1100件中 81 - 90件表示
  • 設計局

    設計局から見た核兵器核兵器

    その一方で、多くの設計局は、優れた業績を挙げた主任の名を冠した名もつけられた。ただし、正式名称は単なる「○○○(姓)設計局」より長いことがある。ほとんどの場合、主任の死や交代ののちも、同じ名前が使われた。ICBMや核兵器に関連した設計局には、秘匿のためか、人名が付かず、あいまいでわかりにくい名称が多い。設計局 フレッシュアイペディアより)

  • ノルスク・ハイドロ重水工場破壊工作

    ノルスク・ハイドロ重水工場破壊工作から見た核兵器核兵器

    ノルスク・ハイドロ重水工場破壊工作(ノルスク・ハイドロじゅうすいこうじょうはかいこうさく)は、第二次世界大戦中ノルウェーの破壊工作者が、核兵器の開発に利用できる重水をドイツの原子爆弾開発計画が入手するのを阻止するために起こした一連の破壊工作である。1934年にノルウェーの企業ノルスク・ハイドロがに、肥料生産の副産物として世界で初めて重水を商業的に生産できる工場を建設した。第二次世界大戦中、連合国はナチス・ドイツの核兵器開発を阻止するために、重水工場を破壊して重水の供給を絶つことを決定した。テレマルク県のの滝にある、60 MWのヴェモルク水力発電所が攻撃目標となった。ノルスク・ハイドロ重水工場破壊工作 フレッシュアイペディアより)

  • 軍隊

    軍隊から見た核兵器核兵器

    第一次世界大戦から使用されてきた航空機は、改良が重ねられて大きな軍事力の一角となったために、独立した空軍が創設され、さらに核兵器やミサイルなどの新しい軍事技術をも管理する組織になった。また旧来の軍隊が想定していた国家同士の大規模な戦闘ではなく、ゲリラ、テロ、コマンド部隊による攻撃などの新しい脅威に対抗することも求められている。軍隊 フレッシュアイペディアより)

  • マーセナリーズ

    マーセナリーズから見た核兵器核兵器

    数年後、オーストラリア海軍が座礁した北朝鮮の貨物船を救助した際、貨物室で核兵器を発見。それらを海外へ密売していたことが明らかになり、さらに数十基の大陸間弾道ミサイルが数週間のうちに発射態勢に入るという情報を入手した国家連盟はすぐさま北の地に多国籍軍を送り込み、北朝鮮全土および核発射施設を占拠。マーセナリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 大量破壊兵器

    大量破壊兵器から見た核兵器核兵器

    大量破壊兵器(たいりょうはかいへいき、、略称)とは、人間を大量に殺傷すること、または人工構造物(建造物や船など)に対して多大な破壊をもたらすことが可能な兵器のことを指す。典型的には特に生物兵器、化学兵器、核兵器、放射能兵器の4種類を指すものとして用いられる(放射能兵器を核兵器に含めるとして3種類と数える場合もある)。これらはそれぞれの英語の頭文字を取り、ABC兵器、NBC兵器、NBCR兵器などと総称される。大量破壊兵器 フレッシュアイペディアより)

  • コペンハーゲン (戯曲)

    コペンハーゲン (戯曲)から見た核兵器核兵器

    第二次世界大戦が始まり、デンマークはドイツに征服された。ドイツの物理学者ウェルナー・ハイゼンベルクは、コペンハーゲンにある物理学者ニールス・ボーアの邸宅を訪問する。そして量子力学・核物理学の議論が展開されるが、そこにはドイツが核兵器開発に踏み出す可能性を感じた2人の静かな対決があった。コペンハーゲン (戯曲) フレッシュアイペディアより)

  • ユナイテッド・ステーツ (空母)

    ユナイテッド・ステーツ (空母)から見た核兵器核兵器

    なお航空母艦への核兵器搭載は、核爆弾の小型化や艦載機の能力向上などにより、1950年に「フランクリン・D・ルーズベルト」で可能となった。また「ユナイテッド・ステーツ級」に代わる大型空母のプランは1950年代に実現した。1951年に発注されたこの空母は「フォレスタル」と命名され、1954年の進水はフォレスタル未亡人の手によって行われた。ユナイテッド・ステーツ (空母) フレッシュアイペディアより)

  • アメリカ合衆国大統領

    アメリカ合衆国大統領から見た核兵器核兵器

    これに対して議会は、ベトナム戦争における、成り行きによった拡大に対する反省から、戦争権限法を定めて大統領の指揮権に一定の制約を設けている。なお、指揮権とは少々外れるがアメリカ軍の保有する核兵器の使用権限も大統領が保持しており、大統領が使用命令を出すことで初めて核兵器の使用が許可されるようになっている。アメリカ合衆国大統領 フレッシュアイペディアより)

  • インド軍

    インド軍から見た核兵器核兵器

    インド軍の正規兵力は陸海空軍と戦略核戦力部隊の約132万5000人と、予備役は合わせて約110万人である。世界で6番目の保有国・原子力潜水艦保有国でもある。インドの準軍事部隊は、沿岸警備隊、アッサム・ライフル部隊(5万人)、特別フロンティアフォース (1万人)で、以前は、準軍事部隊とされた政府武装警察部隊と、国境警備部隊、中央予備警察等を含む中央武装警察部隊(約77万人)や、民兵組織のホーム・ガード(約135万人)は 2011年から準軍事部隊に含めないとのインド政府の公式見解である。インド軍 フレッシュアイペディアより)

  • 石原莞爾

    石原莞爾から見た核兵器核兵器

    最終戦争論とは、戦争自身が進化(戦争形態や武器等)してやがて絶滅する(絶対平和が到来する)という説である。その前提条件としていたのは、核兵器クラスの「一発で都市を壊滅させられる」武器と地球を無着陸で何回も周れるような兵器の存在を想定していた(1910年ごろの着想)。比喩として挙げられているのは織田信長で、鉄砲の存在が、日本を統一に導いたとしている。石原莞爾 フレッシュアイペディアより)

1100件中 81 - 90件表示

「核兵器」のニューストピックワード