885件中 81 - 90件表示
  • 冷戦

    冷戦から見た核兵器核兵器

    互いを常に「仮想敵国」と想定し、仮想敵国と戦争になった場合の勝利を保障しようと、両国共に勢力の拡大を競い合い、軍備拡張が続いた。この象徴的な存在が、核兵器開発と宇宙開発競争である。両陣営は、目には目を、核には核を、との考え方からそれぞれ核兵器を大量に所持するようになる。また、大陸間弾道ミサイルと共通の技術をもつロケットやU-2などの高高度を飛行する偵察機、宇宙から敵を監視するための人工衛星の開発に没頭し、国威発揚のために有人宇宙飛行と月探査活動を活発化した。冷戦 フレッシュアイペディアより)

  • 非核兵器地帯

    非核兵器地帯から見た核兵器核兵器

    非核兵器地帯(ひかくへいきちたい、、NWFZ)は、核兵器を条約により禁止した地域である。非核兵器地帯 フレッシュアイペディアより)

  • ラテンアメリカ及びカリブ核兵器禁止条約

    ラテンアメリカ及びカリブ核兵器禁止条約から見た核兵器核兵器

    ラテンアメリカ及びカリブ海域核兵器禁止条約(ラテンアメリカおよびカリブかいいきかくへいききんしじょうやく、The Treaty for the Prohibition of Nuclear Weapons in Latin America and Caribbean)とは、1967年2月14日にラテンアメリカ14か国が調印し、1968年4月22日に発効した中南米地域の核兵器の実験・使用・製造・生産・取得・貯蔵・配備等を禁止する条約「ラテンアメリカにおける核兵器の禁止に関する条約」 (Treaty for the Prohibition of Nuclear Weapons in Latin America) に、1990年にカリブ諸国が加わって改称された条約である。ラテンアメリカ及びカリブ核兵器禁止条約 フレッシュアイペディアより)

  • ベトナム戦争

    ベトナム戦争から見た核兵器核兵器

    植民地の維持を目論む旧宗主国と、解放を欲する植民地国民の間でしばしば紛争が頻発した。アジアでは、戦勝国であるソ連政府とアメリカ政府のいずれかによって指導・支援されている例が多かった。スターリン政権のソビエト連邦は、トルーマン政権のアメリカに対抗する為に、世界中を共産化するため、共産主義の革命勢力を支援した。米ソ共に核兵器を保有し、直接の全面戦争を避けて、衛星国同士で戦闘を行う「冷戦」構造が成立した。この冷戦は、ベルリン封鎖、朝鮮戦争、インドシナ戦争、ベトナム戦争、キューバ危機に見られるように、「代理戦争」という形で表面化した。ただし、冷戦構造は大国中心であったが、小国からの要請で大国が動くという、「下からの突き上げ・弱者の脅迫」が作用する構造でもあり、ベトナム戦争も単なる「代理戦争」ではなかったという見解もある。ベトナム戦争 フレッシュアイペディアより)

  • 東欧革命

    東欧革命から見た核兵器核兵器

    そして、東欧革命から2年後、1991年7月1日にはワルシャワ条約機構が廃止され、同年12月25日にはソビエト連邦が崩壊した。そして、ソビエト連邦が崩壊すると、米露二大国による「核兵器による平和」は崩壊し、インドやパキスタンを初め世界中に核兵器が拡散した。東欧革命 フレッシュアイペディアより)

  • フランス

    フランスから見た核兵器核兵器

    第二次世界大戦後の冷戦構造の中でフランスは自由主義陣営(西側)に属し、北大西洋条約機構の原加盟国でもあるが、ド・ゴールはヨーロッパの自主性を主張してアメリカと距離を置いた独自路線を取り、米ソと並ぶ第三極を目指した。こうした政治姿勢はド・ゴール主義と呼ばれ、1960年の核兵器保有もその一環である。フランス フレッシュアイペディアより)

  • アメリカ外交公電ウィキリークス流出事件

    アメリカ外交公電ウィキリークス流出事件から見た核兵器核兵器

    欧州への核兵器配備確認文アメリカ外交公電ウィキリークス流出事件 フレッシュアイペディアより)

  • 制限戦争

    制限戦争から見た核兵器核兵器

    オスグッドはジョンズ・ホプキンス大学高等国際問題研究大学院の学長も経験した教授であり、ニクソン大統領の政権で国家安全保障会議に参加しているために安全保障政策の実務も経験した戦略の研究者である。オスグッドが本書を執筆した時期は核兵器が国際政治の舞台に登場してアメリカの安全保障政策の中で核戦略を位置づけた時期である。オスグッドの問題関心とは政治目的を達成するための手段としての戦争において核兵器を含む軍事力の使用の方法であった。制限戦争 フレッシュアイペディアより)

  • ジョン・フィリップス (企業家)

    ジョン・フィリップス (企業家)から見た核兵器核兵器

    フィリップスは1954年か1955年にギリシャ移民の子として生まれた。プリンストン大学の学部3年生として在学中の1977年に、公的に利用可能な本 (ジョン・マックフィーの『原爆は誰でも作れる』など) と書類(ロスアラモス研究所で行われたマンハッタン計画に関する機密解除された公的書類など)を使用することで核兵器を設計したことからA-Bomb Kidとして名を知られるようになった。ジョン・フィリップス (企業家) フレッシュアイペディアより)

  • 核兵器と外交政策

    核兵器と外交政策から見た核兵器核兵器

    1923年にドイツで生まれたアメリカの外交官キッシンジャーは大量報復の核戦略を批判し、柔軟反応の核戦略を提唱した戦略家でもあった。本書はキッシンジャーの核戦略の理論が展開された著作であり、核兵器の段階的な使用に関する外交政策と軍事戦略を論じた研究である。核兵器と外交政策 フレッシュアイペディアより)

885件中 81 - 90件表示

「核兵器」のニューストピックワード