199件中 91 - 100件表示
  • 核兵器

    核兵器から見た南太平洋非核地帯条約

    また、ある地域において核兵器の実験・使用・製造・生産・取得・貯蔵・配備等を禁止する条約が締結されることがあり、この条約を結んだ地域は非核地帯と呼ばれる。こうした非核化条約の嚆矢となったのは1967年にメキシコシティでラテンアメリカ諸国によって締結されたラテンアメリカ及びカリブ核兵器禁止条約(トラテロルコ条約)であり、以後1985年には南太平洋非核地帯条約(ラロトンガ条約)がオセアニア諸国間で、1995年には東南アジア非核兵器地帯条約(バンコク条約)が東南アジア諸国間で、1996年にはアフリカ非核兵器地帯条約(ペリンダバ条約)がアフリカ諸国間で、そして2006年には中央アジア非核兵器地帯条約(セメイ条約)が中央アジア諸国間でそれぞれ締結され、南半球を中心に広大な非核地帯が地球上に広がることとなった。核兵器 フレッシュアイペディアより)

  • 核兵器

    核兵器から見たネイチャー

    を生成したことが記され、同年、米国の物理学誌フィジカル・レビューに掲載された。また、同実験では、1回の核分裂で10個以上の中性子が放出され核分裂連鎖反応(超臨界)を伴うことが知られている対称核分裂による生成物が生成されたことが、『Fission Products of Uranium produced by Fast Neutrons(高速中性子によって生成された核分裂生成物)』と題して、同年7月6日付けの英国の学術雑誌ネイチャーに掲載された。核兵器 フレッシュアイペディアより)

  • 核兵器

    核兵器から見た魚雷

    核兵器は核分裂を主とする原子爆弾と核融合を主とする水素爆弾の大きく二つに分類される。原子爆弾は大威力化に限界があり、水素爆弾の方が最大威力は大きくすることができる。また、兵器の形態としても、開発当初は大型航空爆弾のみであったが、プルトニウム型の場合高度な製造技術を必要とする反面、小型化が可能でありミサイルや魚雷の弾頭、砲弾までも様々なものが開発されている。核兵器 フレッシュアイペディアより)

  • 核兵器

    核兵器から見たスイス

    過去の核兵器開発国 -日本(大日本帝国)、ドイツ(ナチス・ドイツ)、中華民国、大韓民国、イラク、スイス、スウェーデン、ブラジル、アルゼンチン、リビア核兵器 フレッシュアイペディアより)

  • 核兵器

    核兵器から見た反核運動

    核兵器の恐怖や核戦争のリスク、放射線による殺傷の残酷さなどは知識人、作家、政治家、政治活動家、一般市民など多くの人々の関心を呼んだ。そのため反核運動が生まれた。一方で、核兵器を廃絶することで通常兵器による戦争が誘発されるため、平和のために核抑止力を維持すべきとの主張もみられる。核兵器 フレッシュアイペディアより)

  • 核兵器

    核兵器から見たリビア

    過去の核兵器開発国 -日本(大日本帝国)、ドイツ(ナチス・ドイツ)、中華民国、大韓民国、イラク、スイス、スウェーデン、ブラジル、アルゼンチン、リビア核兵器 フレッシュアイペディアより)

  • 核兵器

    核兵器から見たパグウォッシュ会議

    第二次世界大戦中の原爆使用に反対する動きはフランクレポートがあり、第二次世界大戦終了後にはパグウォッシュ会議などがある。核兵器 フレッシュアイペディアより)

  • 核兵器

    核兵器から見た大量破壊兵器

    核兵器は生物兵器、化学兵器と合わせてNBC兵器(又はABC兵器)と呼ばれる大量破壊兵器である。一部放射能兵器も含めて核兵器と称する場合があるが、厳密には放射能兵器を核兵器に分類するのは誤りである。核兵器 フレッシュアイペディアより)

  • 核兵器

    核兵器から見た宇宙開発

    これらの(一応は合理的な本来の)目的のほかに、国威高揚を目的として核開発を行う場合も少なくない。究極的な軍事的自立を目指せば核が必要になり、核という先端技術そのものも宇宙開発同様、国民の自尊心称揚の手段になると考えられるからである。これは一部の強硬な核武装論者の主張でもある。核兵器 フレッシュアイペディアより)

  • 核兵器

    核兵器から見たパキスタン

    その他(NPT非批准) - インド、パキスタン、北朝鮮核兵器 フレッシュアイペディアより)

199件中 91 - 100件表示

「核兵器」のニューストピックワード