメリカ合衆国とイランの関係 フレッシュアイペディアより)

  • セシウム

    セシウムから見た核兵器核兵器

    ウランの代表的な核分裂生成物として、ストロンチウム90と共にセシウム135、セシウム137が、また原子炉内の反応によってセシウム134が生成される。この中でセシウム137は比較的多量に発生しベータ線を出し半減期も約30年と長く、放射性セシウム(放射性同位体)として、核兵器の使用(実験)による死の灰(黒い雨)や原発事故時の「放射能の雨」などの放射性降下物として環境中の存在や残留が問題となる。セシウム フレッシュアイペディアより)

1100件中 41 - 50件表示

「核兵器」のニューストピックワード