885件中 61 - 70件表示
  • 盧武鉉

    盧武鉉から見た核兵器核兵器

    4月29日…「北の開発は防御のためであって、先制攻撃用ではない」盧武鉉 フレッシュアイペディアより)

  • 相互確証破壊

    相互確証破壊から見た核兵器核兵器

    相互確証破壊(そうごかくしょうはかい、)は、核戦略に関する概念。核兵器を保有して対立する陣営のどちらか一方が、相手に対し戦略核兵器を使用した場合には、もう一方の陣営がそれを事後的に察知して報復を行う。これにより、一方が核兵器を使えば最終的に双方が必ず破滅する、という結果をもたらす。このような原則のことを指す。この原則は、たがいに核兵器の使用をためらわせることを意図している。相互確証破壊 フレッシュアイペディアより)

  • 軍隊

    軍隊から見た核兵器核兵器

    第一次世界大戦から使用されてきた航空機は、改良が重ねられて大きな軍事力の一角となったために、独立した空軍が創設され、さらに核兵器やミサイルなどの新しい軍事技術をも管理する組織になった。また冷戦後において各国の軍隊はその兵器や技能などの「質」を高めることで、財政的に大きな圧迫となるその大きな人員などの「量」を最小化する方向で変化している。またこれまでにない、ゲリラ、テロ、コマンド部隊による攻撃などの新しい脅威に対抗することが求められており軍隊のコンパクト化や柔軟化によって合理化を進めようとしている。軍隊 フレッシュアイペディアより)

  • 北朝鮮核問題

    北朝鮮核問題から見た核兵器核兵器

    北朝鮮核問題(きたちょうせんかくもんだい)とは、北朝鮮が国際社会のたびたびの警告を無視して核兵器を開発し続けている問題である。北朝鮮が核兵器を完成させることは、北朝鮮周辺各国(中国、日本、韓国、ロシア等)及び韓国・日本の同盟国アメリカが受ける直接的な重大な安全保障上の脅威、並びに北朝鮮が獲得した核に関するあらゆる技術が合法・非合法な方法で国外輸出され核拡散(テロリストなどの非国家主体への供与も含む)という形で間接的に世界中の国々に与える安全保障上の脅威となりうる。北朝鮮核問題 フレッシュアイペディアより)

  • 2009年の日本

    2009年の日本から見た核兵器核兵器

    外務省の日米密約調査おいて核兵器の持ち込み密約の根拠をなす文書である「討議記録」の存在を裏付ける日本側文書を発見。調査は終了して北野充・官房審議官(危機管理担当)が岡田克也外務大臣に調査結果を報告。来週にも第三者委員会を発足させて検証をする方針。2009年の日本 フレッシュアイペディアより)

  • 朝鮮人民軍

    朝鮮人民軍から見た核兵器核兵器

    朝鮮人民軍は、通常兵器の質では仮想敵である周辺諸国にかなわないため、仮想敵国を標的とするサイバー戦争・大量破壊兵器・弾道ミサイルの開発に傾注しており、北朝鮮の6000億円の年間軍事予算(公表された数字では年間3000億前後)のうち4000億円近くを・ミサイルおよびクラッキング技術の研究開発に費やしている。韓国・日本の中には、北朝鮮要人の「民族統一のためには核戦争すら辞さず」との発言から、「北朝鮮は端から韓国機甲戦力を核兵器で破砕する意思があり、核を撃ち合うなら集中した機甲より散開した歩兵が適正な選択。韓国の第三世代戦車も核で溶けないわけではない」「北朝鮮の核実験により、半島の軍事バランスは一気に北に傾いた」という見解もある。現段階では弾道ミサイルへの核弾頭搭載については見解が分かれているが、これは北朝鮮自身の核実験の実績から推測しているものにすぎない。実際、パキスタンのアブドゥル・カディール・カーンも関与していた核の闇市場を通じてパキスタンあるいは中国製の1960年代に設計された弾道ミサイルに搭載可能なウラン爆縮型原子爆弾の設計図が北朝鮮に流入している事は考慮されておらず、正確性を欠く恐れがある。なお、核実験だけの実績から考えると、最大評価は米シンクタンク、科学国際安全保障研究所(ISIS)の研究者らによってノドンにおける核弾頭化は可能というもので、最小評価は「ファットマン規模の大きさの10キロトン程度の原子爆弾を保有」との評価である。朝鮮人民軍 フレッシュアイペディアより)

  • 放射線

    放射線から見た核兵器核兵器

    (核実験や核兵器の実使用や原子力事故が起きていない場所・年代の、世界平均のデータで判断すれば)一般公衆の生活環境中における外部被ばく線量の大半は自然放射線によるものである。核実験や核兵器の実使用や原子力事故が起きている時・場所では、自然放射線と人工放射線の比率は大きく変化することになる。放射線 フレッシュアイペディアより)

  • F-4 (戦闘機)

    F-4 (戦闘機)から見た核兵器核兵器

    RF-4C : RF-4Bと同時期に空軍へ提案されていた偵察型。F-4自体の採用は海軍や海兵隊が先行していたがF-4の偵察型は空軍の方が先に発注していたため、「RF-4BはRF-4Cを海兵隊向けに改修した」と言う説が一般化している。RF-4Bが兵器運用能力を持たなかったのに対して配備当初から核兵器の運用能力を持っており、さらにベトナム戦争後に自衛用のAIM-9搭載能力を追加された。F-4 (戦闘機) フレッシュアイペディアより)

  • 日本の軍事

    日本の軍事から見た核兵器核兵器

    非核三原則とは核兵器の不保持の方針であり、核兵器を持たず、作らず、持ち込ませずという原則を言う。この原則は参議院の商工委員会での原子力基本法に関する審議で「原子力燃料を人間を殺傷するための武器としては使わない」という合意が形成されたことに始まる。日本の軍事 フレッシュアイペディアより)

  • 原子力

    原子力から見た核兵器核兵器

    日本語では「原子力-」(「原子-」)と「核-」は接頭辞としてほぼ同義である。このうち「核」は核兵器や核燃料など軍用や燃料として、「原子力」は原子力発電や原子力空母など商用や動力装置に使い分けられる事が多く、これに対する批判もある。同様に、「反核」は原子力全般への反対を指す語であるが、日本では「反核」が「反核兵器」に範囲を縮小され、「反原子力」が「反核発電」に範囲を縮小される傾向が目立つ。原子力 フレッシュアイペディアより)

885件中 61 - 70件表示

「核兵器」のニューストピックワード