1100件中 51 - 60件表示
  • 放射能兵器

    放射能兵器から見た核兵器核兵器

    この定義では、核爆発を起こさないことと、放射性物質による被害の発生を意図していることが挙げられている。核爆発を起こさないことという定義から、放射性物質を撒き散らす副次的効果は存在するが、通常の核兵器はRDDとはされない。逆も同様で、RDDも核兵器とは分類されない。大量破壊兵器 (Weapon of Mass Destruction) の一種として分類されることがある一方、一般的な大量破壊兵器の分類には含まないとすることもある。また、大量妨害兵器 (Weapon of Mass Disruption) などと呼ばれることもある。放射能兵器 フレッシュアイペディアより)

  • 日米核持ち込み問題

    日米核持ち込み問題から見た核兵器核兵器

    日米核持ち込み問題(にちべいかくもちこみもんだい)とは、日本への核兵器の持ち込みに関する問題。日米核持ち込み問題 フレッシュアイペディアより)

  • イランの核開発計画

    イランの核開発計画から見た核兵器核兵器

    1979年の革命後、秘密の研究計画は、核兵器をイスラム法学の立場から悪と見なし深刻な宗教的疑念を抱いたアーヤトッラー・ホメイニーにより解散された。イラン・イラク戦争の際に小規模な研究が再開され、1989年のホメイニーの死後、大幅に拡大された。イランの核開発計画は複数の研究所、2つのウラン鉱山、実験炉、さらに3つの有名なウラン濃縮工場などのウラン処理施設を含む。イランの核開発計画 フレッシュアイペディアより)

  • イランの核開発問題

    イランの核開発問題から見た核兵器核兵器

    イランは医療用アイソトープの生産を行うテヘラン原子炉の稼働のため、20%高濃縮ウランの自国製造を進めている。通常の原子力発電では低濃縮ウランで十分であり、高濃縮ウランを用いるのは原子爆弾の製造を狙っているからではないか、とアメリカなどから疑いをかけられた。ただし原子爆弾には90%以上の高濃縮ウランが必要であるため、意見が分かれた。イランは自ら加盟する核不拡散条約(NPT)の正当な権利を行使しているのであり、核兵器は作らないと主張した。当時の第6代イラン大統領マフムード・アフマディーネジャードは『Newsweek』2009年10月7日号の取材に対して「核爆弾は持ってはならないものだ。」と否定する発言をしている。イランの核開発問題 フレッシュアイペディアより)

  • 鳩山由紀夫内閣の歴史

    鳩山由紀夫内閣の歴史から見た核兵器核兵器

    岡田克也外相は、アメリカに核兵器の先制不使用を求めていく考えを示した。。鳩山由紀夫内閣の歴史 フレッシュアイペディアより)

  • モルデハイ・ヴァヌヌ

    モルデハイ・ヴァヌヌから見た核兵器核兵器

    モルデハイ・ヴァヌヌ (Mordechai Vanunu, 1954年10月13日 - ) は、イスラエルの元核兵器開発技術者。モロッコ出身のユダヤ人だが、現在はユダヤ教を棄教して、キリスト教に改宗している。モルデハイ・ヴァヌヌ フレッシュアイペディアより)

  • 反米

    反米から見た核兵器核兵器

    太平洋における核実験、核兵器の保有と使用の正当化反米 フレッシュアイペディアより)

  • 戦術核兵器

    戦術核兵器から見た核兵器核兵器

    戦術核兵器(せんじゅつかくへいき)は、戦場単位で通常兵器の延長線上での使用を想定した核兵器である。戦略核兵器や戦域核兵器(中距離核兵器)に対して射距離が短い。米ソ間の核軍縮協定などでは射距離500km以下のものが戦術核兵器であると定義されている。戦術核兵器 フレッシュアイペディアより)

  • 戦略爆撃機

    戦略爆撃機から見た核兵器核兵器

    戦略爆撃機(せんりゃくばくげきき)は、前線後方の戦略目標(司令部、生産施設、発電所など)の破壊に使用される爆撃機。爆撃機の発展とともに戦略爆撃機のみになったが、戦術爆撃にも使用される。戦略目標の爆撃に戦術機の戦闘攻撃機で核兵器を投入できるようになり、戦略爆撃と戦術爆撃の区別が難しくなり、冷戦後は明確な戦術機と戦略機の区別がなくなっている。戦略爆撃機 フレッシュアイペディアより)

  • アメリカ合衆国の軍事

    アメリカ合衆国の軍事から見た核兵器核兵器

    アメリカ合衆国は北米大陸を領有し、東西を大洋に挟まれた地理にあり、南方はメキシコ、北方はカナダと隣接している。アメリカ大統領を最高指揮官としてアメリカ合衆国軍が編制されており、核兵器を保有している。建国以来、強大な常備軍を持たない伝統的な軍事思想であり、また孤立的な地理的位置からモンロー主義を採用していた。しかし冷戦期に対ソ封じ込め政策を実施するため、北大西洋条約機構など世界各国と集団安全保障体制を構築し、軍事力が常備化して世界的に部隊を地域的統合作戦部隊に編制して配備している。その主要な国防政策としては、米国本土の防衛、欧州・北東アジア・東アジア沿岸部・中東・南西アジアの重要地域の前方抑止、小規模緊急事態への対処である。軍事力の目標として2地域で同時に作戦を遂行し、うち1地域においては敵を決定的に撃破するものとされている。さらに新たな脅威に対抗するために世界的な米軍再編をも進めている。2001年の同時多発テロ以降には対テロ戦争の国家方針を打ち出してアフガニスタン侵攻やイラク戦争を実施した。アメリカ合衆国の軍事 フレッシュアイペディアより)

1100件中 51 - 60件表示

「核兵器」のニューストピックワード